« 五輪:北島、平泳ぎ最強を証明! | トップページ | 今週のM.I.Q.:フリー・フェア・グローバル »

2004年8月19日 (木)

チェッカーズの思い出

当ブログ過去記事:元・チェッカーズメンバー、がんで死去

先日、チェッカーズを取り上げました。きっかけはクロベエこと、ドラマーの徳永善也さん死去に関するニュースでした。その後、私の予想以上にアクセス数が増えました。たいした情報もなかったはずなのに恐縮です。

評論家然としてしまいますが、改めて私のチェッカーズに関する思い出を書いてみたいと思います。

ウィキペディア:チェッカーズ

チェッカーズの結成は1980年、メジャーデビューは1983年でした。当時はアイドルで言えばたのきんトリオ、松田聖子などが大人気。また、現在でも「花の82年組」と呼ばれるしぶガキ隊、松本伊代、小泉今日子、中森明菜などなど、どちらかといえばアイドル全盛。その一方で演歌とアイドルの中間であるニューミュージック勢、松山千春、さだまさし、長渕剛、松任谷由美などが多くのファンを獲得していました。

チェッカーズは、アイドル全盛時代の中で、アイドルチックなロック系バンドというイメージが強かったように思います。

デビュー曲の歌詞そのままのようなキャラクター、バンド名そのまんまのチェック系衣装(^^;;; 藤井フミヤのボーカルはもちろんかっこうよいのですが、高杢禎彦、鶴久政治のコーラスそして藤井尚之のサックスも印象的なバンドでした。

本格的に人気が爆発したのは、テレビ東京系(当時はまだ東京12チャンネルだったかな?)の「おはようスタジオ(志賀正浩さんが司会をしてました)」にて、レギュラー出演だったかな? それに近いヘビーローテーションがかかるようになってからだったと記憶しています。2曲目の「涙のリクエスト」が大ヒット。それに釣られてメジャーデビュー曲「ギザギザハートの子守唄」の人気が再燃、3曲目の「悲しくてジェラシー」発売に至っては、オリコン史上初の「3曲同時シングル週間ベストテン入り」を果たすほど、人気が過熱しています。

個人的に思い入れが強い曲は、「Song for U.S.A.」です。テレビ、映画、とアイドル的な活動をフルに行っていた彼らが、この曲を最後に以降、オリジナル曲、そして音楽活動中心へ軸を移していきます。

キュート・ビート・クラブ・バンドという挑戦を行ったのも、音楽性重視の活動の中から生まれたものでしょう。

自分たちの音楽性追及と、アイドル的な人気で何をやってもそこそこ売れてしまうというギャップ。バンドとしての晩年は、そのせめぎあいだったのかもしれません。そして、1992年の大晦日、紅白歌合戦のステージを最後に、チェッカーズは解散してしまいました。

藤井フミヤはその後、ソロ活動とか、実弟藤井尚之との活動などで音楽業界で目立った活動を続けていけているように思います。もっとも、最近はCGクリエイターとしても活躍しているようですが。

80年代は、私にとっていちばん多感な時期でした。その時期に世の中の注目を特に集めていたスーパーバンドが、チェッカーズだったのです。年齢的にも実は、私とそれほど離れていないのに、そのメンバーがもう、集うことがありえない、という状況になってしまうとは、本当に悲しいです。

※リンク等、処理しました。ニュースサイトへのリンクってやっぱりダメですね。(2014/05/04追記)

« 五輪:北島、平泳ぎ最強を証明! | トップページ | 今週のM.I.Q.:フリー・フェア・グローバル »

音楽」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。