「これでわかったNISA(少額投資非課税制度)のすべて」の出版社ホームページがリニューアルしました!

2014年、NISAスタート時にいち早く出版しました、上記書籍の出版社、トータルEメディア出版のホームページがリニューアルしました。

書籍の案内はこちらからどうぞ↓

トータルEメディア出版ホームページ

» 続きを読む

2019年10月14日 (月)

履修計画:思わぬ形で終わった10月科目試験を受けての今後の予定

在学5年目ですが、台風災害のために初めて試験中止を経験しました。

台風19号が、試験スケジュールである10月12日~13日にかけて静岡に上陸し、関東を通過、その後東北太平洋側を北上し、特に東日本を中心に暴風雨をもたらしました。

今回の台風では、JRなど鉄道網が計画運休や一部運休などを行い、その影響が強い東海、関東、東北太平洋側の試験会場において、試験中止の判断が下されました。

» 続きを読む

2019年10月 5日 (土)

いつの間にか、日本が競歩の強豪国になっていた

ラグビーのW杯が盛り上がっている最中ですが、ドーハでは世界陸上も行われています。

世界陸上が、いまだに日中最低気温30度のドーハで行われているのですから、来年の東京オリンピック&パラリンピックも、予定通り行われることでしょう(笑えません)。

陸上種目は、メダル確実な選手はいないですよね、さみしいなぁ、と思っていたところに、なんと、日本選手陣の金メダル報道が飛び込んできてびっくりしました。

» 続きを読む

2019年9月28日 (土)

履修計画:夏スク結果発表を受けての今後の予定

今年も、昨年同様、夏スクの結果発表のスケジュールが前倒しになっているようです。

かなりつらい思いをして日吉、三田へと通った3週間が報われて、本当によかったです。

では、今回の結果を踏まえて今後の予定について述べたいと思います。

» 続きを読む

2019年9月21日 (土)

ラグビーW杯は盛り上がり始め、いつの間にかバスケットW杯は終わってた

ラグビーのW杯が始まりましたね。

日本開催の大会ですので、開催国日本の試合が開幕戦でした。

前半、リードされた段階ではかなりドキドキヒヤヒヤしましたが、前半のうちに逆転し、後半はほぼ一方的に攻めての勝利だったように思えます。

ラグビーW杯は日本開催ですので、最後までメディアなどで盛り上げ、最終結果もおそらく記憶に残るでしょう。それでも、大会が盛り上がるためには、日本が1つでも多く勝って、決勝トーナメントに進んでいただくなど、活躍していただかなくてはいけないと思います。

ところで、先日まで中国で行われてた、バスケットボールのW杯は、どうなったのでしょうか?

» 続きを読む

2019年9月13日 (金)

在学中にいろいろ変わった通信課程

私は2015年4月入学、69期春季の通信学生です。学士入学なので規定の最短在学年数は2年半年。したがってそれ以降は、秋に1年分の学費を納めることになってます。

配本終了後は、なんと、年間6万円で、テキスト科目の添削指導および年4回の科目試験の受験資格を得られ、さらには年間2回の卒業論文指導が受けられるというわけです。ついでに、キャンパスへ気軽に通学できる距離に住んでいる通信生の場合、メディアセンターへの出入りが自由です。

格安のように思いませんか???

ただし、スクーリングの必要単位数を修得していない場合は、通常、1単位5000円を支払って、スクーリングを受講する必要があります。また、テキストが大学から配本されず、市販書籍を使う場合、そのテキストを自費で入手する必要があります。

ともあれ、格安な学費で学ぶことができる通信課程ですが、在学している間にいろいろ制度が変わりました。今回はそれについて確認してみたいと思います。

» 続きを読む

2019年9月 6日 (金)

著名人に限らず退学したならその旨ちゃんと知りたい

一般論として。

Twitterなどで慶應の通信課程で学んでる人たちの情報発信について、とても興味深くウォッチしています。

レポート提出しました。スクーリング受けました。科目試験合格しました。卒論指導受けました。そういったイベントごとに盛り上がり、最終的に聞きたい報告は、やっぱり「卒業しました」「卒業できました」です。

ただ、さすがに卒業率が都市伝説レベルで3%、実情は20%くらい、と言われるほど、難関な課程です。
毎年1200人前後の入学に対して、平均8年かかる卒業が250人前後、退学していく人も毎年900人前後と推定されています。

Twitter上でも、頻繁に報告があったのに、徐々にその話題が少なくなり、そもそもつぶやきそものもがぱたりと止まり、いまは学業の進み具合がどうなっているのか知る由もないアカウントの人たちもたくさんいるわけです。

著名人ともなると、こっそりやめるわけにはいかないのは、仕方ないことかと思います。

» 続きを読む

2019年8月28日 (水)

履修計画:夏スク終了と7月科目試験結果を受けての今後の予定

105分講義×4コマ+学食、前後の準備片付けを含めると毎日午前8時台から午後5時台までキャンパスで過ごすという怒涛の3週間が無事に終わりました。

そして、夏スク終了後まもなく、7月科目試験の結果発表となりました。

卒論に関しても朗報がありました。以上を踏まえて今後の履修計画を改めて考えてみることにします。

» 続きを読む

2019年8月18日 (日)

夏スク、日吉編終了、そして三田編へ

時間は刻々と過ぎて、予定は着実に消化されています。

自分としてはチャレンジである、通信課程の3週連続午前午後講義受講も、日程の3分の2を終わりました。

いよいよ第3ラウンド、最後の6日連続午前午後の講義受講となります。

» 続きを読む

2019年8月 8日 (木)

夏スク、始まってます!

8月4日日曜日より、日吉に通い詰めてます。

昨年度はお昼ご飯や夕ご飯を食べるためだけに数日通ったのみの日吉ですが、今夏は2週間、しかもがっつり午前午後4科目分の講義を受講する予定です。

そんな予定ももう、現段階で4日目終了、第1期は次の土曜日で運命の試験です。

» 続きを読む

2019年8月 2日 (金)

ジャニー喜多川氏の死去を改めて振り返る

うまくタイミングが合わなかったのか、ブログにするのを忘れていたようです。

ジャニー喜多川氏が倒れたという噂ベースの話が最初に流れたのが6月18日。実際に入院中であることが報じられたのが7月1日。そして7月9日に死去されました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

» 続きを読む

2019年7月24日 (水)

参議院選挙を終えて、山本太郎氏の躍進がとても心配になりました

7月21日の参議院選挙の投開票から、もうだいぶ経ってしまいました。

いろいろと複雑な思いが沸き起こる結果でした。特に、山本太郎氏が率いるれいわ新選組が行った選挙戦術については、嫌悪感さえいだきます。

» 続きを読む

2019年7月19日 (金)

京都アニメーション放火殺人事件の件

まさかの事態です。めったに社会的な事件に関してはブログにしないのですが、今回は特別です。

多くの話題となるアニメを制作してきた、京都アニメーションの第1スタジオにガソリンがまかれ、それに着火し爆発。ビル全体が全焼し、中にいたスタッフのうち33名が死亡、35名が重軽傷を負いました。
(ブログ更新直後に、重症者の中から死者が出て、死者が合計34名となりました。)

» 続きを読む

2019年7月 9日 (火)

履修計画:7月試験受験を受けての今後の予定

ひとつの山である、テキスト履修皮算用40単位分突破記念の科目試験を受験してきました。

今回の科目試験で受験した4科目を全部合格できれば、晴れて専門科目テキスト単位40単位を突破できるというわけです。

そのうち、1科目だけがいまだ提出レポート評価中であり、もし、これが合格で戻ってくれば、今後執筆すべきものは卒論のみになります。

いやー、ここまでの道のりが長かったです。

で、今後について、改めて考えてみようと思います。

» 続きを読む

2019年6月28日 (金)

株主優待は使い切れる程度が吉

久しぶりに、株式運用について書いてみます。

私自身は、ベースはETF活用による国際分散投資、つまりアセットアロケーションを実践していますが、その中で国内株式アセットに関しては、ETFや投資信託を使わず、高配当の個別株による分散投資を行っています。

しばらくの間は、ごく普通のポートフォリオ運用でしたが、昨年から、株主優待を意識した銘柄を組み込むようになりました。そのさいに何を基準にして選んでいるのかについて、書こうと思います。

» 続きを読む

2019年6月22日 (土)

7月科目試験まであと2週間にして、夏スク、夜スクいろいろと進行中

なんだかんだと、通信教育課程を軸にした生活が続いてます。

ちょっとしたイベントがあるときには、Twitterでつぶやくようにしております。それを見た人が、手続き忘れに気づいてぎりぎりでも間に合えばいいな、みたいに思ってます。

» 続きを読む

«FPフェア金沢に参加しました

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。