« 証券会社と生保の強力タッグ! | トップページ | 最初の3人は無事救出! »

2004年4月16日 (金)

【祝カテゴリ分離?】取引開始

口座を作ったら、そりゃ、取引してみないと、でしょう。

というわけで、前回の続きです。

保険代理店を営む身として、ファイナンシャルプランナーとしてどのようにお客様と接するかを勉強している身として、さらにはこれまでの投資経験での証券会社営業とのやり取りを経験している身としても、異例なことだらけです。

商品先物取引というのは、社内的に顧客として認識されていない状態でも取引できるんですね。びっくりしました(--;;;(そのわりに本人はやる気満々であるが)

時系列に上げてみましょう。

実は、昨晩のうちにインターネットトレードで銀行から指定の口座に入金しました。いまどき、手数料が顧客持ちです(^^;;; もっとも、書類提出日のその晩の入金だからある意味当たり前なのでした。

そして、友成正治・著「株(資金100万円から)で億万長者へ歩んだ方法」をざっと振り返っておきました。

実はこの本、3分の1は商品先物投資を解説してるのです(^^;;; 135ページにはこんなことも書かれてます。

商品取引員の選択の次のポイントは、取引の最小単位である。(中略)顧客管理のコストなどから「最低10枚」とか「初回だけは10枚以上」のようにハードルを高くしているところもある。そのような取引員はこちらから願い下げにしたい。

やっぱりな~と思いつつ(--;;; 翌日に備えて寝たのでした。

で、朝9時20分くらいに、先方へ入金済みの電話連絡をしました。10時直前、折り返し電話がありました。「入金を確認しました。この後、本社から改めて連絡します。内容は受取書類の確認などです」とのこと。

10時直後に電話をいただいた本社の人は、さすがにいろいろ丁寧でした。そして、何か不明な点などあれば、顧客サービス室まで電話をくれとのことでした。この電話が実はフリーダイヤルなので、注文電話以外は顧客サービス部のほうに連絡すればいいか、と思いました。

本社からの電話が済んで、「じゃ、せっかくだから顧客サービス部に追証と決済の順番について確認してみよう」と思い、さっそくフリーダイヤルに連絡しました(^^;;; が、「顧客番号を教えてください」と言われて固まりました。そーいえばそんな番号さえまだやり取りされてないんですけど(--;;; 本当に取引していいんでしょうか?

いよいよ本番です。10時50分ごろに営業から電話がありました。「では、今後ともよろしくお願いします、注文のほうは専属ディーラーにお願いします」ということだったので、その方と話をしました。最初の約束通りの注文をしたのでした(詳しくは内緒)。

成行注文だったので、さっさと約定の連絡が来るのかな? と思いながら、商品先物系Webサイトやその会社のサイトで値動きを確認したり、受け取った書類の中の「商品先物取引委託のガイド」を読んだりしてました……仕事は? という話はおいといて(^^;;;

約2時間、何も音沙汰なく過ぎてしまいました。仕方ないので、13時過ぎに電話しました。そしたら「10時52分に約定してます」とのこと。だったらさっさと連絡よこさんかい~(^^;;; 初取引の顧客だぞこっちは。

しょーもないと思いつつ、今日はこれで終わりかな、と思ったら、17時20分ごろに携帯電話が鳴りました。午後は携帯のほうが捕まりやすいと、先方に伝えてあったのでもしや、と思ったら、本社の人でした。

「本日さっそくの取引ありがとうございます。内容を確認させていただきます」とのことで、丁寧な連絡をいただきました。営業からも連絡があったか? との問いには、「こっちから電話して取引内容を教えてもらった」と言っておきました。ついでに、委託証拠金預り証や売買報告書などの書類はいつ届くの? など、確認しました。

さらにもう1本電話がありました。18時過ぎに、今度はディーラーからでした。これがいちばん傑作な内容だったかもしれません。

「本日、○○円で約定しましたが、いや~いいところで買えました。本日は○○+α円まで上がりました」
※はぁ、そうですか。でもその○○+α円、本日の高値なだけで、すで現在値は約定価格を下回ってるの確認済みなんですが。

「いま、全国からガソリン先物を買う資金が流れ込んでいて、それを考慮すると来週には○○+γ円くらいになりそうです」
※ふーん。どういう理論で計算してるんだろう?

「つきましては、今のうちに資金をつぎ込みませんか?」
※御社からはまだ顧客番号も委託証拠金預り証も売買報告書ももらっとらーん(--;;;

とりあえず週明けまでは現状のポジションを維持すること、現段階で資金をつぎ込むつもりは無いこと、そもそも金を出してるのは私あること、などを伝えて電話を切っていただきました。

波乱万丈な商品先物取引第1日目でした。

※リンク修正、追加しました。(2014/04/20追記)

« 証券会社と生保の強力タッグ! | トップページ | 最初の3人は無事救出! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

FPよもやま話:金融資産運用」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。