« W杯予選:イランに敗れる | トップページ | たけし、モナ・リザを語る »

2005年3月26日 (土)

外貨から始めるのは実は合理的なんです

アセットアロケーションに関する知識を少し学ぶと、最初に始めるべき投資は外貨預金もし外貨MMFなのではないか、と思います。そのような行動は合理的であると感じます。

多くの日本人が、日本で暮らし、日本の通貨である円で給料をもらい、円を貯蓄し、円を使っています。したがって、ほとんどの日本人の資産形成(預貯金)が、円の割合が100%の状態からスタートします。

そしてある程度預貯金がたまると、不動産(自宅)を買ったり、リスク資産(主に株式)を買ったりします。

日本経済が好調であり、対応可能なインフレが続いているなら、俗に言う財産3分法で十分です。預貯金(債券)積み立て、不動産購入、そして株式投資の3つを、バランスよく行うことで資産全体を守るのです。これが、アセットアロケーションの基本になります。

ただし、不動産と株式を組み込んだとしても、この段階では日本円の割合が100%であることに違いありません。これでは、日本のみの景気動向に資産の増減が左右されてしまいます。土地価格も下がり、株も下がり、債券利回り(銀行利子)も下がる、なんていうことが起こると目も当てられません。

しかし、日本が不景気であっても、海外に目を向ければ、好景気である場合があるのです。そこで、その好景気の恩恵を受けよう、というのが外貨投資になります。

例えば、アメリカの通貨ドル、ヨーロッパの通貨ユーロに、いくらかのお金を変えてしまうのです。そうすると、日本と比較しても高めの金利が享受できます。

そして、一般論になりますが、日本が不景気のとき、円安が進みます。円安が進むということは、ドルやユーロに変えた外貨には含み益が乗ります。

もちろん、過剰に外貨に頼るわけにはいきません。日本の景気が良くなれば、円高になります。円高が進むと、ドルやユーロに変えた外貨に含み損が出るからです。

すなわち、為替リスクがあるというわけです。

さて、株式投資の価格変動リスクは非常に高いです。かなり多くの人が株式投資をしない最大の理由です。
そして、不動産は通常、非常に多くの資金が必要であり、流動性リスクがかなり高いです。

外貨の場合、価格変動とはすなわち為替リスクですが、それは比較的穏やかです。そして、まとまった資金も必要なく、流動性(換金性)も非常に高いです。

したがって、日本円100%での運用を始めたばかりの人が取り掛かるリスク資産として、通貨分散が行えて、しかも流動性リスクが低く、価格変動リスクも比較的限定的な外貨預金、外貨MMFからスタートするのは、理にかなっているんです。

リスク資産がどうしても苦手という人は、まずは外貨MMFから始めてみるのはいかがでしょう?

※日興コーディアル証券監修にて、外貨投資に関するコミックが発売されているそうです。

※リンクの修正などしました。(2014/05/21追記)

« W杯予選:イランに敗れる | トップページ | たけし、モナ・リザを語る »

FPよもやま話:金融資産運用」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。