« 行きつけの歯医者は当たりか? | トップページ | 野球を見るならCSか? »

2004年2月27日 (金)

本人に会ってみないと実際にはわからない

結局のところ、報道なり出版なりというものは、作る側の意図が含まれます。

最近、私がちょっとだけ注目しているのは、「死刑廃止論」を唱える人たちの動向です。

どんな人にでも生きる権利があり、だれかれあろうと他人にそれを止められることはあってはならない。彼らの主張です。

海外では死刑のかわりに、終身刑があり、何があろうと一生刑務所から出さない、という仕組みの国もあるそうです。

全世界的に見ても、死刑を制度として残している国は減っており、そのうち、死刑制度を残す国は少数派になるのかもしれません。

それでも、死刑判決が出る容疑者が、客観的に見てすごい悪くてその判決も致し方ない、という場合、死刑廃止論の人たちの声を聞くことはありません。

もしかしたら、何かしらのアクションをしているのかもしれません。でも、それはほとんどの場合、報道されません。

日本の国民性として、どこかで勧善懲悪が根付いているのでしょう。悪い奴は打ち首だ、失敗した奴は腹を切れだの、そうなっても仕方がないのだ、その人が悪いのなら、と、そう思っている人が多いのでしょう。

もっとも、死刑廃止論を唱える人の中には、冤罪の可能性を重視している人もおり、そういう人は、いま話題になっている事件のような場合は、出てこなくなっちゃうのでしょう。

本人の主張は、その本人が良い方向に成長した場合を除き、ブレがあってはいけない、と私は考えます。ただし、最終的に読者なり視聴者まで届くまでに第3者が介在する場合、その第3者のフィルタにより、その本人像が作り変えられている場合があるのです。

したがって、その人を本当に知りたいなら、報道なり出版物なりを鵜呑みにせず、実際に会いに行って話をしてみるしかないのですよね。

※自分で読んで鳥肌が立った(>_<) 本人とコンタクトを取るハードルは、SNSの活用で飛躍的に下がってます。(2014/04/12追記)

« 行きつけの歯医者は当たりか? | トップページ | 野球を見るならCSか? »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。