« 与党はもちろん、自民党単独過半数へ! | トップページ | セ・リーグ阪神にマジック »

2005年9月12日 (月)

自民圧勝! 与党で327議席獲得

9月11日投開票が行われた衆議院選挙、最終結果は次の通りでした。

自民党 296議席
公明党 31議席

与党合計 327議席

民主党 113議席
共産党 9議席
社民党 7議席
国民新党 4議席
新党日本 1議席
諸派(新党大地) 1議席 
その他(無所属) 18議席

与党以外合計 153議席

いやしかし、ここまでの与党圧勝は想定外です。小選挙区制が、いかに一方的に結果がぶれるかを示す好例ではないでしょうか?

今回の選挙に関して、私の感想を3つ上げてみます。

・わかりやすければ、より多くの人が理解でき、行動に移せる
今回の投票率は、67%台だったそうです。ここ数回は60%前後だったことを考えると、だいぶ回復したといえます。なぜ回復したのか。期日前投票が利用しやすくなり、別に選挙日当日でなくても投票してもかまわないと考えた人が増えたこともあるでしょうが、やはり小泉首相がわかりやすい選択肢を与えたことにつきるのではないかと思えます。

郵政民営化を賛成か、反対か。

郵政民営化を賛成し、その後も特定の既得権益などに左右されない政治に賛成か。

特定の既得権益を守ることが、地元利益にもかない、それを重視するがために郵政民営化に反対か。

「法案がまずいから反対なんです」と、一部の無所属の議員は言ってますが、はっきり言ってわかりにくい。

法案がダメなのなら、対案を出せばいい、それを出せないのは何が原因か?

とりあえずは、郵政民営化を小泉首相にやらせてみよう。30年も一本気に同じことを言っているその信念に掛けてみよう。しがらみの無い、本当に国民に目を向けた政治を残りの任期でもやるのかどうか、見守ってみよう。

小泉首相にやらせるためには、自民党と公明党に票を入れよう。今回の自民党公認候補は、明らかに改革推進派ばかりのはずだし。

こんなわかりやすい選挙は、これまでなかったのではないか、と思います。


・政党増加で2大政党制はむしろ遠のいている
今回、意外だったのは、共産党、社民党の退潮に歯止めがかかった点と、国民新党と新党日本が、新たに政権要件を無事に満たした点です。

選挙を昔から注目してきたならばわかると思いますが、民主党は実際には自民党OBの集まりです。もちろん、民主党から国政デビューするような新人は除きますが。自民党OBという意味では、国民新党と新党日本もほぼ同様です。

したがって、真性野党は、まさに共産党と社民党だけなのです。

「たしかな野党が必要です」とは、政権を目指さないのだろうか? という突っ込みも出るでしょうが、妙に納得させられるキャッチフレーズには違いありません。

これだけ財政の赤字増大が懸念され、これを解消するには財政再建と増税を組み合わせるしかないはずなのに、公務員リストラの鼻緒となるはずの郵政民営化に反対、サラリーマン増税にも反対。こんな主張が認められたから、退潮に歯止めがかかったのでしょうか?

社民党も、護憲を軸に、その主張の受け皿となりえたことにより、退潮に歯止めがかかったのでしょう。個人的には、60年も昔、戦後のドタバタで作られた憲法を、1文字たりとも変えないというのは違和感があるのですが。

それに加えて、新たに自民党から分離してきた国民新党と新党日本が、議席をしっかり確保したり、比例得票で規定を満たして政党扱いを勝ち取りました。

これで、国政において合計7つもの政党がひしめくことになります。現状の選挙制度よりも、もっと政党要件を厳しくしないと、2大政党制には絶対に移行しないと思われます。

今回、どちらかといえば郵政民営化に関してシロクロをつける選挙だったように思えますが、日本人の根っからの気性として、完全にシロクロのみで判断するのは、まだまだ抵抗があるのかもしれないですね。


・公明党の与党離脱があるかもしれない
自民党と公明党は、完全にワンセットなのでしょうか?

今回、自民党にとって、公明党との選挙協力がどれくらい効果があったのでしょうか? ある意味、小泉ブームによって、自民党は単独で絶対安定多数を占めてしまいました。小泉首相から次の首相にバトンタッチするさい、連立を解消することも可能です。そんな色気が出てもおかしくありません。

そして、公明党は今回、選挙前34議席に対して、当選31議席と、勢力が縮小となってます。公明党にとって、与党として影響力が残るものの、離脱したところで自民党の単独政権も可能です。そもそも、自民党からの選挙協力がどれくらい有効に働いているでしょうか?

連立政権に影響力があるうちは、公明党の離脱はなさそうですが、郵政民営化法案が済んで以降、小泉首相の任期切れ前後、次回の参議院選挙前後などに、連立の是非が話題になりそうな気がしてなりません。

・最後に
おそらく、これほどの大勝利は、小泉首相はもちろん、ほとんどの関係者が想像できなかったのではないかと思います。せっかくのチャンスなので、しがらみのないところで、構造改革、政治改革、財政改革など、がりがりとやっていただきたいものです。

« 与党はもちろん、自民党単独過半数へ! | トップページ | セ・リーグ阪神にマジック »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。