« FPフェア(3) 自主セミナーへの道は厳しい | トップページ | 5/16-20:2点底を打ったか確認が必要 »

2005年5月21日 (土)

FPフェア(4) 同業のパネルディスカッション

FPフェアの4コマ目は、証券仲介業に関するパネルディスカッションでした。

参加者ご本人たちもびっくりされていたように会場は大盛況。証券仲介業は稼げるのか? と半信半疑な人たちも含めた熱い視線が、パネラーたちの本音を引き出していたようにも感じました。

ちなみに参加者は、コーディネーターがCFP認定者の中西誠氏

パネラーは
FP石原の石原基次氏
ウィッツ・ファイナンシャル・サービスの芝田佳代さん
Jパートナーの舌古孝之氏
名南経営の則武佳保里さん

以上5名で進んだのでした。

私は、証券仲介業を行うに当たり、保険と同様、毎月小額(といっても1万円以上)の積立貯蓄感覚で投資してもらえるお客さんが増えればよいな、と常々思っています。

今回、パネラーとして招かれた人たちは、相対的に証券仲介業で成功されている人だと思います(則武さんだけは仲介業ではないのですが)。その人たちいわく、現状ではやはり、すでに持っている人たちがペイオフ対策などにより、仲介業と付き合いを始める、というケースが多いようでした。それでも、積立に関してはどのパネラーも重要性を感じているようです。ただ、積立額が100万円単位のお客さんがいるという(^^;;; 特殊すぎて参考になりませんね。

持つ人は運用を考え、持たない人はそれどころではない、という状況は、やはりもう少し何とかしたいと思います。

やはりなんといってもペイオフは、持つ人にとっては一大事だったようです。ただ、ペイオフ対策のアプローチの根底にライフプラン、ファイナンシャルプランがあることが重要です。そうすると、銀行にはどれくらい残せばよいか、保険を活用する必要はないか、証券投資も、お客のリスクに見合っているか、総合的な判断ができます。それがファイナンシャルプランナーの強みです。

ファイナンシャルプランナーがワンストップで証券と保険を扱えるというのは、武器になっていくのでしょう。

今後、ファイナンシャルプランナーが資産運用のアドバイスをする局面は増えていきます。もちろん、個別株の指図などはコンプライアンスの問題でできませんが、おおまかに資産運用をどのように考えるのかをアドバイスする必要はあるでしょう。そのさいに基本になるのは、やはり時間分散(できればドルコスト平均法)、通貨分散(円と外貨)、銘柄分散(株式投信、外債投信、もしくは個別債券)を実直に行うことなのでしょう。

顧客のリスク感度にあわせた、アセットアロケーションの構築と、その実行援助ができるファイナンシャルプランナー、今後はどんどん増えるのではないでしょうか?

質問コーナーにて、「(証券仲介業は)儲かるのか?」という質問が出ましたが、これはいまいち愚問に思いました。本人が儲けられるかどうかは本人次第です。これはどの職業でも同じです。ファイナンシャルプランナーをする上で、よりお客様の役に立つためのシステムとして、証券仲介業を活用する、くらいの姿勢でいるほうがよいのでは、と思いました。


※一部リンクを整理しました。(2014/05/22追記)

ライブドアブログ:FP芝田の日記(芝田佳代氏のブログ)
Twitter:芝田 佳代

« FPフェア(3) 自主セミナーへの道は厳しい | トップページ | 5/16-20:2点底を打ったか確認が必要 »

FPよもやま話:そのほかいろいろ」カテゴリの記事

FPよもやま話:金融資産運用」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。