« 備忘録 | トップページ | 最近の検索事情 »

2005年9月23日 (金)

募金お願いの家庭訪問

難しい話になりますけれど、税金徴収、社会保険料徴収には、資産再配分という役割があります。

本当に困っている人に対して、税金を使い、保険金を支払うために、国民全員が、支払うべきものは支払い、納めるものを納めるべきではあります。

ただ、小泉内閣における構造改革により、おそらくですが、資産再配分の役割も、国だけで行うのではなく、民間委譲されていく可能性があるのではないかと思います。

従業員に対する給料を安定して支払うためには、大企業、およびそれを支える資産家が潤っている必要があります。大企業に余力があれば、従業員をリストラする必要はありませんし、資産家が守られているなら、慈善団体などに寄付行為をしてみよう、という気になるかもしれません。

ですが、よく知らない団体がいきなり一般家庭に訪問してきても、はいそうですか~と簡単にはお金は出せるものではありません。

実は、今日、そんなのが私の家に来たのですね。

身長は小さめで、顔は丸くて、丸眼鏡をかけてて、右手にはパウチされた書類の束をいっぱいかかえて、一生懸命支援内容を説明します。紙おむつだの、トイレだのを支援するのだそうな。

そして、左手のかごには、買ってほしいもの、タオルみたいなものが入ってたかな?

昨今の駅前でのうさんくさい募金活動が社会問題になっている話(グーグル検索)だとか、ホワイトバンドだって、その収益が直接貧しい子供たちに行ってるわけではない、という話などして、いきなり来られても出せる金はない、と言って、帰っていただきました。

帰っていただいた後に、ちゃんと胸に名札が貼ってあったことと、「しんぜん」というキーワードがひっかかったので、検索してみました。

SHINZEN
しんぜん会(グーグル検索)

やっぱり、相手にしないでよかった、という結論になりました。

でも、なんでしょうね。仏教、キリスト教、イスラム教など、ほとんどの人が宗教に関しては浅い知識をもっているでしょうし、身近な場所に寺や神社や教会などがけっこうあり、意外と慣れ親しんでいるはずなのに、それ以外の宗教はみんなうさんくさい、と刷り込まれてしまっているのも不思議なことに思えます。

人にはなしかしら信条があるものですが、ひとりひとりに違うはずの信条が、判で押したように同じ考え方の人たちが団体となってしまうこと自体に、未知なる脅威を無意識に感じてしまっているのかもしれません。

« 備忘録 | トップページ | 最近の検索事情 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。