« 田中氏長野県知事へ復帰! | トップページ | 日経平均、ついにバブル後最安値 »

2002年9月 2日 (月)

ファイナンシャルプランナーと法律

とりあえず、まだ試験も受かっていないタマゴ(無精卵でないことを祈る(^^;;;)のファイナンシャルプランナーとしては、いろいろと勉強することがたくさんあります。

目先の試験を受かるための、各種制度の細かい内容を確認し、覚える必要もあるのですが、寄り道っぽく、各種法律に関してとっても興味を覚えています。

実は、私の友人に行政書士を目指して勉強している人がいるのですが、彼ら行政書士は、憲法から始めて、民法をメインに法律を学習してるんです。余談ですが、その友人、会社勤めを続けながらの勉強で、かなり苦労しているようです。サラリーマンをやめてから勉強をしている私は、彼に比べればすごくラクな受験勉強で、ちょっと申し訳ないくらいです。

もちろん、ファイナンシャルプランナーにも、あらゆる法律が出てきます。また、ファイナンシャルプランナーはその扱う業務が以外に広い割に、業際が非常に面倒な職種でもあります。例えば、税に関する相談は、一般論に噛み砕いて説明しなくてはなりません。が、それで納得いただけない場合は税理士を紹介しないといけません。確定申告用の書類作成を代行するなどもってのほかです。

もうひとつ例をあげます。退職金がいっぱい入って、どのように運用しようか、と相談を受けたとします。私、実はこの分野が大好きで(^^;;; ちょっと頑張ってみたいところですが、実際には投資先の助言業務は投資顧問登録がなされていないとできないことになってます。

ちょっと不思議なのは、IFAという制度があり、証券外務員試験に合格し、証券会社と外務員契約を結ぶと、投信などの商品は売れるようになるんですね。法律の隙間をついた制度のような気がちょっとだけするのですが、投資顧問業で開業するためにはかなり資金が必要になるので、初期のうちはこの制度が役に立ちそうです。

話がずれました。法律に関する話でした。

いずれにせよ、より細かいフォローを顧客にできるようになるためには、ある程度法律に精通していなければならないだろうな、と思うようになりました。しかし、いざ本屋を探してみると、ファイナンシャルプランナー向けの使い勝手のよい六法書が、売って無かったりします。宅建向けとか、福祉向けはあるのですが。

そこで、どこかの出版社で、ファイナンシャルプランナー向けの六法全書を作ってくれないかな? と、事あるごとに提案してみようかな、と思ってます。

※この記事に書かれている友人は、行政書士試験に失敗してしまいました。体調も崩したようで、少々心配です。また、六法全書に関しては「金融六法」というものがあり、それを使えばよいかもしれないですね。(2004/8/3追記)

« 田中氏長野県知事へ復帰! | トップページ | 日経平均、ついにバブル後最安値 »

学問・資格」カテゴリの記事

FPよもやま話:そのほかいろいろ」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。