« 2002年10月 | トップページ | 2002年12月 »

2002年11月の37件の投稿

2002年11月30日 (土)

税金の支払いを減らせば健康になれる?

少し前、千代田区の歩きタバコ禁止条例が話題になりました。歩きタバコをしている人から、罰金を取る、という条例です。厳密には、「千代田区生活環境条例」ということで、タバコを含む空き缶などのぽい捨て、捨て看板や路上駐車の制限など、広い範囲にわたる条例のようです。

また、国会では、「国民の健康も考慮し、タバコ税増税もやむなし」という方向性の議論が続いているようです。

私はこれまで、間違って親のタバコを口にしたことはありますが、物心ついた後に嗜好品としてタバコを楽しむことはしていません。おそらく、今後も人が吸ったあとの紫煙の中に長時間いることはあっても、自分からわざわざ、小遣いを煙に代えるようなことはないと思います。

聞けば、タバコの代金の約60%が、税金なのだそうです。なんと、所得税の最高税率(住民税込みで50%)よりも高いです。

こういう現実を知るたびに、自分はタバコをたしなむ習慣をもたなくてよかったな、と思います。

ほかにも重税のものを探すと、たとえばガソリン税があります。
厳密には揮発油税と地方道路税の合算みたいですが、これが合計で1リットルあたり53.8円もします。1リットル108円以下なら、税率50%を超えます。おっと、ガソリンの場合、消費税がさらに上乗せになりますね。

私は自家用車はもってません。若いころは小型車を維持してましたが、会社への通勤に車が使えなくなって(駐車禁止取締りが厳しくなった(^^;;;)、乗らなくなったら、いつのまにか自分の車が無くなってました。父親が自分名義の車に変えてしまったのです(^^;;; 自分の車を持たなくなったので、ガソリンも自分の小遣いで買わなくなりました。

人の車は、なんとなくぶつけるといやなので、めったに使いません。おかげで、往復30分程度の徒歩は、ぜんぜん苦でなくなりました。さらに、徒歩10分程度の場所にJR駅があり、都内山手線エリア内には、1時間強でどこにでも行けます。

このように、タバコ税、ガソリン税を払わないようにして生活している私は、比較的健康を維持しています。あとは、食べ物を減らし、運動を継続して体脂肪を標準程度に維持すればよいでしょう。いよいよアルコールを減らす段階かもしれません(^^;;;

2002年11月29日 (金)

インターネットによる「風説の流布」に初の逮捕者か?

各種報道によりますと、特定銘柄の株価を不法に操作しようと、インターネットの掲示板などに虚偽の情報を掲載した疑いが強まったとして、証券取引等監視委員会が広島県の個人投資家を広島地検に告発しました。

ちなみに、噂の真偽にかかわらず、不用意にそれを広めて、株価の操作を狙うのは、「風説の流布罪」にあたり、3年以下の懲役、もしくは300万円以下の罰金に処されます。

今回、インターネット掲示板を使った風説の流布に対して、初めて司法の手が伸びる可能性が出てきました。

噂とは、だれでも何気なく口にしてしまうものですが、株式市場においては、その噂が、すごい影響力を持ってしまいます。未確認情報をもとにあらかじめ特定銘柄を買い(これを『仕込む』といいます)、未確認情報が確定情報となり、人気が沸騰したところを見計らい、買いたい人に逆に売り渡す(これを『手仕舞う』といいます)、なんてことも行われています。

本来、株価はすべての情報を反映している、という学説があります。これを無理やりゆがめようとするための噂話は、立派な犯罪です。

ですが、例えば、アナリストがやっている発表済みの内容をもとに株価をどう評価し、今後どのように推移するかを予想することと、たいして差が無い場合もあります。すなわち、株価予想は、つねに風説の流布とのグレーゾーン領域でのせめぎあいとなります。

何気なくテクニカル分析で見えてくる株価を言ってみるだけで、風説の流布になる可能性もあり、今後、その犯罪性の議論は慎重に行われるべきでしょう。

話し方教室修了式を見学

今日は、話し方教室の修了式&コンテストでした。

私たちは、まだ通学を始めて1ヶ月しか経っていないため、見ているだけでしたが、3ヶ月目の初級教室終了時、4ヶ月目、5ヶ月目の中級教室の人たちにとっては、クラスの代表1名が、訓練の成果を発表する晴れ舞台でした。

さすがに、3ヶ月目の初級教室の人たちは、どうも実力差がまだある感じでしたが、中級教室の人たちは、どなたも甲乙つけがたい、うまいスピーチを披露していました。

「正直な話、3ヶ月でやめずに5ヶ月、勉強するとかなり上達する。」

自分の教室の先生が、そう言ってたのですが、今日のコンテストを見て、納得しました。

今日の修了式の見学で、私も話し方教室への通学の1ヶ月目が、無事に修了しました。この1ヶ月だけでも、かなりのテクニックを学んだような気がします。さらに2ヶ月学び、自分もコンテストの舞台に立つかもしれないと思うと、武者震いしそうです(^^;;;

2002年11月28日 (木)

酒の席で言ってしまいそうなこと

読売巨人軍オーナーの渡辺恒雄氏、通称ナベツネが、大暴れしているらしい、という話題です。

きっかけは松井秀のFA宣言だと思われますが、そりゃ、チームの大黒柱であろう選手に去られたら、狼狽するのは当たり前です。

平静を装いつつも、「松井にはヤンキースに行ってほしい」と、ちゃっかり自己主張をしていたのは、まだかわいいほうだとして。

近鉄の中村がFA宣言したとき、「巨人に来るつもりなら、髪を染めて来い」と言ってみたり。

中村も、金髪に染め直して抵抗してみたら、「(現場がほしいなら)髪の色はささいなことだ」と言ってみたり。

中村ってのはかなり個性が強い選手です。ですから、巨人に入ったときにまわりにどのような影響があるか、計り知れません。正直、サッカーで中田がチームに入るようなものです。

ですが、ナベツネは結局、代わりになる選手が獲得できたことで(ペタジーニのことです。念のため)、「モヒカン、金髪はいらん! 巨人の選手は特に注目される。子供たちが真似したらどうする!」と言ったようです。

さらには、中村が所属していた近鉄の新しいスポンサーに、消費者金融のアコムがなったことに関して、「消費者金融はプロ野球のスポンサーに似合わない。そういう球団には出て行ってもらうのが一番」とまでのたまったようです。

個人的には「子供が真似したら困る」という部分には、かろうじて納得できます。ですが、アコムに関してどーのこーの言うのは、行き過ぎだと思います。

ただ、いろいろな情報を調べてみると、一部報道に関しては、どうもナベツネは酒の席でいろいろと発言しているようで、そのような信憑性がわざわざ低くなるような場所での発言を報道してしまっていいのか? という点は、非常に疑問を感じます。

続きを読む "酒の席で言ってしまいそうなこと" »

2002年11月26日 (火)

エニックスとスクウェアが合併!

テレビゲームファンが驚愕するであろう、ニュースが飛び込んできました。

なんと、「ドラゴンクエスト」シリーズで有名なエニックスと、「ファイナルファンタジー」シリーズで有名なスクウェアが合併し、「スクウェア・エニックス」になるとのこと。

ちなみにちょっとややこしいですが、存続会社はエニックスで、スクウェアが合併されて消滅する側になります。なのになぜスクウェアが前なんでしょう? よくわかりません(^^;;;

合併比率は、エニックスが1に対して、スクウェアが0.81です。これはすなわち、スクウェア株が1株に対して、エニックス株が0.81株が割り当てられる、という意味になります。

一部報道で合併比率と、株式割当率がごっちゃになってますけど、ゲーム系Webサイトならばご愛嬌として(^^;;; 経済系、一般ニュース系のサイトで間違ったらシャレにならないですよね。

スクウェアは昨年のオールCG映画による赤字が響き、経営が不安定なままです。さらには、いつ儲けが出るかわからない、オンラインゲームに今年は注力してしまいました。

一方、エニックスはドラクエだけ、というイメージがありますが実は、けっこう安定した会社です。なぜなら開発部隊を社内に持っていないからです(^^;;; 

明らかに会社の経営者の質が、エニックスの方が上です。これが、エニックスを存続会社とした最大の理由でしょう。

個人的には「ドラゴンファンタジー」とか「ファイナルクエスト」とか、安易なものは作ってほしくないと思います(^^;;;

しかし、スクウェアの坂口氏と、ドラクエ原作者堀井氏がタッグを組んで「クロノトリガー」を作ったときの冗談が、本当に実現してしまうとは、世の中の移り変わりって、すごいですね……。第二の「セガバンダイ」にならないことをお祈りいたします(^^;;;;;;;;;;

2002年11月25日 (月)

簿記3級も合格!

先週の日曜日、11月17日に行われた第102回日商簿記検定ですが、3級に無事、合格しました(^^)v

いや〜、1ヶ月程度の詰め込み勉強でしたが、頑張ったかいがありました。今後は、やっぱり実務で実践していかないと本当の実力はつかないでしょうが。

少しずつですが、「やればできる」という自信が芽生えてきています。

2002年11月24日 (日)

銀行はリストラをどんどんやれ!

本日、みずほグループのリストラ計画が読売新聞などの報道でリークされました。

具体的には、基本給の5~20%のカット。そして、役員報酬50%カットの継続、さらには、45歳以上の社員の早期退職優遇制度の導入などです。

そうです、銀行は、貸しはがしなどで自己資本率を確保する前に、やることがあったんです。過剰な資産の整理を含めた、自助努力をもっと目立つようにするべきでした。

たしかに銀行は、世の中の金の流れをよくする、という大きな役目を担っています。これは、電気、水道、ガス、電話などと同様の、大切なライフラインと言えるでしょう。

私たちにとって、銀行との付き合いは不可欠です。どんなに銀行の信用が落ちようとも、すべての財産を現金で持つわけにはいきませんし、一般生活において給与や年金の自動振込み、公共料金の自動引き落としはかなり便利です。

だからといって、銀行が自分の重要性のうえにあぐらをかいて、経営努力もせず、公的資金を投入されたままで、さらには税効果会計の恩恵まで受けている。このような状態で、税金をまじめに支払っているわれわれ「客」は、指を加えて黙って見ている必要はありません。

2002年11月23日 (土)

年賀状シーズン到来

年賀状のシーズンが近づいています。今年はカラーインクジェットプリンタも買ったことだし、年賀状ソフトに挑戦しつつ、年賀状作りに励んでみたいと思います。

パソコンショップの店頭では、「筆まめ」と「筆王」の2大パッケージが所狭しという感じで展示されてました。私がPC系の雑誌編集をしていた時代は筆まめがトップシェアで、筆王はそれに挑戦するべく、ニューブランドとして登場したばかりでした。現在はこの2つがシェア争いを演じているようですね。あと、マイクロソフトの「はがきプリント」が3番手くらいなのでしょうか?

私は結局、筆まめを選びました。私がたまに通うパソコンショップでは筆王のほうが安かったのですが、やはり長い間ブランドを保っていることの信頼感で選びました。

データ入力が面倒だな、と思っていたのですが、なんと、電話番号を入力すると氏名、住所がすべて自動的に表示される場合があり、なんて便利なんだ、と感心しているところです。でもこれって、人によってはプライバシー侵害などと言って怒るんでしょうね。

2002年11月22日 (金)

やっとこさ逆転裁判2

逆転裁判2が、第4話の佳境に入ってます。うーん、もう一息で終わりそうですが、なかなか先の見えない展開になってます。

ちなみに、逆転裁判2、やっぱり面白いです。私はストーリーへの感情移入ができるゲームのほうが好みでして、今回もどっぷり「異議あり!」などと心の中で叫んでます。

逆転裁判はもうすぐ終わりそうなので、次を考えているんですが、おそらくポケモンかな? とある事情により、おそらくルビーを買うことになると思いますけど。しばらくは手に入らないでしょうね。予約してないし(^^;;;

何を蓄えるか?

貯まったお金を何に使うか、もしくは使わずに取っておくか、個人のポリシーによって異なってくるでしょう。

いつまで稼げるか判らない。でも、目先の収支が合っていればOKというわけで、ローンでマンションや車を買い、クレジットカードでいろいろな家具、雑貨などを買い、ねーちゃんのいる店を飲み歩き、高級なペットを買い……。

そして、自転車操業のごとく、貯蓄をするメドはまったくたたたい。

もちろん、ローンを無事に支払い終えるまで、本人の高い能力により高収入を維持できるなら、全く問題ありません。不景気のご時世、お金をいっぱい使ってくれる人は、貴重な存在でしょう。

私はプロフィールに書いたとおり、編集者として13年勤めましたので、雑誌記事においての取材、執筆、ライターや取材先との折衝、編集作業など、そこそこのことは出来るつもりです。

でも、それだけの人間だからこそ、厳しい企業環境の中で生き残ることが出来なかったのです。事実、最後の年には、編集業以外の部署への異動を打診されました。潮時と思い、この際だから改めて興味を持ったファイナンシャルプランナー関連の勉強を徹底的にやってみよう、と考えて、退職を決意したのです。

今は、私の実力を蓄えるときだと、覚悟を決めています。社会環境の変化に揺るがないような体力を備えたいと思います。

2002年11月20日 (水)

オリックスまたも強引指名

本日、プロ野球のドラフト会議が行われました。

超高校級左腕、東北高校の高井は、ヤクルトが交渉権を獲得しました。ただ、私には高井よりも注目していた選手がいます。

マック鈴木。そう、大リーグ経験者の鈴木誠が、今回のドラフトにかかったのです。

なぜ、大リーグ経験者がドラフトにかかったのでしょう? 彼は高校中退の後、海を渡り、いきなり大リーグに行きました。すなわち、日本プロ野球の経験がないのです。

しかも、FA資格を得ることなく、今期、ロイヤルズを自由契約になりました。そこに、日本のプロ野球規約の隙間がありました。最新のルールでは、日本プロ野球のドラフト外入団は1994年以降、廃止されています。すなわち、ドラフトにかからなければ日本の球団には入団できないのです。

これまでの報道によると、ロッテが鈴木と接触するも、ドラフト指名を見送り、ヤクルトが鈴木の入団テストを行い、若松監督のGOサインにより、指名が決定しました。ただし、何順目に指名するかを決めていませんでした。先ほど書いたとおり、高井を上位で指名することを決めていたためです。

一部報道では、ヤクルトは鈴木を4順目以降に指名する予定だったようです。でも、高井をクジで外したとき、実際には鈴木を指名したんじゃないか、と思います。ただ、高井をクジで当てるという幸運をつかんだ代償として、元大リーガーを手放すことになってしまいます。

で、どこが鈴木を指名したか? やっぱりというか(^^;;; ドラフトの暴れん坊、オリックスでした(^^;;; オリックスは、ある意味巨人よりたちが悪いです。

オリックスは、入団を見込めない選手を強引に指名して、入団がかないそうになくてスカウトに自殺されてしまうという事件を起こしたり、契約金ゼロ入団の説明が周知されていなくて指名選手に逃げられるなど、最近のドラフトではいつも、何かしら話題を提供してくれます。

で、今回も、です(^^;;; まさに強行指名というか強引です。

もっとも、鈴木は大リーグではもはや行き先がなく、野球を続けるには日本でやるしかない、そして日本でやることが自分にとってプラスになると前向きに考えているようなので、おそらくオリックスでプレーするのでは、と私は思います。

これで鈴木に逃げられたら、オリックスのドラフト汚点がまた増えることになります(^^;;;

2002年11月19日 (火)

伝統文化と権利のせめぎあい

ゴルフの4大メジャーのうちのひとつ、「マスターズ・トーナメント」を開催するオーガスタが、女性問題で揺れているという話です。

オーガスタ・インターナショナルGCは、1920~30年代に大活躍したアマチュアゴルファー、ボビー・ジョーンズが、クリフォード・ロバーツとともに、アメリカのジョージア州に作ったゴルフクラブです。ここに、1年に1回、ボビー・ジョーンズのライバルたちを招待し、ゴルフ大会を行うようになったのが、マスターズなのです。

ゴルフの強い人が、ゴルフの発展のためになるようなゴルフコースを作った。それがオーガスタなのです。

そのオーガスタですが、1933年のオープン以来、女性会員を一人も受け入れていないことに関して、女性差別撤廃を訴えている団体などから抗議行動を受けているというのです。

オーガスタのフーティ・ジョンソン会長による声明ではオーガスタは、「自由な伝統ある私的クラブ」であり、「男性同士が友情をはぐくむ場所と時間を提供」しているのであり、それは「法律上も道徳上も間違っていない」とのことです。ボーイスカウトや婦人会に異性が入らなくても問題にならない、ことを一例として上げています。

男女なんでも平等、というのが世の中の趨勢ではありますが、一方では男性に限る、ということが伝統であったりするわけです。

オーガスタも、女性会員をまったく否定しているわけではありません。現在は、クラブにふさわしい該当者がいないのであり、抗議などの圧力を受けたからといって、安易に女性会員を受け入れることはしない、と言ってます。

私は、伝統は権利より重いと思いますし、何が何でも権利だけを主張するのは行き過ぎではないか、と思います。

2002年11月18日 (月)

松戸市議会選挙でした

また昨日の話で恐縮ですが、松戸市議会議員選挙の投票日でした。

千葉県では最近、いろいろな選挙の投票率の最低記録を塗り替えていますが、今回の市議会議員選挙の投票率も、40.14%で、やっぱり過去最低記録を更新しました。

今回は、定数46に対して、65人も立候補したため、ある意味大混戦となりました。結果、ついこの前の市長選挙立候補組は上位当選を果たしましたが、現職が4人も落選という状況もありました。

半分以上が無所属の中で、公明党はなんと、立候補者10人が全員当選という快挙(^^;;;
公明党の組織力の強さが改めて際立った、といえるかも知れません。

自民、民主は、公認立候補者を絞ったのか、それぞれ1人、2人しか候補者がおらず、これらが落ちたらしゃれにならないという状況でした。

共産党、社民党は、議席減っちゃいましたね。

本来なら一番身近な政治家であるはずの市議会議員ですけど、当選者の中に、まったく一人も顔見知りがいないってのが、この世界もやっぱり広いんだなぁ、と思ってしまいました(^^;;;

終わってみれば、5勝3敗で大リーグの勝ち

昨日で、大リーグオールスターと日本プロ野球オールスターの試合が終了しました。大リーグが4連勝で、これまでの面目を保った形になりました。

しかし、本当に、アメリカの大リーグと、日本のプロ野球の実力差が近づいたな、と感じました。数年前では考えられないことです。

ここまで、日本プロ野球の実力が上がったのは何が原因でしょう? 日本は、アマチュアとプロの間がどうもギクシャクしている上、サッカーのような一貫したトレーニング環境がありません。もちろん、優秀な選手が練られたトレーニングをしてるためとも考えられます。

その中でも、日本プロ野球の実力向上に貢献しているのが、「球場の拡大化」だと思われます。

東京ドームを筆頭に、各ドーム球場のほとんどは大リーグの球場並みの大きさになりました。その昔、田淵選手がホームランを量産するきっかけになった甲子園球場のラッキーゾーンは撤去されました。

球場が広くなることによって、長距離バッターの打力と、外野手の守備力が、自然と鍛えられた、というのが、私の感想です。まぁ、セ・リーグには広島球場、神宮球場のような小さな球場でも行われている試合もあるのですが……。

あわよくば、日本プロ野球の勝ち越しを、と期待していたのですが、そこまで甘くはなかったですね(^^;;; ただ、今回の各選手の活躍によって、大リーグにどんどん有望選手が出て行ってしまうことに拍車がかかる、という気がしてなりません。

2002年11月17日 (日)

日商簿記受験しました

今日は、日商簿記の3級、4級を受験してきました。

結果のほうは、来週にはわかるのですが、ケアレスしてなければ問題ないかな? と思ってます。

日商簿記に関しては、経理の知識のバロメータとしての受験であり、いまのところはこれが仕事へつながっていく、というわけではありません。ただ、ファイナンシャルプランナーの勉強の合間に簿記をぼちぼち勉強するのは、気分転換になる、という気もしています。

ところで、今回の試験は、これまで受験した各種国家試験と比較して、少々異質でした。

まず、試験官が、試験開始5分前まで来ませんでした。そして、試験開始1分前まで、何の説明もありませんでした。説明をひととおり終え、試験問題と解答用紙を配り、名前を書かせて、「では、ただいま9時○分ですから、今から2時間が試験時間です。始め!」という具合だったのです。

これまで、私が受験してきた試験では、試験官が複数おり、時間前に余裕を持って試験問題などが配られ、所定の時間ぴったりから試験がスタートするというものばかりでした。

日商簿記は願書も手書き、写真なども貼られておらず、あらゆる意味でアバウトでした。国家試験と公的検定の違いかな、という気もしています。

とりあえず、今年はこれで試験納めということになります。今月いっぱいは、あまり深く、勉強のことは考えないようにしようと思います(^^;;;

2002年11月16日 (土)

2007年、大阪で世界陸上開催決定!

陸上の世界選手権大会が、大阪で開催されることが正式決定されたようです。

そもそも、陸上の世界選手権は、オリンピックが兼ねてました。ただ、1980年代の東西冷戦時代に、モスクワ五輪で西側諸国が、ロス五輪で東側諸国がボイコットし、世界一を決めるにふさわしくない状態が続きました。

そこで、世界陸連が、オリンピック以外にちゃんと世界一を決める大会を作ることにしたのです。第1回は1983年、フィンランドのヘルシンキで行われました。

日本では、1991年に第3回大会が東京で行われました。まだカール・ルイスが元気な時代です。大阪大会は、東京大会から数えて、16年ぶりに日本で行われる陸上の世界選手権ということになります。

ちなみに、東京大会の時には、マラソンの谷口選手が金メダルを取ってます。大阪大会でも、日本選手の活躍に期待したいところ……ですけど、5年も先の話ですからねぇ(^^;;; いまの高校生くらいの人たちが頭角を現してきて、活躍してくれるんでしょうかねぇ。

2002年11月15日 (金)

全日本完封負け(--;;;

今日は完敗でした。やっぱり松井秀が打てない、ということの影響が出始めている感じです。

ただ、全日本の各選手の評価は上昇中。点は取られたものの、今日の先発藤井、そして松井稼、中村などは、大リーグオールスターの各選手の目にとまったみたいですね。

きんざい版日本FP協会???

もとい(^^;;; ファイナンシャル・プランニング技能士センター入会の案内が届きました。こちらも、IDカードを作ってくれたり、会員資格更新のための講座&試験があったり、月刊誌を送ってくれたりなど、ほぼ日本FP協会と同じサービスが受けられる模様です。

人によっては、日本FP協会にも、FP技能士センターにも入らないんでしょうが、私は両方に入っておくつもりです。で、しばらく維持して、そのメリットのあるなしを確認してからでも遅くないでしょう。

もうすぐ簿記試験

今度の日曜日は、日商簿記検定です。受験を思い立って約1ヶ月。こんなもんで、万が一受かったら、私って受験の才能あったのかしら(^^;;;

ただまぁ、3級なので、そんなに自慢できないですけどね。

ちなみに、本来なら追い込みかけて、1日に2回分くらい過去問題を解くべきですが、ほかにもやることがあるため、1回分が精一杯ですね。それでも、段取りがわかってくると、2時間の試験時間をけっこう余らせて、過去問題を解き終えられるようになりました。

この調子で、土曜日いっぱいは過去問題漬けとなって、日曜日に備えたいと思います。

2002年11月14日 (木)

大リーグオールスターやっと1勝

いやー、ボンズの満塁ホームランはしびれましたね(^^) あーいうところで打ってこそ、4番、ですよね。

一方、松井秀といえば、どちらかというと原監督以降の巨人の4番がひきずってる、チャンスにイマイチ、という印象が実は強いんですよね。今年は50本も売ってるのでそういう印象は薄まりますが……。

メジャー挑戦ということで、周りがうるさすぎて、神経が疲れていて本調子ではないのでは、という解説をする人もいます。たしかに騒がれすぎで、かわいそうだな、という気がします。

でも、自分で選んだ道ですし、松井もそれをいいわけには使わないでしょう。

仮に今回の日米野球で1本もホームランを打てなくったって、少々契約年俸が下がるだけでしょう。来年の本番で活躍すればいいだけです。

ところで、明日は松井vsボンズのホームラン競争が試合前にあるそうです。結果やいかに。いまの調子のままですと、ボンズの圧勝でしょうけどね(^^;;;

CFP試験学習ぼちぼちスタート

CFP学習用のテキストが到着しました。実際の資格学校での受講は1月になってからですが、とりあえずはあらかじめ読んでおこうと思います。

ただ、パラパラめくった感じでは、AFPのテキストと合わせて読むように構成されている気がします。もちろん、AFPの知識が土台となるわけで、さらなる上級知識だからといって、土台をおろそかにすることにはならないわけです。

とりあえず、6科目全部を、半年後の試験で合格する、という無謀な目標を立ててます(^^;;; そうすると、最速で来年度中に1級FP技能士へのチャレンジも可能になります。

もちろん、そんなに慌てる必要もないんですけどね。何せ、実務経験ゼロですから(^^;;;

ついでに、早めにCFP過去問題集も買っておこうかな?

ノミニケーション

私は、ノミニケーションが苦手です。もしかしたら、大嫌いなのかもしれません。

アルコールの力を使って、普段言えないことを言ってしまう。普段言えないのなら、言葉にしなければ良いはずです。

だから、私は基本的には、どんなにアルコールを飲んでも冷静でいるようにしています。アルコール前、後での言動の不一致が許せないのです。それが自分の言葉だとしても、です。

ただ、より多くの人と仲良くなるために、アルコールの力を借りるべきなのだろうか? という気持ちは、少しだけあります。だから、私は酒宴に誘われた場合、よほどのことがない限り断りません。

これまでは、話題の展開の仕方がわからず、飲み始めると黙ってしまうことが多かったのですが、話し方教室でテクニックを学ぶようになって、多少は話が出来るようになるのではないか、と思ってます。

続きを読む "ノミニケーション" »

2002年11月12日 (火)

すごいチームだなぁ、オールジャパン

なんと、日本プロ野球が、大リーグオールスターを圧倒しています。

ボンズはホームランを打ちました。しかし、そのほかの選手が、川上をはじめとする日本のピッチャー陣の前に沈黙してしまってます。あのイチローも、です。

ちなみに、原監督はしみじみと「すごいチームだなぁ、オールジャパン。でも、メジャーのこのままじゃ終わらない……はず」と、ちょっと戸惑った感じで語ったそうです。テレビ解説の堀内氏も、「私たちが大リーグと戦ったとき(おそらく25年くらい前)は、1勝できれば御の字だった」というようなことを語ってました。

日本のプロ野球のレベルが上がった、と考えて、すなおに喜びたいところです。そして、大リーグに行かなくたって、レベルの高い争いができるってことを、日本の選手が理解してほしいな、と思います。

ただ、さすがに3戦目以降は、こうはいかない気もするのですけどね(^^;;;

やめるなら今売るし、続けるなら売買しにくい

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトにて、本日は自分では見てないのですが、売買が細りすぎて証券会社が困ってる、という内容の放送があったようです。

友人は、「そもそも客が証券会社を信用できなくなるようなことばかりしてるからバチがあたったのだ」みたいなことを言ってます。すなわち、ハメコミのこととか、無理やり益出しさせて別の銘柄へ移させる回転売買を強要するとか、このあたりのことを言っているのでしょう。

個人的には、客はあくまでこっちだし、最終的にはこちらが正式に注文を出さなければよいだけの話だと思ってます。自分で選んでいるなら、それほどストレスはたまりません。

ところで、現在の売買高の低さは、税制変更が迫っていることによる見送りムードも、だいぶ影響があるはずだ、と考えます。そして、一部、株をもうやめてしまう人たちの手仕舞い売りが、株価を下げる要因になっているのでしょう。

2003年1月1日以降の売買なら、その買値、売値、譲渡益、税金の計算まで、ぜんぶ証券会社がやってくれます。そう考えると、あえて今、売買しなくても、と考える人、意外と多いと思います。

2002年11月11日 (月)

2級FP技能士無事取得!

本日、やっと2級FP技能士の合格通知と、合格証書が届きました(^^)

けっこう分厚いクリーム色の紙で、見栄えは立派な証書です。少々不思議なのは、金融財政事情研究会理事長と、日本FP協会理事長の連名の証書になってました。

自己採点では合格っぽいとは思ってましたが、実際に合格証書が届くと、やっぱり感無量です。

本日付で、肩書きとして、FP技能士を正式に名乗ることができるわけですが、本人はまったく実務経験がなく、まだまだこれからだと思っています。

諸般の事情により、本格活動開始時期がまだ未定です。当面は、とにかく自己研磨を続けたいと考えています。

続きを読む "2級FP技能士無事取得!" »

2002年11月10日 (日)

日米オールスター:上原やっぱりすげー

昨日、巨人をけちょんけちょんにやっつけてくれた大リーグオールスターが、上原の前に沈黙したようですね(^^;;;

さすが、巨人と大リーグを天秤にかけた男。今年セリーグ最多勝ピッチャーの格が違った、というところでしょうか? それとも、阿部が昨日の大量失点で、リードを修正したんでしょうか?

ちょっとした用事で、今日はテレビ観戦できなかったのですが、明日の試合はじっくり見たいと思います。

2002年11月 9日 (土)

床屋

思えば、駅前の値段が安い床屋ってのは、いつぐらいから広まったんでしょうね。

人は必ず髪の毛は長くなるし、よっぽどの不精モノか倹約家でもないかぎり、床屋や美容室のお世話になります。前に住んでいたところでも、10分も歩けば床屋を5件も見つけられます。

それだけ、床屋の技術を持っていれば独立自営が成り立つ、ということなのでしょう。

ただ、やはり組合などがあり、どの床屋に行っても値段が同じで、そこには競争原理が働いていない、という現実もありました。床屋の選択の基準があるとすれば、その店の人との相性、くらいでしょうか?

バブルが弾け、それが給料などに跳ね返り、収入が減ってくると、必ず必要な散髪代というのも、節約したくなります。

床屋のほうも、技術は取得したものの、まとまったお金が借りられないなどの理由で、自宅での開業を断念せざるをえない人が多いのでしょう。

そういった諸事情がかさなり、駅前にスペースだけ提供して、床屋がそこで腕を振るう、という仕組みが出来ていったのでしょう。土地代は、床屋を集める人が負担し、大量の人員で客の人数をこなす。そうすれば、散髪代を安く出来る、というしくみですね。

特に自分のファッションにこだわりがない人ならば、安い床屋で十分だ、と考える人が多いのでしょう。本日も繁盛していた、駅前の安い値段の床屋を見るとそう思います。

2002年11月 8日 (金)

カラオケでハッスル

最低でも週に1回以上、やってることといえば……

・スポーツジムで筋力トレーニング(今のところ週2回ですけど)
・卒業するまで話し方教室への通学(日程によっては週2回)
・来年1月以降、CFPを目指した通学(簿記は独学なので通学してません)

そして、

・かわいいねーちゃんがいる店で歌うカラオケ

だったりします(^^;;; 

ただ、最近はラップ系のヒット曲が多くて困ってます。いまいちカラオケ向きの曲じゃないですよね。

店の雰囲気も考えると、せいぜいウケ狙いでモー娘。、それ以外、なるべく普通のJポップを選ぼうとするのですが、覚える前に、ラジオなどから曲が流れなくなってしまい、歌えそうになったころには筍じゃなくなって歌いたくなくなるという感じです(^^;;;

明日から松井日本ラストプレー!

大リーグオールスターが来日しての試合が、明日より行われます。

明日は、エキシビジョンゲームとして、巨人vs大リーグオールスター、それ以降は大リーグオールスターvs日本プロ野球オールスターの7回戦となります。

プロ野球ファンとしては、今年最後の祭りごととして、テレビ観戦を楽しみたいと思います。

なにしろ、巨人軍のユニフォームを着る松井の姿を見るのは、これで最後になるかもしれませんからね……。

続きを読む "明日から松井日本ラストプレー!" »

2002年11月 7日 (木)

駅の窓口

少しでも周りの人に気を配れば、イライラを減らせる、というお話です。

私の地元の最寄駅には、駅員が応対する窓口が1つしかありません。ごく稀に新規定期券と長距離切符の客が数件固まると、あとからきた人の待ち時間が非常に長くなるときがあります。

まだこの駅にイオカードの自販機がなかったころ、イオカードを買いたくて窓口に並ぼうとしたとき、まさにそういう状態でした。

通常、長距離切符を買いたい場合、客のほうで時刻表を確認し、乗りたい列車の名前と号数(こだま10号とか)、乗りたい駅、乗り継ぎたい駅、発車時間など、申請書にすべて記入して駅員に渡します。ちゃんと席が空いていれば、1~2分で切符が出来上がり、用事が済むのです。

ところが、出発駅と行きたい駅、乗りたい時間だけを書いてあとはおまかせ、という感じの申請書を書く人がいるわけです。さらには行楽シーズンでなかなか席が空いてない場合、大変なことになります。

「その時間帯の列車の指定席は満席です。」「じゃ、ほかの列車で適当なのを……」

本来、スケジュールは客が自分で決めるべきで、この段階で列を離れ、もう一度時刻表を確認するべきだと、私は思います。ですがこの客は、窓口が1つしかないのに、駅員とその場で相談をはじめてしまうのです。

「新幹線を使いますか?」「普通の特急でいいです」「この列車は禁煙席がないですが」「禁煙席がある列車で、同じくらいの時間で……」

このようなやり取りが長々と続きます。客はどんどんたまり、自分も含め、何人かはイライラしてきます。何分でその客が終わるかわかりません。

駅員はこのとき、正面にいる客以外の状況もちゃんと確認し、応援を呼ぶべきだった、と思います。並んでいる客のうち、何人かはイオカードを買うために並んでいたはずです。イオカードなら、発券機を操作する必要がないので、横から手を出す程度の簡単なやり取りで済んでしまいます。

客、もしくは駅員のどちらかが、少しでも気配りをしてくれれば、後ろで待っている客の気分を悪くすることはなかったのではないか、と思います。

最近、駅で長距離切符を買う機会が増えたのですが、私は自分でイライラした経験を思い出し、なるべく詳しく、あらかじめ調べた内容をしっかりと申請書に書くようにしています。駅員さんの作業もすみやかに終わって、めでたし、です。

ハリーポッター無事入手! ほか

★ハリーポッター分厚いっす……

ハリー・ポッターと炎のゴブレット」、無事に入手しました。

勉強その他の合間に、少しずつ読んでます。

今回、初版が230万部即日完売とのことでした。そこで、何刷か確認してみました。

なんと、3刷でした。230万部刷ったあとの2刷も、すでに売り切れたようです(^^;;;

11月後半には、第2部「秘密の部屋」の映画も公開されます。本屋では、第5部〜最終部(第7部)の予約も受け付けています。物語も後半に突入し、人気はさらに盛り上がることでしょう(^^)

それにしても2分冊は分厚い。ビニールで包まれてたのは、買ったときの見栄えが少々貧しくて残念でした。

★人の話は最後まで聞こう……

今日は、話し方教室の2回目でした。テーマは「日常会話」。

結局のところ、コミュニケーションってのは、対等でないと成り立たないんですよね。

例えば、2人で話をしているとします。片方が一方的に話しまくり、相棒が聞き役に徹する。このとき、話す量のバランスが7対3から外れて、8対2とか9対1になってしまうと、話すほうも聞くほうも満足を得られない。

7対3であれば、実は、聞き役のほうも話し役のほうもだいたい5対5の感覚となり、分かり合えた度がアップするようです。

したがって、自分が3、相手が7をしゃべる、という具合に、話の進行具合を調整できれば、かなりいい具合になるそうな。

聞き役として、話の合わせ方、相槌の打ち方、話の変え方なども、ちゃんとやり方があり、それにのっとるだけでも「話を聞いてもらえるいい人」度が上がる、というわけ。

話ベタの人は、まず聞き上手になろう、ってところですかね。

次回の課題は自己紹介。ちゃんとアンチョコを作ってくることが宿題になってます。

2002年11月 5日 (火)

Bフレッツニューファミリーに変更

我が家のインターネット接続環境は、Bフレッツ&アットニフティを利用しています。電話回線がISDNかつ光収容で、ADSLの導入がなかなか困難だったのが、一気に光ファイバー通信を導入することになった理由です。

Bフレッツの難点は、なんといっても接続料金でした。実は、いろいろ研究した結果、Bフレッツの中でも割高な「ベーシック」というメニューを契約していたのです。これは、NTTに月額10100円、プロバイダに7800円も請求されるメニューなのです(^^;;;

パソコン通信歴12年、会社時代を含めインターネット歴8年の私としては、もっと高い金額を支払ってパソコン通信をやっていたこともあり、「しばらくの我慢だ、もうすぐニューファミリーのサービスが始まる」と言い聞かせつつ、サービス開始を心待ちにしていたというわけです。

実は本日が、その「ニューファミリー」のサービスへの移行日でした。

ニューファミリーのサービスに移行することで、NTTへの支払いが月額6900円、アットニフティへの支払いが月額2880円まで安くなります。しかも、終端速度6.4Mbps(ルーターを交換すれば30Mbpsが可能!)。基本的な速度はほとんど変わりません(^^)v

人によっては「高いじゃん」というツッコミを入れるでしょう。ヤフーBBが月額3543円、フレッツモア&アットニフティが月額5200円となってます。しかし、これらのサービスは、最もパフォーマンスが出た状態で12Mbpsです。実際の終端速度はせいぜい3〜4Mbpsでしょう。さらに言えば、私の家の地区は直線距離で交換局から3.5kmも離れていて、そのさいのパフォーマンス低下具合の想像がつきません。

趣味に、そしておそらく仕事に、インターネットをフル活用している身としては、現在の価格帯とそのパフォーマンスは、十分元が取れていると思います。

欲を言えば、定期的に少しずつ、料金が安くなってほしいところですけどね(^^;;;

続きを読む "Bフレッツニューファミリーに変更" »

2002年11月 4日 (月)

公務員のリストラは必要ないのか?

これだけ景気が悪いと言われ、大企業が次々とリストラ策を打ち出しているにもかかわらず、なぜ、国の予算は拡大の一方なのでしょう?

たしかに、最低限の国民生活レベルの維持は必要でしょうが、現状のレベルが本当に「最低限」なのか、かなり疑わしい。

また、各種規制を維持するために、人員を増強する方向性に向かっている分野があり、その思想を疑わざるを得ない状況です。

収入が減っているのに支出ばかり増える。本来は誰かがブレーキを掛けなければいけません。

もちろん、リストラの方向に向かっている分野もあります。市町村合併もその一環なのでしょうが、たとえば合併した市の市議会議員数が、前の市どうしの足し算した数だったら、リストラの意味がありません。さらに、新しい市議会場を立てようものなら、これも無駄な経費では?

そういえば、「30人学級」を推進する、ということになってますが、これも裏を返せば公務員雇用維持でしょう。むしろレベルの低い教師を切って、40人程度のクラスにして、学費人件費を抑える方向にしたほうが市民は喜ぶのではないか? ここらへんは教育を学校任せにしたい人とは意見が違うでしょうけどね。

念のため書きますが、特に特定の公務員に向けてどうのこうの書いているわけではありません。赤字の企業にペナルティがあるように、赤字の自治体にもペナルティがあるべきです。

竹中金融相は本当に完敗か?

昨今の銀行に関するすったもんだが、いまいちよくわかりません。

不良債権は減ったほうがいいと思います。にもかかわらず、不良債権が減ると困る人たちが多すぎるようです。

いや、不良債権を処理することで路頭に迷う人を危惧していただくのは大変ありがたい、のですが、借金を返すつもりのない怠けた人間を甘やかしてはいけないとも感じます。

不動産を担保にした借金ばかりで、デフレ下では不良債権が増えて当たり前。だから、インフレ策を講じない政府が悪い、という意見もありますが、デフレが始まってもう10年。貸し出し方針を変えなかった銀行もぐうたら、だと思います。

よく、銀行は借りたいときに貸してくれない、借りる必要がないときに無理やり貸し付ける、なんて話も聞きます。では、あくまで借りる側が客ならば、客が必要、不必要をちゃんと主張しなければ。

世の中、変動金利と固定金利と、仕組みの異なる金利があります。変動金利は、景気によってどんどん変化します。固定金利で契約したのに、無理やり契約を変更させられ、金利が上がった、という話もちらほら入ってきます。でも、本当に契約違反だと断固拒否したのか?

さらに、証券会社では信用取引をするさい、担保株券の価格が下がれば追証が発生し、容赦なく現金を追加したければならないが、銀行としか付き合ってない人たちはそんな仕組みが成り立っている世界をご存知か? 

金融再生プログラムは骨抜きだ、と騒いでいる人がいるが、ではなぜ発表直後に、わざわざ給与削減などリストラ策加速姿勢を広報する記事が出るのか? そして倒産が増えたのか? 

有力銀行の国有化は、政府系銀行の民営化の流れに逆らうことにならないのか? という意見は正論だが、国有化されて本当に困る人は誰なのか? 銀行株主? 銀行経営者? そして?

郵政公社誕生後に、金融業界の大きな変化がありそうですね。

2002年11月 2日 (土)

心もイタイ(^^;;;

夕方からの話し方教室は、いきなりいろいろなことを考えさせられた。思えば、自分から心をこめて挨拶しなくなってどれくらいになるのだろうか?

挨拶はできて当たり前。仕事の得意先に行ってお辞儀する、こんにちは、と声をかける。でも、そのときの声の大きさは? 先方にちゃんとこちらがいることが伝わったか? そして何より、ビジネスマナーの域よりもさらに突っ込んだ挨拶だったのか?

挨拶とは、「心を開いて相手にせまる」ことだそうだ。しかも一方的な行為であると割り切る必要がある。ここでいう一方的な行為とは、しっかりと相手に向かい、見返りを考えない、という意味である。

話し方教室の究極の目標は「人に好かれる人になるために、話し方という武器を磨く」ことである。話し方次第で、人は好かれも嫌われもする。人生を豊かに過ごすには、やはり話し方を勉強しなければならない。

AFPの資格を無事に取った私の当面の目標は、体力強化と、話し方の強化だろう。ついでに、帳簿をつけられるよう、簿記も学び始めたところだ。

体がイタイ(^^;;;

昨日は、午後の昼間はスポーツセンターで運動、夕方からは話し方教室に参加と、忙しい1日だった。

スポーツセンターでは、自転車風のトレーニングマシンによる体力測定を行なった。具体的には、脈拍を測定しながら、11分間ペダルを漕ぐ。そして、コンピュータが徐々に負荷を上げていき、それに伴う脈拍の変化から、その人の体力を測定しよう、というものだった。ちなみに、次回からのトレーニングマシンの負荷の目標値もここで算出される。

結果は、7段階評価で、最低の「1」だった(^^;;; いままでろくに運動してこなかったのだから、当たり前の結果だっただが。トレーナーの人から「松本さんはこれからですよ。カルテが終わるころに、もう一度計ってみましょう。」と言われたが、そのとおりだろう。まだ通い始めて4回だ。

仕事をするにも、やはり体力は重要になる。自分のこの体力のなさで、数年前は連夜の徹夜をこなしていたのだが、体力があればもっとスピード感のある作業が出来て、むしろ徹夜は少なかったのではないか、と今では感じている。

時間をなるべく作って、スポーツセンターに通うようにしよう、と、改めて考えた1日だった。それにしても、徐々に負荷を上げている筋力トレーニングであちこち筋肉痛である(^^;;;

2002年11月 1日 (金)

松井秀、巨人4番を捨ててメジャーへ(--;;;

さっきまで、巨人松井のメジャー行き決断の記者会見を生放送でやってました。

連続試合出場の記録も、ホームラン記録も捨てて、本人の夢をかなえるため、FA制度を利用してメジャーへ行くことを決めたようです。

いち巨人ファンとしては、非常に残念です。

いち「日本の」プロ野球ファンとしても、非常に残念です。

ただし、一個人の夢を貫いて、信念を持って行動することに関しては支持します。

周りの人の意見を聞き、周りの人の期待に応えるために自己を律することも自由。自分の心の声の叫びに素直に従い行動することも自由。

松井には、新天地で頑張ってほしいものです。

ただ、松井の決断により、「日本の」プロ野球のさらなる空洞化は避けられないでしょう。各球団のトップクラス選手のメジャー挑戦に、拍車がかかることになりそうです。

12球団を維持できるのか? 3~4年以内に、一部球団消滅、1リーグ制移行という流れが見えてくる可能性があります。

続きを読む "松井秀、巨人4番を捨ててメジャーへ(--;;;" »

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。