« ゴルフ:宮里藍、全米ツアー予選会2日目までトップ | トップページ | 歯の治療継続中 »

2005年12月 2日 (金)

所得税率6段階案

税制大綱作成も大詰めを迎えているようです。

今回の大きなトピックスは、なんといっても定率減税の廃止なのでしょうが、それ以外にも、所得税率の調整も行われるようです。

定率減税は、2006年より、現状の20%(最大25万円まで)から10%(最大12.5万円まで)へ引き下げられることが決定していますが、2007年に、ついにゼロにする、というのが大筋合意したようです。住民税でも同様な定率減税削減がもちろんあります。

しかも、住民税率の一元化も進んでいます。具体的には、これまで5、10、13%の3段階だった住民税率を、10%へ一本化するとのことです。

さて、所得税のほうも税率が変更になります。
現在、所得税は10、20、30、37%ですが、新税率案は、5、10、20、23、33、40%の6段階になるとのこと。

要するに、3段階だったのを1段階に減らした住民税、4段階だったのを6段階に増やした所得税。2段階が単純に住民税から所得税に移っただけのようです。

さらには、住民税5%税率の所得者層だった人に所得税を支払っていただくことにするのと同時に、住民税が3%減る所得者層に、その分、所得税を3%分多く支払ってもらおう、という。

この数字の移動を見ると、どういう所得額だと何%の税率になるのかは、現状の税率と比較してみるとだいたい想像がつきそうです。

所得税、住民税の税率変更の議論だけ見ると、たただんにパズルをやってるだけ、に見えるのは私だけでしょうか? もちろん、より多くの人が納得する税制を作るのは大変だというのもわかるのですが。

12月1日のWBSの外国人解説者が「所得税率はスッキリと、そして低いほうがいい。足りない分は消費税で補うべきだ」という意見を述べてました。特にサラリーマンの方には、所得税は「取られてる」感が強いことを考えると、この意見にも聞く耳を持つべきかもしれません。

商売をやってる人からすると、消費税の管理が面倒なのでできれば所得税でなんとかしてくれ、という本音もちょっとだけあるのでしょう。

« ゴルフ:宮里藍、全米ツアー予選会2日目までトップ | トップページ | 歯の治療継続中 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。