« 新しい出会い | トップページ | 政治不信による投げか? »

2004年5月10日 (月)

スピード感の違い

先日、途中まで書いて止まっていた先物取引を経験した後の心境の変化について、改めて書こうと思います。

※数字の間違いがあったので、一部修正(12:30)

株式投資と商品先物取引の違いで一番強調したいのが、やはりレバレッジの大きさによる資金増減のスピードです。

株式投資では基本的に、時価による売買になります。仮に5月10日に、ソフトバンク(9984)を1単元買おうと思ったら、525000円の予算が必要です(Eトレード証券で成行による買い注文の場合)。そして、資金を倍にするには、株価が単純に倍になる必要があります。

商品先物の場合、仮に5月10日に、東京ガソリン11月限を買い建てる場合、ザラ場のどのタイミングであっても、105000円で1枚分の権利が得られます。31000円だろうが32000円だろうが変わりありません。そしてもし、31000円で買い建てた玉を、32000円で売り決済できれば、そのときの差金は100000円となります。たった1000円の値動きで、ほぼ2倍の資金になるのです。

繰り返し、なぜ1000円の値動きで10万円の差金になるか解説します(重要なのでしつこく書きます)。

31000円とか32000円は、ガソリン1キロリットルの値段です。1枚は、ガソリン100キロリットルです。これは、株式が1株単位の値段で表示されても、実際の売買は100株や1000株すなわち1単元で行うのと同じ理屈です。

1枚分の権利が100キロリットルですから、1枚買い玉を建てると、
   31000円×100キロリットル=3100000円
すなわち、310万円のガソリンの権利が成立したことになります。次に、買い建てしたものが32000円になると、
   32000円×100キロリットル=3200000円
すなわち、320万円のガソリンになっています。売り決済をすれば、
   320万円-310万円=10万円
となり、手元には元々の10万5000円と、差金の10万円が残る、というわけです。

ここで、取らぬタヌキの皮算用をしてみます。

ソフトバンクの2003年12月22日の始値が2815円でした。ここから、2004年4月5日の終値5710円まで待たないと、2倍にはなりません(ソフトバンクのチャート:ヤフーファイナンス)。

一方、東京ガソリンの場合、チャートを見る限り、1000円程度の値幅取りのチャンスが何度も訪れているように思います(石油系のチャートの一例:ひまわりエナジー)。

株式ではソフトバンクを例にあげてみましたが、実際には株式上場銘柄は何千もあります。その中から、2倍、3倍になる銘柄がほかにもあるでしょう。

しかし、その数千銘柄の中から2倍、3倍になる銘柄を探し当てるよりも、商品先物の数銘柄をじっくりと研究するだけで何度も資金を倍にできるチャンスを迎えられるなら、どちらのほうが楽でしょう? しかも、より少ない資金でそれが可能だとしたら。

もちろん、間違ったときには極力早く損切りを行うのが前提です。損切りをしたとしても、次のチャンスは株式よりも早くやってきます。間違いにすぐ気がついて、損を可能な限り小さくし、次の儲けではなるべく大きく取る。

レバレッジが高く、資金増減のスピードが早い先物取引では、投機家側もより早い判断が必要です。そして、このスピード感を利用できるようになって初めて、投機で生活費が稼げるようになるのでは、と思います。


※チャートは、表示現在のものであり、本文とはかなりずれてます。ご了承ください。また、東京ガソリンの証拠金や倍率は現在変更されてます。(2014/04/21追記)

みんなのコモディティ:ガソリン

« 新しい出会い | トップページ | 政治不信による投げか? »

FPよもやま話:金融資産運用」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。