« どうせならそのまま提出させろ~ | トップページ | お金が貯まっていくたった1行の算数 »

2003年1月26日 (日)

インフレターゲット論が沈静化した訳

たった今、NHKスペシャルを見終わりました。

「地球市場・富の攻防(01)巨大年金マネーが世界を駆け巡る」

日本の年金マネーが、世界中のヘッジファンドの財源となり、空売りに使われている、という内容でした。

ヘッジファンドに限らず、投資の世界では、株価上昇局面でも、株価下落局面でも、どちらでも儲けられる投資方法が存在します。もちろん、両方を組み合わせることで、ある局面で損得を限定することもできます。

株に限らず、通貨の価格変動も利用されます。番組内では、昨年10月の、ブラジル通貨(レアル)とブラジル国債の下落局面における、売り、買い、の各スタンスを取ったヘッジファンドについてレポートされていました。ブラジル大統領選挙前後で、一方は天国から地獄へ、他方は地獄から天国へ変わるのを見て、やっぱり投資は難しい、と思った次第です。

番組の終盤、アメリカ株式と同様に、世界のヘッジファンドに注目されているのが、日本株式への空売りである、という点が紹介されていました。そして、「日本の年金基金運用者が、日本株式を空売りするファンドに投資しようとしている」ところが映し出されました……。

日本は今現在、これまでの経済学の教科書の内容では解説できない局面に来ています。本格的なデフレスパイラルを向かえていると考えられています。

その一方では、消費者物価指数は過去1年間、98.2〜98.6の間に収まっており、すでに消費者物価の下落は止まった、という意見もあります。

最近、インフレターゲット論が急速に沈静化したイメージを感じるのは、この消費者物価指数の実態に気がつき、数ヶ月以内に前年比プラスを実現できる可能性があるから、なのかもしれません。

ただ、今日のヘッジファンドの番組を見て、万が一、国策としてインフレターゲットを明言した場合、「それは絶対に無理だ」と踏んだヘッジファンドが、日本株を空売りしてきたらどうなるだろうか? と、ふと考えてしまいました。せめて日本円売りにしてくれ、と政府筋は考えているでしょうか(^^;;;

« どうせならそのまま提出させろ~ | トップページ | お金が貯まっていくたった1行の算数 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。