« 留守番電話はなんて便利? | トップページ | 体調維持にストレッチをしてみよう »

2004年12月 1日 (水)

今週のM.I.Q.:要するに借金をどうするか?

なんとなーく、今週のM.I.Q.を読んでいて、むなしさを感じてしまいました。

黒場先生はマネーの面だけを見て「この店はやめるしかない」と言い切ってしまい、さっさと行ってしまいました。

たしかに、青井ヒトミさんのレストランは、現状の借金まみれの経営では、いずれつじつまが合わなくなるのだろうな、と思います。

最近では会社経営を調査する際に、損益計算書、貸借対照表以外にも、キャッシュフローを確認するのが重要である、という認識ができつつあります。

損益計算書や貸借対照表に比べて、キャッシュフローはいじりようがない、というのがその理由です。

会社経営においては、3種類のキャッシュフローがよく出てきます。

・営業活動によるキャッシュフロー
 本業で儲かっているならもちろんプラス。実際には減価償却や、有価証券や固定資産の売買による損益もここに入る。

・投資活動によるキャッシュフロー
 有価証券や固定資産などを買うと、現金が出て行き(支出)、マイナスになる。有価証券や固定資産を売り払うと、現金が入る(収入)のでプラスになる。

・財務活動によるキャッシュフロー
 借入(借金)をすると、現金が入る(収入)のでプラスになる。借金返済は現金が出て行く(支出)のでマイナスになる。

※損益と収支の違いに要注意。

一般論では、営業キャッシュフローと投資キャッシュフローと財務キャッシュフローの比率が

    8:-1:-1

であるのが理想的、なのだそうです。もちろん、業種業態によっては比率が変わるものでしょうし、ある時期に一気に借金を返済するなどしたら、バランスは崩れるのでしょう。

で、レストラン経営において有価証券や固定資産は毎日売買するものではない、と仮定し、投資キャッシュフローはゼロとします。そうだとしても、青井ヒトミさんのレストランにおいて、営業キャッシュフローと財務キャッシュフローの比率は、

    3:-2.7  (ほぼ1:-1)

となり、たしかにこれではまずいですよね。せっかく入ったキャッシュがすぐ出て行くのですから(^^;;;

「“カネモチの公式”におけるマネーのI.Q.その1! “借金の返済という支出を減らせ”だ!!」(黒場先生)

そして、マンガの中では、店を続けながら借金を返済するのは難しい。むしろ店をやめ、ほかの飲食店にサブリースし、家賃収入でせっせと借金返済することがベターかのように描かれています。

それでは身もふたもないし、ヒトミさんの気持ちを何も考えていない。実際、かなり思い入れのある土地で、しかも借りている土地らしい、というわけで、小田ちゃんが八木くんと三浦くんを巻き込んで人肌脱ぐことになりました。その行方は非常に楽しみです。

ただ、私が一番気になったのは、付加価値を生み出せないなら何もしないほうがよい、というふうに読める黒場先生の主張です。まぁ、ヒトミさんとは初対面でそれほど思い入れはないでしょうが、ちょっとクールすぎるように思います。

« 留守番電話はなんて便利? | トップページ | 体調維持にストレッチをしてみよう »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。