« 持ちこたえちゃった | トップページ | 燃え尽きないようにしなければ »

2004年7月11日 (日)

オニールはつまらん

ある程度、投資系の本を読みこなしてくると、納得がいかない本に出会う確率が高くなってきます。それだけ、いろいろな考え方を吸収し、自分の中で確固たる信条ができつつある証拠だとは思います。

「オニールの相場師養成講座」(パンローリング社)は、現段階の私としてはハズレの本でした。株式投資を始めて3冊目くらいに読む本であったなら、逆に評価がかなり高かったと思います。要するに、当たり前の内容ばかりでした。

それ以上に違和感を覚えたのは、株価を上げるためには、最後は政治頼みであるかのような内容に移っていった点です。

CAN SLIM法とは、要するに一株あたり利益が着実に伸びている会社を探し、新商品、新経営陣などの目立つ動きを示したときに、チャートを見て動きを確認しながら、なるべくよいタイミングで株式を買おう、という内容です。

オニールという人は、買った銘柄が比較的すぐ思惑通り上がらなければならないという考え方の持ち主のようです。そのための研究は怠り無く行われているようで、その点は敬意を表します。

私は通常、Eトレード証券のHTと野村證券のHTを使っていますが、CAN SLIM法をそれらのスクリーニングに当てはめると、次のようなパラメータになるのかな? と思います。

・Eトレードスクリーニング
 ROEが17%以上
 過去3年平均売上高変化率が25%以上
 経常利益変化率がプラス
 1日平均売買代金の降順ソート
 75日移動平均線乖離が0%以上

 以上で選択した銘柄のうち、クオンツスコア55以上のものを探し、さらに、四季報で1株あたり利益の伸びを確認して銘柄決定。あとはニュースとチャートを定期的にウォッチして買い場を探す。

・野村證券版クイックスクリーニング
 売上高伸率が25%以上
 ROEが17%以上
 株価位置が85以上
 
 以上で選択した銘柄に対して、四季報、最新ニュース、チャートをチェックして買い場を探す。

※スクリーニングにより銘柄が絞られすぎる場合は、自己責任である程度数字を動かす必要あり(^^;;;

最終的に、買い場と売り場を探すのが一番難しいです。投資を始めた人なら誰でもそう思うでしょう。

うまく買い場と売り場を探せるようになるまで、オニール氏は損得の割合を3対1にするよう提唱しています。おおよそ、利益は25~30%で確定し、損失は7~8%で抑えるようにする、とのことです。そして、経験を積むにしたがい、「例外」をつくっていく。経験が浅い段階での例外はケガの元です。

天井を見極めるためには、ディストリビューション(株価が下がっているのに出来高が上がっている日)に注目する。底値はわからないので、目先の底値(年初来安値とか)をつけた日から4日~7日待ってみる。出来高が伴って上がる場面があればその段階で打診買いしてみる、とのこと。

一部分を切り出すと役に立ちそうな内容がありますので、そこそこ勉強にはなったと思います。

最後に、オニール氏は、時代ごとに市場をリードする銘柄が入れ替わってきたことを強調しています。政府に対しては、新興企業への優遇税制と投資減税を促し、その新興企業が上場するような会社になったときの経済的効果は絶大だと説いています。すなわち、新しい時代には新しい銘柄が重要であり、それが生まれる社会環境は政府が作るべきだ、ということのようです。

この最後の部分が、私としては蛇足に思えて仕方がありません。最後は政治頼みなのでしょうか? ほとんどの投資家は、政治が変わろうが変わるまいが、投資で儲けられると考えている気がします。やはり、投資家は国の政治という手のひらの上でいい気になっている孫悟空なのでしょうか?

※のちに「国策に売りなし」のような格言も覚えました。(2014/04/30追記)

« 持ちこたえちゃった | トップページ | 燃え尽きないようにしなければ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

FPよもやま話:金融資産運用」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。