« 通夜 | トップページ | 教えられたことを素直に出来ない人たち »

2002年12月18日 (水)

筋肉が少なすぎる

本日、スポーツジムにて、業務用体内筋力脂肪測定器で、自分の体を測定してきました。

英語で「In Body」と名づけられたその測定器で調べてみたところ、私は「肥満体型」ということになってしまいました(T_T)

いや、肥満だろうなとはわかっていたのですが、体型はそうは見えないから、「それほど太っているように見えない」と、よく言われていたのです。しかし、機械は無常です。

ちなみに「In Body」は、かなり大げさな機械です。身長と年齢を数値入力したあと、左足のかかとと足の裏にちゃんと電極が触るように乗り、まず体重を測定します。衣類分の重さを引いた後、右足を左足と同様、かかとと足の裏に電極が触るように乗せます。さらに、右手と左手にそれぞれ、親指と、そのほかの指で別な電極に触るようにして握ります。

左右手足の8箇所の電極にちゃんと触れていることを確認すると、測定開始です。2分ぐらいかけて、筋肉と体脂肪、そして体の水分を測定します。また、左右の体重の係り具合も測定し、体の傾きがわかる仕組みにもなっています。

結果は最初に述べたとおり、はっきりと肥満体型であるという結果が出てしまいました。あまりに筋肉が少なすぎるようです。特に、下半身の筋肉が平均に比べて弱い。ちなみに、上半身も弱いのですが、下半身に比べれば平均に多少近いようです。

体脂肪率は、26.7%。これは女性なみだそうで、男性にしては多すぎます。さらには、基礎代謝がたったの1450kcalしかないとのこと。ちなみに、私は身長172cm、体重68.5kgなのですが、理想的なボディバランスの、身長158cm、体重45kgの女性とほとんど同じ基礎代謝だったようです。

基礎代謝とは、1日中、何もせずに消費するエネルギー量のことなのですが、ご飯少なめで我慢してもほとんど体重が減らなかった理由が、やっとわかりました。

自分の体の弱点がわかったので、今後のスポーツジム通いで、何を重点的にやればよいか、方針が決まりました。当分は、下半身の筋力強化をメインにすることになりそうです。

※ちなみに、In Bodyはこんな機械です。(2004/8/4追記)

※リンク貼り直し。In Bodyのメーカー、BIOSPACEのホームページです。(2014/03/29追記)

« 通夜 | トップページ | 教えられたことを素直に出来ない人たち »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。