« そろそろインフレ本格化か? | トップページ | 自支店のATMも知らない従業員 »

2005年4月13日 (水)

40円切手が、無い!

先日、「どんどん顧客が集まる魔法の手紙DM」という本を読みました。その中には、手紙を手にとってもらったときに目立つためのテクニックが載ってました。

そのうちのひとつ「切手は2種類使う」という方法が面白いと思ったので、最近使ってます。絵柄の異なる切手を2枚使うと、たしかに地味な茶封筒が多少でも華やぎます。

そんなわけで、90円の郵便代を50円切手と40円切手の組み合わせで送ってみようと思い、郵便局に40円切手を買いに行きました。そこに落とし穴があるとは知らずに。

今現在、私は50円切手を2種類持ってます。普通のメジロ(緑っぽい鳥)が描かれた50円切手と、年賀状送付用に使った平成17年度年賀切手(ニワトリの置物の絵柄のやつ)です。お年玉付きハガキを使わずに年賀状を送ろうとしたときに、少々購入枚数を誤ってだいぶ余っていて、年賀用50円切手をなるべく早く消化してしまおう、とも考えていました。手紙DMの切手テクニックとあわせて、一石二鳥だと思ったわけです。

さて、ろくに調べずに郵便局の窓口にて、「40円切手ください」と伝えました。意外な返事が返ってきました。

「40円切手はありません。10円と30円の組み合わせ、もしくは20円切手で倍の枚数での購入になりますが」

へ? と、狐に包まれたような顔をしていたかもしれません。もう少し詳しく事情を聞きました。

「それは、40円切手の在庫がないという意味ですか? それとも40円切手は発行されていないという意味ですか?」

窓口を含めて数人で話を確認をしたうえでの結論は「今現在、40円切手は発行されてません」とのこと。

へ~へ~へ~(15回くらい)。

たしかに、ゆうびんホームページにも、40円切手、そしてさらに意外にも60円切手は掲載されていませんでした

ろくに調べもせずに40円切手を買いに行くのも浅はかでしたが、まさかないとは思っていませんでした。

通常郵便の切手代は、第一種定型郵便は今現在、25ミリグラムまでは80円、50ミリグラムまでは90円になってます。郵便切手を2枚に分けるには、80円なら30円と50円、90円なら10円と80円、もしくは20円と70円の組み合わせになるというわけです。

もちろん、古い切手を探せば、40円切手も出てくるかもしれませんが、古切手を探すのは手間のかけすぎのような気がします。

一瞬、50円、30円、10円の組み合わせにして、3枚の切手を貼ろうかとも思いました。ただ、すでに封書のラベルを貼った後で、定型封筒だと窮屈なイメージになりそうだったのでやめました。

まぁ、40円切手、60円切手はない、という前提で、今後は切手の2枚貼り、3枚貼りの組み合わせを検討すればよいのでしょうね。


※切手の販売ラインナップは時代に応じて変わっているようですので、最新情報をご確認ください。(2014/05/21追記)

日本郵便:切手・はがき情報 > 切手 >普通切手一覧
郵便局:切手SHOP

« そろそろインフレ本格化か? | トップページ | 自支店のATMも知らない従業員 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

FPよもやま話:そのほかいろいろ」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。