« 2002年12月 | トップページ | 2003年2月 »

2003年1月の32件の投稿

2003年1月31日 (金)

話し方5級

とりあえずは、本日、話し方の教室の初級授業の修了式が無事に済みました。

人に好かれないと、結局のところ話にならない。憎まれ口をたたくのがウリになっている人もいるでしょうが、口は災いの元。自分の口によって、人の命や、自分の命を亡くしてしまうこともある。

相手の立場に立って物事を考える。出来るようで、なかなか出来ません。

先日、FP系のメールマガジンにも、次のようなネタが書かれてました。

とある家族、AさんとBさんは、年齢も家族構成もほぼ同じサラリーマン家庭。収入も、将来の非常時に必要と思われる資金もほぼ同じ3000万円でした。

が、しかし、Aさんは素直に3000万円をメドにした保険を組んだのですが、Bさんは「もっと保障を厚くしたい」という希望を出し、倍の6000万円の保険を組んだそうです。

相手のポリシー、性格、そのほかの事情をもっと深く探らないと、ファイナンシャルプランナーの仕事は勤まりません。それを探るためには、コミニュケーションが重要です。かなりのプライバシーに立ち入ることになっても、私を信頼してもらえるようでないとダメなのです。私は、顧客の信頼獲得のために、話し方が重要なんだと思っています。

話し方というのは、生涯、鍛えつづけなければいけないものです。習ったことがどれくらい実現できるか、現状ではわかりませんが、すべて実現できるよう、あとは実践あるのみ、だと思っています。

2003年1月30日 (木)

朝青龍横綱に!

モンゴル出身の力士として、朝青龍が無事に横綱になりました。

外国人が横綱になるときは、小錦以降、必ずもめる(小錦は横綱になれなかったですね)、というイメージがあったんですが、今回は圧倒的な強さのおかげで、それほどもめなかったみたいですね。

品格は、まぁ、2~3年横綱を続ければ、だんだんとついてくるでしょうし。双羽黒(北尾)よりダメな横綱(双羽黒は結局、1回も優勝できませんでした)は、なかなか出ないと思ってますし。

いきなり願望崩れる(^^;;;

一気に8331円ですか……昨日の願望が一気に崩れてしまいました。

今現在、ダウもナスダックも下がってるし、どう考えてもみなさん、「イラク情勢」しか注目していない、という感じです。

もしくは、日本の銀行のどこかを潰そうとしている、外資系ファンドの売り攻勢なんでしょうか?

相変わらず国債の値上がりが続き、日銀の速見総裁も、さすがに警戒感を漂わせ始めています。「潤沢な資金供給が、貸し出しに回されず、国債を買うことに使われている」と。

その資金で、株を買ってくれ~、って気がちょっとだけしています(^^;;; ちなみに次の下値メドは8256円っす。

2003年1月28日 (火)

エセ・チャーチストとしての希望的観測

日経平均、目先はなんとなく下落気味ですが、私としては単に乱高下していて、下落のときのほうが注目度が高いだけ、という見方をしています。

2003年になってからの株式相場は、日経平均を見る限り、2週続けて週足の下値が切りあがっています。今週も、まだ先週のザラ場安値の8495円を割っていません。

1年くらいのスパンで見たとき、昨年の5月末で天井をつけた株価は、10月上旬に8197円となりました。その後、11月中旬と12月中旬にそれぞれ、10月上旬の安値に迫りましたが、その株価を割らずにここまで来ています。

したがって、目先、少なくとも3月までは、下値固めを試すだけ、という値動きになるのではないか、と思っています。

問題はやっぱり、海外、特にイラクと北朝鮮の問題に動きがあり、一部投資家が狼狽しないか、という点でしょう。それをうまく乗り切って、なんとか例年どおり、5月くらいまでは上がってほしいものです。

※ちなみに、2000年は4月、2001年と2002年は5月が、その年の高値を記録しています。

続きを読む "エセ・チャーチストとしての希望的観測" »

お金が貯まっていくたった1行の算数

このネタ、まだこの日記には書いてなかったみたいですね。

資産形成=(収入−支出)+(資産×運用利回り)

資産を増やす鉄則
・収入を増やす
・支出を減らす
・運用利回りを上げる

※橘玲・著、幻冬舎・刊の「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」P.20の要約です。

本当に単純ですし、これで誰もが資産形成に成功するなら、ファイナンシャルプランナーやコンサルタントはいらないですね(^^;;;

いっぱい働けて、いっぱい収入があれば、支出や資産運用に気を使わなくてもいいのでしょう。しかし、ほとんどの人の場合、収入と支出の差があまりない、という人が多いようです。

支出を削るのはたしかに限界があります。しかし、例えば見分不相応に広い部屋に住んでいれば、狭い部屋に代えて住宅費用を浮かせるとか、無駄な保険をやめてその分を貯蓄に回したほうがいいケースもあります。スポーツカーのようなわざわざ高い車に乗らず、実用的な車にすれば、車のローンも多少軽減されるでしょう。

運用利回りも、銀行しか眼中にない人はおいといて、工夫のしがいがあるところです。ただ、あまりに運用利回りばかり考えて、自らの収入増のための活動がおろそかになると、本末転倒です。

私の場合、本末転倒にならないよう、運用利回りを上げるためのコンサルタント業務を仕事にしようとしているわけですけど(^^;;;

とりあえず、3つの鉄則を、うまく啓蒙できるよう、勉強を続けようと思ってます。

続きを読む "お金が貯まっていくたった1行の算数" »

2003年1月26日 (日)

インフレターゲット論が沈静化した訳

たった今、NHKスペシャルを見終わりました。

「地球市場・富の攻防(01)巨大年金マネーが世界を駆け巡る」

日本の年金マネーが、世界中のヘッジファンドの財源となり、空売りに使われている、という内容でした。

ヘッジファンドに限らず、投資の世界では、株価上昇局面でも、株価下落局面でも、どちらでも儲けられる投資方法が存在します。もちろん、両方を組み合わせることで、ある局面で損得を限定することもできます。

株に限らず、通貨の価格変動も利用されます。番組内では、昨年10月の、ブラジル通貨(レアル)とブラジル国債の下落局面における、売り、買い、の各スタンスを取ったヘッジファンドについてレポートされていました。ブラジル大統領選挙前後で、一方は天国から地獄へ、他方は地獄から天国へ変わるのを見て、やっぱり投資は難しい、と思った次第です。

番組の終盤、アメリカ株式と同様に、世界のヘッジファンドに注目されているのが、日本株式への空売りである、という点が紹介されていました。そして、「日本の年金基金運用者が、日本株式を空売りするファンドに投資しようとしている」ところが映し出されました……。

日本は今現在、これまでの経済学の教科書の内容では解説できない局面に来ています。本格的なデフレスパイラルを向かえていると考えられています。

その一方では、消費者物価指数は過去1年間、98.2〜98.6の間に収まっており、すでに消費者物価の下落は止まった、という意見もあります。

最近、インフレターゲット論が急速に沈静化したイメージを感じるのは、この消費者物価指数の実態に気がつき、数ヶ月以内に前年比プラスを実現できる可能性があるから、なのかもしれません。

ただ、今日のヘッジファンドの番組を見て、万が一、国策としてインフレターゲットを明言した場合、「それは絶対に無理だ」と踏んだヘッジファンドが、日本株を空売りしてきたらどうなるだろうか? と、ふと考えてしまいました。せめて日本円売りにしてくれ、と政府筋は考えているでしょうか(^^;;;

どうせならそのまま提出させろ~

もうすぐ確定申告の季節ですね。

こちらのホームページで、なんと、簡単な確定申告の書類が作れます。しかも、家庭で使っているカラーインクジェットプリンタを使って印刷すれば、印鑑捺印など必要な処理をしたのち、すぐ提出できるというすぐれものです。

事業所得がある人とか、個々に複雑な事例の場合、すべてに対応しているか不明ですけど、試してみる価値は大でしょう。

ちなみに私は、すでに自分の分は入力して、印刷を済ませました。あとは、税務署に提出するだけです。

……どうせなら、インターネット経由で提出できるシステムも本格稼動させてほしいところです(^^;;;

続きを読む "どうせならそのまま提出させろ~" »

2003年1月25日 (土)

約束はちゃんと守りましょう……でもね

小泉首相の「公約破ってもたいしたことない」発言、ぶっとびましたね(^^;;;

ただまぁ、ちゃんと国会放送を見ていた人なら、その前後の話で「公約どおりにやってないといわれればそのとおりだが、総理大臣たるものもっと大きなことを考えなければならない」と発言していることを聞いているはずです。

※実は私は生では国会放送を見てませんけどね。

例えば、「オリンピックで金メダルを取ってやる!」なんて約束をしたところで、そんな実力がまったくない場合、約束など守れるはずがないわけです。

(1)新規国債発行額30兆円以下を堅持
(3)ペイオフ制度の完全実施

この2つに関しては、日本経済をちょっと過大に評価しすぎていたために、出来なくなってしまったというのが正しいと思います。

今だから思うのですが、これらを無理にでも公約どおりに進めていたら、日本経済はもっと大変なことになっていたに違いないでしょう。株価6000円台、大手銀行倒産が、現実になっていたかもしれません。

もちろん、これらを守っても経済がおかしくならないように、あらゆる手を尽くすほうが正論だと思いますが。例えば、政府組織のリストラはいくらでも出来そうです。

(2)8月15日(第2次世界大戦終戦日)靖国神社参拝

あえて言えば、これはスケジュールの問題であり、これが守れないのはいただけないといえます。が、これに関しても賛否両論ですし、中国韓国を巻き込んだ大問題になってしまってます。せめて国内マスコミくらい、首相の味方になってくれればやりやすいのでしょうが。

民主党も、本来なら年末の臨時国会で突っ込むべきこれらの公約破りを、自らの内紛で先送りにしてしまって、いまさらなんだよ、って気がします。北朝鮮の拉致被害者帰国の件でも、意見がバラバラのようですし、どんどんしょーもない政党になっている気がします。

2003年1月24日 (金)

話し方教室、次回は?

なんと、結婚式がテーマです(^^;;;

もちろん、模擬、ですけど。

残念ながら(^^;;; 新郎の役はほかの若い男の子がやることになってます。私もいちおう独身男性で、候補者だったんですけどね。

ちなみに、私は新郎の同僚の役と、司会者の役を兼任することになりそうです。

ただ、司会は、これけっこう大変です。段取りうまくやるだけで精一杯かもしれません。

2003年1月23日 (木)

損得を考え過ぎ

けっこう身近に、国民年金の毎月13300円を支払っていない人がいました。その人は自営業でしたが、どうも日本国の未来を信頼していないようです。

「自分が年金をもらうころには、払った分が返ってこない」という誤った情報が、かなり広まっていているようです。そもそも、自分が払っている保険料を受け取っているわけではないんですけど。

国民年金は、老齢(いまのところ65歳以上)になり、働けなくなったときに、現役世代からその補助をしてもらう、という仕組みなのです(うーむ、まだいまいちうまく説明できない……)。だから、働けるならそのお金はたしかに必要ないんです。でも、必要ないという保障が、本当にあるのかどうか、不明なはずなのです。

国民年金と、厚生年金や共済年金が、別なものであるという点から、教育しなければいけないんだと思うと、かなり頭が痛いです(^^;;;

続きを読む "損得を考え過ぎ" »

2003年1月22日 (水)

お年玉つき年賀、切手シートゲット!

何年ぶりかな~。年賀状のクジが当たったの。

でも、いまだに4等より上が当たった経験がないです(^^;;; かなり確率が低いのでしょうけどね。

2003年1月20日 (月)

孫正義吼える! ヤフーBBが世界標準!

電話回線を使ってインターネット接続するためには、大雑把に分けて通常のモデムを使う方法と、ADSLモデムを使う方法があります。ADSLモデムには、ヤフーBBで使われているADSLモデムと、そのほかの会社で使われているADSLモデムに別れています。

全世界的に見ると、日本のみでISDN回線との干渉問題が生じていて、その対策を練った他社製モデムのほうがローカル規格ということになっています。

孫正義氏がこのほど、世界中の通信規格を作る機関に、日本ローカルのADSLモデム規格を廃止するよう、勧告するそうです。はっきり言って、横暴すぎる気がします。本来なら、両方使えるようにするのが正論でしょうに。

個人的には、現段階では光ファイバーに切り替えて正解だな、と思っちゃいます。

貴乃花ついに引退

平成の大横綱、貴乃花がついに引退することになりました。ニュース番組では引退報道一色でした。さすがに、ケガと若手のパワーに、熟練度で勝負するには限界だったのでしょう。

それにしても、22回の優勝はやはりたいしたものです。歴代4位だそうで、上位3人は大鵬、千代の富士、そして現相撲協会理事長の北の海です。北の海はよくよく調べると、晩年は貴乃花のようにケガに泣いた力士でした。貴乃花の過去1年の相撲振りには、少々複雑な心境だったのかもしれません。

モー娘。新メンバー決定

藤本美貴と同期となる、モーニング娘。の新メンバーが報道されました。新メンバーは3人。現状の12人のモーニング娘。のうち、保田圭が5月で卒業する予定なので、5月以降のモーニング娘は15人編成となります。ちょっと多すぎる気がしますけど、新メンバーによって、つんく♂が、なにやら新しい企画(仕掛け?)をひらめいたようなので、何かしら、びっくりするようなことを、またまたやってくれるのではないでしょうか?

夢を買う、細切れで

例えば、喫茶店をやりたい。

例えば、洋服屋をやってみたい。

例えば、レストランを経営してみたい。

例えば、テレビゲームを作ってみたい。

これらをすべて同時に、一人でやるのは無理です。

でも、それを頑張ってする人たちに少しずつ、かかわることは可能です。

喫茶店にかかわりたいなら、コーヒーチェーン会社の、洋服屋にかかわりたいなら、紳士服会社の、レストランにかかわりたいなら、ファミレス会社の、テレビゲームにかかわりたいなら、ソフトウェア会社の。

それぞれの株式を買うことで、その会社にかかわることができるのです。

自分の体は自分が出来ることに専念する。

そのかわり、稼いだ自分のお金を、自分の分身として好きなことで働いてもらう。

株式投資を、夢をかなえるために自分のお金を自由に使う、という視点で考えてみてはいかがでしょうか?

2003年1月18日 (土)

自信を持って歩きたい

今日は、ファイナンシャルプランナー関連ビジネスの無料セミナーに行ってきました。

セミナーの内容は正直、いまいちでした。

ファイナンシャルプランナーの仕事の内容で、保険見直しが圧倒的に多い、ということと、住宅とライフプランを組み合わせるのが、なかなかおいしい仕事になる、という内容が、とっても参考にはなりました。

結局のところ、当面は相談料(フィー)収入より、保険を売ったときの(コミッション)収入に頼らなくてはいけないようです。

セミナーは、参加者同士のディスカッションがメインで行われたのですが、会計事務所勤務で、すでにCFP試験5科目合格している人が、「覚えたことすぐ忘れちゃうんです~」とかのたまって、なんとなくしらけてしまいました(^^;;;

2003年1月17日 (金)

唇ガサガサ

私はこれまで、唇が荒れた、という経験がほとんどありませんでした。たまに口内炎にはなりますが、口の中の肉を噛んでしまったり、体調を崩したりという前兆があり、なったら仕方ない、と思う程度でした。

年末くらいから、唇が乾くようになり、ついにはひび割れて、血がにじむようになってしまいました。たまらず、ついにリップクリームのお世話になることにしました。

リップクリームなど、女の子がおしゃれのためにつけるものかと思っていて、使うのにちょっと抵抗があったのですが、そうもいっていられないという感じです。

薬局の店員に、薬用メンタム系を進められて、さっそくつけてみました。

香りがほのかにメンタム系ですが、実際のメンタムをなめるよりは味がきつくなくて一安心でした(^^;;; ただ、ご飯を食べる前につけると、クリームごと飲み込んでしまうようで、なんとなくやっぱり違和感を感じます。女性が、口紅ごとご飯をたべちゃうのよりはマシでしょうけど(^^;;;

ただ、薬が効いてる間は唇も調子がよいです。これだけ好感触だと、当分はリップクリームを手放せないと思います。

続きを読む "唇ガサガサ" »

無事帰宅

おじいちゃんの葬儀もつつがなく終了し、帰ってきました。91歳の大往生でした。

おばあちゃんが何度もおじいちゃんのそばに寄って、呼びかけていたのが、物悲しさを増していました。

残されたおばあちゃんは、親戚のおじさん夫婦(私の母親の弟)が面倒を見てくれるようですが、おじいちゃん、おばあちゃんは中が良かっただけに、おばあちゃんがしょんぼりしないか心配です。

2003年1月14日 (火)

訃報

私のおじいさんが、亡くなりました。最後のあいさつをしに、田舎に向かいます。

当ホームページの更新も、しばらく止まります。ご了承ください。

2003年1月13日 (月)

成人の日、年男が物思いに耽る

成人の日、今年は静かだな、と思ったら、みんなメールをやっていた(^^;;;

なんてことがギャグになるくらい、例年、アホな新成人の大騒ぎが話題になってました。今年はどうでしょうかね?

自分が成人式を迎えた16年前、大学在学中ではありましたが、2年目以降の学費は奨学金とバイト代でまかなっていて、親に迷惑をかけていたのは毎日の食事、掃除、洗濯のみ、という状況になってました。

心の許せる仲間が数人集まると、なんとなく騒ぎたくなるというのは、どうも人としての性のような気がします。自分は、仲間と無意味に騒ぐのはどちらかというと苦手で、にぎやかな輪を、遠目で見てる、ということが多かったように思います。

16年前といえば、バブル経済の入り口で、日本の未来はとっても明るい、という雰囲気で満ちていたように思います。新成人も、そして自分も、現在の20歳より明らかに大人だったように思います。……かなりひいき目に見てますが。

人としていかに成熟するか、ということを理論だてて解説した文章の中に、だいたい、平均寿命の3分の1くらいの年齢が、本当の大人として、責任が取れるようになる年齢である、という説明を読んだことがあります。そうすると、平均寿命80歳のご時世、26歳くらいまではまだまだ子供、っていうことになりそうです。

20歳という区切りで、選挙権がもらえ、酒を飲んでもとがめられなくなりますが、本当に責任のある大人になれるかどうかは、本人の心がけ次第なんだよな、と思います。

ところで、成人の日より16年後、食事、掃除、洗濯をいまだに親に任せている自分は、最近の流行言葉でいえば「パラサイトシングル」と言えるのかもしれません。一人暮らしをしている現在20歳の新成人よりだらしないかも(--;;;

2003年1月12日 (日)

勉強量増える

日本FP協会の継続テスト、FP技能士センターの継続テスト、資格学校のCFPビデオ講座、さらには話し方教室のスピーチ課題と、スポーツジムでの運動と……。

いつのまにか、忙しくなったなぁ、と思う今日この頃(^^;;; 少しダルさを感じるくらい。

北朝鮮の不思議

金正日の顔が、まったく見えなくなった気がするのはどーいうことでしょうか?

大騒ぎしているのは、彼の部下ばかりのような気がしてなりません。

金正日は、自国国民の多くを飢えさせていることに対して、何を考えているのか、自らの国をどのように変えたいのか、直接発言してほしい。

ほとんどの人が「核は発電にしか使わない」なんていう報道を信じちゃいません。事実、NPTに加盟していないインド、パキスタンは核兵器開発をしています。

このような状況では、拉致被害者を帰国させなかったことが大正解だった、ということになりそうです。いや、帰国させなかったことで暴走したのでしょうか? 

2003年1月10日 (金)

CFPビデオ受講スタート

6月のCFP試験に向けた、資格学校のビデオ講座がスタートしました。

1科目につき、約15時間の講義を受けます。本来は1日5時間で3日なのですが、私は1日2.5時間で、6日に分けて受講しています。フレキシブルにやれるのが、ビデオ受講のいいところ(^^)

初日は、金融資産運用分野の授業でしたが、正直、世の中の急激な動きにテキストがついてこれない感じでした。日経225などは、3分の1くらい入れ替わってるのかな? 景気動向指数採用指標も、最新のものでなかったし、ペイオフ関連の記述など、今国会を待たないと正式なものにならないし(^^;;; 

基本をしっかり覚えるのはたしかに重要ですが、世の中の変化に応じた新しい知識もしっかり覚えなければ……。大変っす(^^;;;

続きを読む "CFPビデオ受講スタート" »

ちぐはぐな任天堂

任天堂のゲームキューブ、どうも売れていないみたいですね。

ニンテンドウ64のときも、売れていないといわれていても、結局のところそれなりに売れていた、という経緯があるのですが。

スーパーファミコンの時のような、圧倒的なシェアってのは、取れていないのは確かなようです。

ここ数日、任天堂がらみで大きめの記事が報道されています。

ゲームキューブ苦戦、中国進出、ゲームボーイアドバンス大ヒット、そして新型ゲームボーイアドバンス。

ゲームキューブ苦戦を報じた新聞向けのインタビューでは、「デフレで、低価格の携帯機に需要が集中した」と述べています。

そこまで分析が出来ているなら、なぜ、高価格の新型ゲームボーイアドバンスを出すのでしょうか?

仲間内では、社長が交代してから、やはり任天堂の神通力が弱くなっているのでは、という意見がでていたりするのですが。

2003年1月 8日 (水)

あなたは他人に興味がありますか?

話し方教室に通っていて、今日ほどショックを受けた日はありません。

「よい人間関係を作る話し方」では、

・明るいものの考え方をしよう
・あいさつをしよう
・自分を相手の立場に置き換えてものを考えるくせをつけよう

ということを習いました。

今日はさらに、次のことを習いました。

・自尊心を傷つけないようにしよう
・他人の興味のあることに関心を持とう
・相手の名前を覚えて、名前で呼びかけよう
・惜しみなくほめことばを使おう

はっきり言って、私は4項目、まったく出来ていません(--;;; おそらく、この4項目が出来ていないから、前の会社でうまく仕事が出来なかったのかな、と思います。

人はまず、「人からの指示を受け、仕事をこなす」ことから始めます。これがクリアできてしまうと、「人に指示を出して、仕事をしてもらう」役割に昇格します。ここで挫折する人が多いのです。だから、会社を作り、大きく出来る人が限られるというわけです。

次の一文は、軍人である、山本五十六氏の言葉です。

やってみせ,言ってきかせて,させてみせ,ほめてやらねば,人は動かじ。

ほめるに値する行動を取った人は、積極的にほめてあげないといけないわけですね。

藤本美貴がモー娘。加入!

ソロではもちろん、ごまっとうでも大活躍の藤本美貴がなんと、3年越しでモーニング娘。に加入することが決定しました。

4期生というと、石川、吉澤、加護、辻の4人といっしょにオーディションを受けていた、ということになるわけですが、冷静に考えるとレベルが高かったってことでしょうか? いや、加護辻をセットにしようとして藤本がはじき出されていた、と見るのが正解でしょう(^^;;;

実際には現在、新規メンバーオーディションが行われていて、第6期生扱いでの参加になるのでしょうが、今回のつんく♂決断が吉、と出るかどうか見物です。

折畳式ゲームボーイ登場

任天堂より、ゲームボーイアドバンス(GBA)の新型が発表されました。

なんと、折畳式GBAです。うーん、そういえば、携帯電話も折畳式の人気が高いですが……。

折畳式にすれば、大人が買う、とでも思ったんでしょうか(^^;;;

ただ、電池がリチウム電池に変わり、充電するしくみで乾電池が必要ないってのは、個人的には気に入ってます。

続きを読む "折畳式ゲームボーイ登場" »

2003年1月 6日 (月)

やっと復帰しました

やっと、Bフレッツが復帰しました。

実は、自宅の回線終端装置が何故か壊れてしまいました。原因は不明です。急に電源が供給されなくなってしまい、常時接続が困難になりました。

仕方なく、ISDNルーター機能を使い、ダイヤルアップ接続をたまにしていました。

当たり前の話ですが、スピードの差が歴然としていました。Bフレッツのときはサッと表示されたホームページが、カク、カクっと読み込まれます(^^;;;

さらに、電話代が気になって気になって仕方がありませんでした。ルーターの自動接続機能をカットし、簡単に接続されないようにしたあと、3分程度データ送受信がなかった場合はすぐに切断されるよう設定しました。数時間、つなぎっぱなしでWebサーフィンするのはもってのほか、という状況でした。

いつもなら、何か知りたいことがあったとき、インターネットでさっと検索していたのですが、電話代を考えるとそれもできません。いかに普段より、常時接続前提でインターネットを使っていたかを、痛感しました(^^;;;

午前中にNTT-MEの方がいらっしゃり、終端装置をまるごと交換し、無事に復旧できました。何が原因だったのかは、結局わからずじまいですが、このさい原因はどうでもいいです(^^;;;

今、Bフレッツ経由で快適にインターネット接続ができている環境の大切さを実感しているところです。

仕事始め(03/01/5)

通常、明日の1月6日から仕事始めの人が多いかと思います。

私としては、勉強始め、そして、スポーツジム通い始め、などなどです。

株式市場も1月6日からスタートですが、2000年、2001年、2002年と、3年続けて悲しい思いをしているので、今年はなんとかしてほしいものです。

といっても、未年は、どうも我慢の年というジンクスがあるとか、イラクとアメリカの戦争が始まると下落基調に戻るだろう、とか、戦後最短の景気腰折れとか、弱気筋の話題ばかり目に付きます。

ここで格言「相場は、少数意見が勝つ」。

今年度は、株式優遇税制元年でもあります。配当課税10%、そしてキャピタルゲイン課税10%です。

自己責任でリスクをとることをいとわない人は、チャレンジしがいのある年になる……。そんな年になってほしいものです。

ついにAFP(03/01/03)

私、松本勝晴は、無事にAFP(日本FP協会認定)となりました。

今後とも、パーソナルファイナンスの専門家として、より多くの人の役に立てるよう、勉強を続けていきたいと思っています。

ただ、正式なファイナンシャルプランナーとしての業務を開始するまでは、もうしばらく時間をいただきたいと思います。

ところで、日本FP協会、FP技能士センターの継続教育サイトにそれぞれ登録が完了しました。ざっと見たところ、勉強するネタにはこと欠かない、という印象です。

のんきなハト(03/01/01)

最近のハトって、度胸がいいというか、人間を怖がらないというか、とってもおっとりしているように思います。さすがに、手で捕まえるのは困難ですが、足元くらいには平気で近づけます。

この前、初詣の帰りの出来事です。

父親がカローラEDを運転し、助手席に私、後部座席に母親が座ってました。

柏市の布施弁天から国道6号線へ戻り、快調に車を走らせていたときのことです。

赤信号となり、車が止まったとき、反対車線で信じられない光景を目撃しました。

なんと、ハトが4羽、車道上にあった何かを、ついばんでいたのです(^^;;;

おそらく、マナーの悪いドライバーが、お菓子の食べカスを散らかしたんでしょう。

そうこうしているうちに、赤信号を直前で抜けてきた対向車が、向かってきます。

ハトまであと10メートル、5メートル、2メートル……。

さすがに正月から動物をひき殺したくなかったのか、対向車は直前で止まり、器用に蛇行して、ハトを避けて走り抜けました。

ハトは、多少、車から離れようとしてよちよち歩くだけでした。

そのうち、今度は右折車がどこどこやってきたので、ハトも仕方なく移動するかと思ったら、歩道に移動するだけで、車が通り抜けると、すぐ車道に戻ってきたのでした(^^;;;

なんてのんきなハトだろう、と思いながら現場を後にしました、とさ。

2003年1月 1日 (水)

謹賀新年

みなさん、無事に新年を迎えていますでしょうか?

私のほうは、インターネットのトラブル(おそらく自宅内でのトラブル)のため、6日までは定期更新が出来ない状態になっております。

いきなりつまづきましたが、今年はよい年になればいいな、と思ってます。

続きを読む "謹賀新年" »

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。