« 保険の内容をよく吟味しよう | トップページ | 4/25-28:しばらくは下落を覚悟すべきか »

2005年4月27日 (水)

小説家になりたい友人

小説を出版したことのある友人(男性)と比較して、小説を書いてみたいという友人(女性)の話を聞いていると、そのやる気に関しては少々買ってもよいか、と思う反面、実際にはまったく小説を書いていなかったりする。書いたものを読ませろ(いちおう元編集者である。小説のそれは経験ないけど)、といっても出し渋る。人生経験はそこそこ豊富なのだからそのままを文章にするだけでも十分小説なのだろうから、と説得してみても、その歩みは遅い。

西洋風のポジティブシンキングによると、夢を語り、その夢を実現するための行動を続けているなら、人は必ず成功するのだという。成功しないのは、途中であきらめてしまうから、自分で勝手に限界点を作ってしまうからなのだという。

勝手に限界点を作る、ことに関しても、常に成功をイメージしていたら本当に成功する、ということに関しても、実体験として心当たりがある。

思春期のハシカのような症状として、多くの人が芸能界や、スポーツ選手のような、己の力によってのし上がっていく世界に憧れる。もちろん、トップクラスの実績を上げて、本当に稼げるようになる確率はかなり低い。リスクが高いがあきらめずにがんばる人もいる。

プロ野球などスポーツ選手の場合、まずその素質として、せめて自分が通う学校、市町村、あわよくば県レベルでトップクラスの体力、走力、能力などがないと勤まらない。その上で、やはりすばらしいコーチに見てもらい、運よくよいアドバイスなど受ける必要があるのかもしれない。多くの人にとって、スポーツ選手として一流を目指すというのは、比較的早い時期に高いハードルにぶち当たるがゆえにあきらめやすいのだと思う。

ところが、歌手とか、小説家という知的労働の比重が比較的多い職業を目指す人というのは、これはハードルが低いように見えるせいだと思うが、かなりあきらめが悪い。そのあきらめの悪さを、粘り強さに転化させることができるなら、時代が勝手にその人を求めてくるのを待っていれば良い思いができるのかもしれない。

特に、小説家を含む文筆業に関しては、パソコンとインターネットの発展により、ろくに漢字の意味を知らなくても、文章を読みこなし、組み立て方のコツをつかんでいるなら、誰にでもチャンスが手を差し伸べてくれているようにも見える。

その友人(女性)に最初に出会ったころ、短編で十分だから、インターネットのホームページに公開して読んでもらい、反応を聞いてみれば、というアドバイスをしてみた。しかし彼女は、日記っぽくなりがちな文章をなんとなく公開するだけ、というような後ろめたさ、気恥ずかしさを感じて嫌がっていた。その前に、ホームページ作成のハードルの高さも障害だった。自主的にADSL回線を引いて、インターネットを楽しむなんていうユーザーは、まだそれほど多くないのだな、と改めて感じて、そのときの話は比較的早くしぼんだ。

先日、久しぶりに彼女と、小説を書くことに関して話し込んだ。当時のことを彼女はよく憶えていた。そして、昨今の、インターネット上のテキストを元に出版が行われ、それがものによってはかなり売れている、という話も知っていた。

「あのとき、言われたとおりにホームページを立ち上げてみればよかった。でも、何かと忙しいのよね。」 夢を実現できない人は、やはりまず後悔と言い訳が先に口に出る。

彼女には、最近はブログというものがあり、もっと簡単にインターネットで作品を公開できるようになっているから、今度こそやってみれば、と話をしてみた。しかし、今の様子だと、彼女はやはり、日々の生活に終われ、子育てに忙しく、働いて過ごすだけで終わりそうである。

ところで、先のもう一人の友人(男性)は、後に大病を患い、生死をさまよったのだが、無事に回復し退院した後、そのときの様子を残したメモを元に、闘病記をブログで公開している。まさに文筆業根性のたまものであり、本気で小説家など目指すのであるなら見本にしてほしい行動である。ちなみに、未完の戦記ものをこの連休中に完成させる予定とのこと。彼は執筆に関する企画の話をするときは生き生きとしていて、見ていてとても気持ちがいい。

« 保険の内容をよく吟味しよう | トップページ | 4/25-28:しばらくは下落を覚悟すべきか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。