トップページ | 2002年8月 »

2002年7月の7件の投稿

2002年7月31日 (水)

平均余命はあといくつ?

平均余命の最新版が公表されました。

これによると、現在35歳である私の場合、平均余命は44年となってます。80歳まで生きられない、ということになります(^^;;;

発想の転換を図ると、事故さえなければ、これまで生きてきた時間の、まだ倍以上生きられるわけで、今後の人生、まだまだいろいろな経験ができるのだろうな、とも思えます。

2002年7月30日 (火)

巨人ファンにとっては大満足

読売ジャイアンツの快進撃が続いてます。本日も守護神・河原を投入して危なげなく勝ちました。

ただ、まだ50試合以上残っているうえ、けが人も増えてきたのが心配です。

2002年7月29日 (月)

株式投資雑感

会社勤め時代の「自社株株式累積投資」時代を含めると、実は、株式投資歴は14年目に突入します。

個別株への投資は、続に言うITバブル真っ只中の2000年からスタートさせました。株式売買手数料自由化となったばかりで、まだ1取引最低2500円の時代でした。1単位10万円前後のものを、「まずは経験」ということで買ってみたのが始まりです。

以降、バブル崩壊後もそこそこのパフォーマンスを上げてきました。そこそこ、と言っても、せいぜい銀行預金金利の3000倍程度ですが(たしか銀行金利は今、0.001%程度でしたよね(^^;;;)。

株式投資を続けるには、やはり心構えが重要です。

・当分使わないことが確実な資金を使う
・キャピタルゲインだけでなく、配当も有効活用する
・予算を決めて手数料を少なめにする
・値段の上げ下げに一喜一憂せず、静かに売買する
・株にかかわりのある勉強を常に続ける

本当は7つ上げると収まりがよいのですが、この5つは特に重要です。

今後もたまに、株に関する一般的な話をしてみたいと思います。

2002年7月28日 (日)

ナンジャタウン餃子スタジアム

東京都池袋サンシャインシティのナンジャタウンまで、餃子を食べに行って来ました。

ただ、ナンジャタウンの中は夏休みだということもあり、けっこう混んでました。いろいろなアトラクションの間に餃子屋が入っているという雰囲気で、子どもたちが駆け回る中、お腹がすいたときに餃子を食べる、というノリになってました。

肝心な餃子も、お店によっては夕方までに売り切れてしまい、残念ながら全部を味わうためには、何回も通わないといけないようです。私はとりあえず2種類の餃子を食べて満足でした。

また、アイス博覧会なるものも行われてました。こちらも興味深かったのですが、餃子メインで行ったため、あまり見る時間がなかったのが残念です。

続きを読む "ナンジャタウン餃子スタジアム" »

2002年7月26日 (金)

日経平均9500円台

日経平均が暴落しています。

日足で確認すると、5月27日の12081円の高値をつけた後、6月12日に75日移動平均を下抜けし、一貫して下降トレンドです。6月27日〜7月8日まで上げましたが、25日移動平均線に頭を叩かれ、それ以後、7月26日まで一貫して下げ続けてます。

週足では、来週には13週移動平均と26週移動平均のデッドクロスが確実で、市場の雰囲気は最悪となるでしょう。

強気派は、2月の安値9420円を割らずに回復できれば、緩やかな上昇トレンドに変化はないはずだ、という考え方をしているようです。

したがって、来週、とにかく9420円が節目です。これを一気に割るようであれば、正直言って底が見えません。今週の26週移動平均乖離率は−12%程度ですが、昨年9月のときは−24%も記録しています。

愛川れい子「しのび雨」

愛川れい子のCD「しのび雨」に興味のある方はこちらへ(2004/8/2追記)

いきつけのスナックに、演歌のキャンペーンがやってきた。

デビューして7年くらい、去年の夏に名前を改め、今年の6月12日にビクターから再デビューしたとのこと。

続きを読む "愛川れい子「しのび雨」" »

2002年7月25日 (木)

仮オープン

本日より、仮オープンです。

松本FP事務所のHPをオープンした日の、noteブックの書き込みです。当時はまだ資格未取得でした(2004/8/2追記)

続きを読む "仮オープン" »

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。