« FPフェア(5) 世界中のファイナンシャルプランナーの貴重な話 | トップページ | 3Kは何事にも重要だ »

2005年5月24日 (火)

保険の理解が深まれば選択も変わるだろう

最近、保険証券を分析する手伝いをしているのですが、人それぞれだなと改めて思います。そして、この人は本当にこの保険に納得して加入しているのだろうか? とも思います。

保険料に支払われるお金は、生活費の中では余裕資金に分類されます。もっとも、余裕が無くても最低限の保険には入っておいたほうがよいのですが、保険にお金を回しすぎて、日々の暮らしが苦しいとうのは明らかに本末転倒です。

いや、十分に暮らせるので、高額な保険料の支払いに耐えられるのかもしれません。

生命保険は、契約すると税金がまけてもらえる珍しい商品である、という話をしたことがありますが、それでも年間10万円までの支払いに対して、生命保険料控除が5万円分使えるだけです。

基本的に掛け捨てであろう生命保険は、年間支払額10万円程度に抑えるべきであろうと、税制面から示唆を与えているようにも思います。

どうせなら、年間10万円までの年金保険の支払いに対して、年金保険料控除5万円分もフルに活用したほうがよいですね。保険料分の金額に対して税金が節約できる上、年金としてもらうときまで、運用利益に対する所得税が繰り延べされているはずです。実際に年金受け取りするさいにも、雑所得による税金はほとんどかからないと思われます。

でも実は、以上の仕組みは、国民年金にも当てはまりますけどね。国民年金の場合は、保険料全額が社会保険料控除として使えます。そして年金として受け取るさいに、まず公的年金控除を受けた後の金額が所得税の対象となるのです。また、国民年金基金の場合は運用利益への課税も繰り延べされているはずです。

そういえば、FPフェアのセッションでおもしろいたとえ話を聞きました。国民年金が仮にいまのところの上限の16900円まで上がったとします。その金額を40年フルに支払うと、約800万円になります。それに対して、もらえる金額、将来は目減りしたとして年金60万円だとしましょうか? 

仮にそうだとしても、800万円に対して、毎年60万円の配当を受け取れる金融商品が、この世の中にあるのでしょうか! と、その方は力説していました。ちなみに、配当利回り約7.5%です。

国民年金、かなり悲観的な数字を出してます。もし、今の金額で比較したらどうなるでしょう。保険料は13580円です。40年完納で約652万円。そのときの年金額が79.5万円です。配当利回り約12.1%・・・。

比較してはいけないかもしれませんが、日本一売れてる投資信託のグロソブでさえ、基準価格8000円程度に対して、年間税込み配当額は480円(いまのところ毎月40円)。配当利回り約6%になります。グロソブは投資すればすぐもらえる、年金は時間がかかる、という違いはありますけどね。

配当利回りと比較するところがミソだったりします。配当といえば株式投資。株式投資の元本には増減のリスクがあり、最悪、発行体がつぶれるとゼロになります。保険料はそもそも帰ってくることを期待してはいけないと暗示させる効果もあるかもしれません。

ともあれ、こんなに有利な年金制度があることに気が付けば、とりあえず民間の年金保険は後回しにすべきだな、という判断も出来ると思います。国も国民年金の徴収効率を上げたいなら、税制面で生命保険料控除の見直しをするべきでしょう。例えば、年金保険料控除の廃止、そのかわり生命保険料控除の増額、という形でもよいかもしれない、というのが私見です。

« FPフェア(5) 世界中のファイナンシャルプランナーの貴重な話 | トップページ | 3Kは何事にも重要だ »

FPよもやま話:リスクマネジメント」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。