« 2003年10月 | トップページ | 2003年12月 »

2003年11月の17件の投稿

2003年11月30日 (日)

イラクでついに、日本人犠牲者

イラクの治安の悪さが日々、喧伝されていますが、ついに日本人の、しかも外交官が殺される、というニュースが飛び込んできました。

おそらくテロであろう、と言われています。ただ、襲った側が、襲った車の中にいたのが日本人であると認識していたかどうかは、不明です。なにせ、彼らはアメリカに肩入れする国々を無差別に攻撃してますから。

今回の事件により、今後の日本のイラクに対する国際協力に対して、反対勢力による意見がより目立つようになるでしょう。一方で政府、特に小泉首相は、「テロには屈しない」と言っているようですが、実際に派兵するタイミングがもっと難しくなったのは確かです。

2003年11月29日 (土)

足利銀行一時国有化へ

足利銀行のニュースは、なんとも残念な思いが強いです。

たしか、りそな銀行が救済されたときに、これが最後だ、という論調があったような気がします。そして、その安心感によって株価が上昇したのではないかと思っています。

株価の上昇は、明らかに選挙対策。そして、自民党が過半数を超え、公明党を加えた与党で安定多数を確保し、政治の安定基盤を作ったところで、銀行の破綻処理です。

なんとも、どなたかが作ったシナリオどおりに進んでいるかのように思えてなりません。

今回の足利銀行の一時国有化にさいして、預金者の預金は基本的に保護されます。ペイオフ解禁はいまだ定期預金のみですから。

ただし、りそな銀行のときと異なり、足利銀行は一時国有化により現経営陣は退陣、株主は投資した金額の範囲内で責任を負う、ということになりそうです。

月曜日以降の株価動向が非常に心配です。

2003年11月26日 (水)

デジキューブ自己破産

スクウェアエニックスの子会社で、コンビニでのゲーム販売や攻略本を出版していたデジキューブが、自己破産を申請しました。

通常、上場会社の場合、会社更生法や民事再生法などを申請して、会社をなんとか存続させる方向でがんばるものです。今回のデジキューブは、上場先がヘラクレス(元ナスダックジャパン)とはいえ、いきなりの破産申請は異例です。

コンビニでゲームを販売するというのは、始めた当初は画期的でした。私も、FFシリーズをコンビニで買ったものですし、FFシリーズの攻略本も、デジキューブより出版されたものを買ったりしたものです。

それなりにお世話になっていた会社が倒産してしまい、悲しい限りです。

2003年11月24日 (月)

4チャンネルって何?

Webによる世界中への情報発信、BSやCSによるテレビの全国同時視聴の時代に、なんて地上波のテレビは不便なんだろう、と思うことがあります。

地上波のテレビは、私の場合は東京寄りの千葉県ですから、

1チャンネル:NHK総合
3チャンネル:NHK教育
4チャンネル:日本テレビ
6チャンネル:TBSテレビ
8チャンネル:フジテレビ
10チャンネル:テレビ朝日
12チャンネル:テレビ東京

これがお約束です。ですから、地方の人と友達になり、テレビの話題を出すときには神経を使います。日本テレビ系、TBS系、とかいう言葉を意識的に使うようにしているつもりです。地方では放送されている局の名前が異なるうえ、チャンネル番号もバラバラだからです。

ただ、相手が地方の人でも、比較的長く関東に住んでいている相手の場合、どうしてもチャンネル数で話が通じることを期待してしまいます。新聞などを読んでいれば、頭の中で自分の地元のチャンネルと、関東のチャンネルへの変換が済んでいると思うからです。

私の期待って甘いのでしょうかね?

2003年11月22日 (土)

家庭内LAN悪戦苦闘

私の家では、ISDNダイヤルアップ機能つきブロードバンドルーター(^^;;; で家庭内LANが引かれています。当初はISDNダイヤルアップルーターだったのですが、光ファイバー(Bフレッツ)によるインターネット接続に切り替わったため、ISDNを生かしつつ、インターネットだけブロードバンド化する、ということをするために、ISDNに接続できるブロードバンドルーターに入れ替えたのでした。

その、家庭内LANを利用して、パソコン2台でファイル共有やファイル転送をしようとするのですが、私がしばらくPC技術系の文章を読んでいないせいか、たまにうまく行かなくなることがあるのです。今日も、ファイル転送がうまくいかないトラブルに遭遇してしまいました。

1台はノーマルなデスクトップPCでOSはWin2000。もう1台はノートPCでOSはWinXPです。

最初は、Win2000とWinXPの相性の問題なのか? と勘違いしたくらいなのですが、そんなわけはない、と、Web検索などしてみてわかってきました。そもそも、数ヶ月前にはちゃんとお互いのPCが認識されていたのです。

もう少し細かく検索していくと、ウイルススキャン系ソフトのファイヤーウォール機能の設定を直す必要がある、という文章を見つけることが出来ました。

そういえば、つい最近、ウイルススキャンソフトを最新版にアップデートしていたのでした。そのさいに、ファイヤーウォール機能の設定も変わっているはず……もしや!

案の定、パソコン同士のファイル転送に重要な、マイクロソフトネットワークのファイルやプリンタの共有に関するプロトコルが、ウイルススキャンソフトのファイヤーウォールでブロックされてました(--;;;

最初に悩み始めてから、ファイヤーウォールの設定を直し、ファイル転送が終了するまで、約2時間も過ぎてました。貴重な時間を潰してしまったなぁ、と後悔しております。

自衛隊派遣のこと

アルカイダから、2度にわたり、日本が自衛隊を派遣しようとしていることに対して警告を発しています。すなわち、日本攻撃の脅しです。

自衛隊がそんなに怖いのか? それとも脅しておけば自衛隊を出さないと思っているのか?

もっとも、日本側の論調もままならない状態で、実際にはいつ自衛隊がイラクに行くのか、まったくわかりません。自衛隊の犠牲者が出るのが怖いのか、日本国内のテロが怖いのかもよくわかりません。

自衛隊を派遣すること以外に、国際協力の名のもとに日本ができることがあるなら、そのほうがよいのかもしれません。ただ、自衛隊は非常に優秀な部隊であり、非常に期待されているという話もあるそうです。

自分が自衛隊の立場にはなり得ないから、なかなか軽はずみなことは言えませんが、より多くの人の役に立つ行動を、最終的にするべきでないか、とは思います。

2003年11月20日 (木)

最低でも12時間働け!

いま、数冊並行して本を読んでます。数ヶ月ほど積読されてた

「リスク(上)(下)~神々への反逆~」 ピーター バーンスタイン:著 青山 護:訳

と、最近買った

「1人ビジネスであなたも年収1000万円稼げる!」 西田 光弘:著

という本です。


どちらも中途半端なので、後日改めて取り上げます。

ただ、「一人ビジネス~」のほうで、印象的なページに出会ったのでいち早く取り上げます。

・一人ビジネスは、1日12~14時間は働かなければならない。そして、「ある段階までは量が質に転換する」

カギカッコ内は、なかなかいい言葉です。体を壊さなければ、これが正論だと思います。

3食をトータル2時間、睡眠などを8時間ほど、ほかはすべて働く。ただし、働く時間の中で作業と仕事は異なり、作業ばかりに時間を取られないように工夫する必要がある。そして、週に1度の休みはきっちりスケジュールに入れておく。

私はサラリーマン時代、量が質に転換するということを体感していたような気がします。ただ、作業を仕事に変えられなかったのが、サラリーマンとして失敗した原因かもしれません。

続きを読む "最低でも12時間働け!" »

小泉内閣全員留任

選挙結果から妥当でしょうが、総選挙前後で、小泉内閣の閣僚入れ替えはありませんでした。

これで、現内閣の方針の元、各種構造改革が進むことになるのでしょう。

ただし、予断は許しません。道路公団の件、郵政公社の件、年金の件、財政赤字の件、自衛隊イラク派遣の件、北朝鮮拉致被害者の件、どの問題も正直言って、解決のメドが立っていません。

株価も、結局は先行きが不透明であるという点を反映し始めて、下落に転じているのかもしれません。

2003年11月18日 (火)

久しぶりに飲み屋に行く

しばらく余裕がなく、顔を出していなかった飲み屋に、顔を出してきました。

久しぶりに見るママ、マスター、そして店員の女の子たちは、変わらぬ笑顔で出迎えてくれました。

訳あってそれほど深酒はできないのですが、そこそこいい気分で飲んでました。

もう少し、頻繁に顔を出そうかな、と、そう思わせてくれる夜でした。

2003年11月17日 (月)

FF11続けてます

PS2のオンラインRPGを、とある事情から遊びつづけなければならない、という状況に陥ってます(^^;;;

オンラインRPGは、実は初体験なのですが、かれこれ2ヶ月ほど、遊びこんでます。まだ全体の1割も遊んでないとは思いますが。

なにせ、できることが多くて、いろころなことを試したくなるのです。キャラクターを育てることがRPGの肝ですが、本当に本人の好きなように育てることが出来ます。

ただ、実際にイベント(ゲーム内ではクエスト、ミッションと呼びます)をクリアしていくためには、ある程度のセオリーがあります。そのセオリーを外したり、わき道にそれた遊び方ばかりしていくと、時間ばかり過ぎていってしまいます。

体調を整えるために、息抜きも必要ですが、行過ぎるとこれもまた体に悪いので、要注意ですよね。

Qちゃんも人間だった

東京国際女子マラソン、高橋選手、負けちゃいましたね。

テレビ中継の実況は見ていませんが、28km近辺から失速してしまったようです。小出監督は「体を絞りすぎて、筋肉のエネルギーが足りなかった」というようなことを話しているようです。

6連勝していた高橋選手本人にも、油断があったのかもしれません。

今回の成績がアテネ五輪選考の参考記録となるのですが、高橋選手はかなり厳しい立場にたたされたといえます。

もっとも、今後の2レース、高橋選手より確実に強い走りをする選手が現れなければ、実績から選ばれる可能性もあるので、他の五輪を目指す選手も、気が抜けないところです。

2003年11月15日 (土)

LC試験も受けます(^^;;;

ほとんど試験マニア化しているかもしれませんが、試験をクリアすることが、最近いちばんのモチベーションだったりします。

LCとは、すなわちライフコンサルタント。生命保険専門課程の試験です。通常は、1年ほど経験を積んだ生命保険募集人が受験する試験だそうです。

ただ、CFP資格試験の「リスクと保険」よりはかなり優しいもののようです。

Webベースのスクーリングも終えており、あとは試験の直前までにワークブックと模擬試験をこなせば、無事に合格できると思います。

ただ、金融業界は、こうやってスキルアップを第3者が公平に判定するシステムがあって、いいなと思います。プログラマーのような職業にも、各種認定試験がありますし、合格する努力が実業に結びつくのはとってもうらやましいです。

もっとも、出版の仕事は編集などの実務スキルも大切ですが、より売れるものを探る嗅覚のほうが重要なんですけどね。

2003年11月14日 (金)

焦燥感

何をどうあがいても、決してうまく行かないと思えるときに、

なるべく早く、退く決断をする勇気が必要になる。

逃げてしまえば、楽になる。

走り出せたら、楽になる。

自分の思うままに人を動かせないのはわかりきったこと。

自分の思うままになるのは自分だけ。

法が私を縛るのに、あなたは私をすり抜ける。

法が私を罰しても、あなたは何にも感じない。

急ぎすぎたこと、焦りすぎたこと

周りの視線を気にしすぎたこと

すべてが私の愚かさならば仕方ないから受け入れよう。

だけどあなたも愚かだと、気付かせることできるかな?

私は何度も退いてきた。大事な場面で退いてきた。

そして私は再び、その過ちを自分の意志で冒すかもしれない。

2003年11月10日 (月)

与党安定多数、民主も躍進だが

11月9日は、衆議院総選挙の日でもありました。私は、CFP試験に行く前の午前中に投票を済ませました。

全国的には相変わらずの低投票率でした。ただ、私が行った投票所だけに関して言えば、いつもより人が多かったようにも感じました。いずれにせよ、選挙権は大事にしたいと思います。

さて、投票締め切り以降の各民放の報道をチラチラと見てましたが、多くの局で「民主党200議席以上の大躍進!」という予想を立てていたのが印象的でした。

実際には177議席と、局によっては30議席以上誤差があったわけです。私は、どうも民放は民主寄りだったような気がしてなりません。

また、菅代表が民放報道の200議席オーバーに気を良くして「自民党が前回選挙の233議席を単独で超えないなら、あの森政権よりも信任されないという意味で、小泉総裁の責任問題になるはずだ」など語っているのを見たとき、そのセリフは自民党亀井氏のセリフだろ? とか思ってしまいました。

自民党は追加公認と保守新党の合流により、実質的に単独過半数となり、公明党を含めた与党としては、安定多数を確保しています。圧勝とはいえないまでも、明らかに与党と自民党の勝利です。

もちろん、民主党も議席増を果たしたので勝利ですが、今回の選挙では政権を取れなかったわけですから、もっと謙虚な物言いのほうが良い気がします。

民主党はマニフェストも白紙にするそうです。では民主党ってのは結局何を目指すのか? 訳がわからない政党だな? と思っているのは、どうも私だけではないようです。

2003年11月 9日 (日)

無事試験終了

CFP資格審査試験、無事に終了しました。

今回、苦手な不動産運用設計の1科目のみの受験でした。直前まで過去問題を繰り返し、過去3回分の正解率は96.7%まで上がってました。

自分としては、準備に関してベストを尽くせたと思います。

本番ですが、準備のかいあり、6月の試験のときよりは解答できていると思えます。

いくつか、まったく予想もつかなかった問題が出題されましたが、1分考えて解けない問題はとりあえず飛ばす、という受験テクで乗り切りました(^^;;;

本番八掛け、と言われるとおりの結果になればよいな、と思いますが、単純に決められた点数をクリアすれば合格、という試験ではない点が不安材料です。

ともあれ、あとは発表を待つだけです。

2003年11月 6日 (木)

もうすぐCFP試験

CFP資格審査試験まで、あとひといきです。

ダイエックスの問題集もひととおり終えて、あとはもう一回、過去問題を繰り返してみればよいかな? という状況まで来ました。

7日の午後は所用で出かけるので、夜、戻ってからと、土曜日の1日を使って、最後の仕上げにかかります。

先月頭くらいからの体調不良のせいもあり、ホームページは不定期更新になってしまいましたが、活動内容を絞ったおかげで、勉強のペースはなんとか保てました。

あとは、無事に当日、試験を受けるだけです。多少はやさしい問題が出ればいいな、とは思いますけどね(^^;;;

2003年11月 3日 (月)

CFP試験対策順調です

CFP資格審査試験があと1週間と迫ってます。何度も書いてますが、今回の私の場合は、不動産運用設計のみの受験であり、その準備は自分でも驚くくらい順調に進んでます。

本日を含めて、過去3日間、過去問題を1回分づつ解答しました。平均解答時間は1時間20分、そして平均正答率は89.3%となりました。

本番では8掛け程度を見込めばよい、と言われています。8掛けであったとしても、当日の正答率は70%超えの可能性が出てきました。

正直、過去問題ばかり繰り返して解いているため、馴れが生じてしまっているのも事実です。気分を変えて、ほかの問題集を解いてみたい、という欲が出てきているくらいです。

ここまで書いて、「そういえば」と、半年前までお世話になってたダイエックスのテキストと問題集の存在を思い出しました(^^;;; 明日はこれらを解答してみようと思います。

ともあれ、当日に体調を崩すと最悪なので、健康管理にも気をつけつつ、気を引き締めて取り組みたいと思ってます。

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。