« いい曲や~:「ENDLESS STORY」 | トップページ | 今年の紅白司会はみのもんたさん »

2005年11月17日 (木)

文章書き、ライター、作家

自分がまだ幼いころ、小学生くらいのころから振り返ってみて、改めて思うことがあります。

小学校や中学校では、新聞委員会に入っていました。

クラスの班単位で先生とやり取りする日記があり、そこに書く文章が、ほかの人に比べて妙に長かったようです。

国語という教科は、正直苦手でした。それは漢字が覚えられなかったからです。ですから、当時の先生方が、私が雑誌編集者として働いていたことを知ると、意外だ、という感想をいただきます。

どう考えても、私は、文章を書くことが好きなのです。それは、他人が私の文章をどうこう思うのとは関係ないレベルの話です。

それが、仕事として成り立つかどうかは別問題ですし、漢字が苦手、というほかにも、文章書きを仕事にするにはさまざまな壁が立ちはだかります。

1・そもそも文章を書くのが遅い。

編集者として、さまざまなライターさんたちとお付き合いをしてきました。彼らの文章を書くスピード、特にライターで食べていける人たちのそれは尋常ではありません。400文字×16枚を1日で書き上げるくらいでないと、スキルとしては低いかもしれません。

小説家デビューしたことがある私の友人と、6000文字(400字×15枚)のショートショート3本を書く競争をしました。私は小説を書いたことがなかったため、準備にも手間取ったものの、賞味1ヶ月で書きました。彼はやはり手馴れていて、伝え聞く限りでは4~5日でネタ選びから執筆終了までこぎつけたようです。

「本を書いてみよう」本によると、だいたい1日400字×10枚のペースで書けばよい、といったことが書かれています。その10枚を書くための資料調べなど含めると、寝食惜しんで執筆にいそしまないとならない気がします。


2・資料を調べる、読むのが遅い。

そして、私の場合、その資料調べに異様に時間がかかります。文章を書くのも遅いのですが、読むのも非常に遅いです。

世の中には、1日に1冊以上、本を読む人がいっぱいいます。仮に文庫本だとしても、そのスピードは、私にとっては驚異的です。文章を読むスピードを計るパソコンソフトを利用したとき、私のスピードは、だいたい600文字/分でした。これは普通だそうですが、仮にも編集者をやってた人間が人並みのスピードでいいのでしょうか(^^;;;

もちろん、校正や編集作業で行う精読と、通常の本読みではまったく事情が異なります。それにしても、例えば1分で3000文字をしっかり意味をつかめて読めるようになれば、資料調べの効率は格段に上がり、執筆スピード向上につながるはずです。


3・文章を売るためのカリスマがない。

カリスマとは、実績とも置き換えられるでしょうか? ブログや個人のHPと異なり、雑誌などで文章を発表するには、さまざまな人たちのチェックが必要になります。ライターとしての資質、社会常識は、編集者のチェックを受けます。そして、編集長のめがねにかない執筆させてもらえたとしても、掲載物の読者の反応がよろしくなければすぐにクビになるでしょう。

作家などの場合は、文学賞を受賞すれば箔がつきます。実績を積み上げる基礎ができ、仕事を続けていけばなんとかなりそうです。

それ以外の場合、書かれた文章がすべてなのかもしれません。昨今のブログをそのまま書籍にしたらベストセラーになった、というものなどはその典型でしょう。

でなければ、何かしら強い分野を作るしかありません。その分野を書かせたら右に出る人がいない、というものはなんだろう? そこから考える必要があるのでしょう。私は、いちおうFP分野、投資、保険に関してそれなりに知識はあると思うのですが、ライバルが非常に多そうです。


なにやら、私がいかにダメな物書きか、ということをつらつら書いてしまった気がします(^^;;; そして、時計を見たら、これを書き始めたのが9時ちょっと前。今はだいたい10時40分。

こうやって、今日も大事な時間が無駄に過ぎてしまいましたとさ。

« いい曲や~:「ENDLESS STORY」 | トップページ | 今年の紅白司会はみのもんたさん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。