« 紅白:紅組その2 | トップページ | 11/28-12/2:ついに日経平均15000円台定着へ »

2005年12月 5日 (月)

紅白:紅組その3

紅組はこれで最後です。

10組分で~す。

B000AP09KQかざぐるま
一青窈 武部聡志 富田素弘
コロムビアミュージックエンタテインメント 2005-09-21

by G-Tools

一青窈さん、「もらい泣き」はカラオケでも歌ってました(^^) 「ハナミヅキ」もよく聞きますね。オフィシャルHPがけっこう笑えます。

B0008JH3TOEternally
平原綾香 松井五郎 島健
ドリーミュージック 2005-05-25

by G-Tools

平原綾香さんも「Jupiter」のイメージが強く、さらにはアルバム「From To」が発売されて、カバーばかりという印象になってしまいます(^^;;; 将来的にはクラッシックに行くのでしょうか?

B0000QX36C全曲集
藤あや子
ソニーミュージックエンタテインメント 2003-11-19

by G-Tools

藤あや子さん、演歌ですけど(^^;;; うーむ、演歌ですので(--;;; ほとんど印象ないです。

B000BB6GU6抱きしめる
BoA Natsumi Watanabe Kazuhiro Hara
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2005-11-23

by G-Tools

BoAさん、「気持ちはつたわる」「Every Heart-ミンナノキモチ-」くらいのころの印象が強いです。本格的に韓流ブームになる前から、日本で頑張ってましたよね?

B000B9F348好きすぎて バカみたい
DEF.DIVA つんく 平田祥一郎
アップフロントワークス(ゼティマ) 2005-10-19

by G-Tools

松浦亜弥&DEF.DIVA って書き方だと、あややに、ゴッチン、なっち、リカちゃんの3人組DEF.DIVA、という印象になりますが(^^;;; そういえば去年、後浦なつみさんが「大人の事情」で松浦亜弥&後藤真希に変わりましたっけ。安部なつみさんにとってはリベンジですねぇ。

B00005GMEA悲しいほどお天気
松任谷由実
東芝EMI 1999-02-24

by G-Tools

松任谷由実 with Friends Of Love The Earth、ってことですが、愛・地球博がらみでご登場いただくということですね。でもまぁ、まさか出演することになるとは。ユーミンといえば「守ってあげたい」とか、「まちぶせ」とか。また、先日記事にしたとおり、「ノーサイド」が、高校ラグビー番組のテーマ曲に使われます。

B000BB6FV610周年記念~オリジナルベストセレクション
水森かおり
徳間ジャパンコミュニケーションズ 2005-11-30

by G-Tools

水森かおりさん、演歌ですけど(^^;;; 徳間ですし(^^;;; 私が語るべきものは何もない。申し訳ないけれど。でも、10周年とは。

B000B9F29Y直感2~逃した魚は大きいぞ!~
モーニング娘。 つんく 鈴木俊介
アップフロントワークス(ゼティマ) 2005-11-09

by G-Tools

モーニング娘 。 は、ええと、今現在10人でよろしいですか(^^;;; 吉澤ひとみがリーダーですかそーですか。年月の流れを感じます~。

B0009OLPECマザーアース
森山良子 御徒町凧 渡辺俊幸
ドリーミュージック 2005-07-20

by G-Tools

森山良子さん、実は私が生まれた年にデビューしてます(^^;;; 最近は息子さんともども大活躍という印象です。特に「さとうきび畑」のロングヒットが印象的。

B0009J8GFIM・Renaissance~エム・ルネサンス~
渡辺美里
ERJ 2005-07-13

by G-Tools

渡辺美里さん、この人もかなりのサプライズです。ええと、お顔のほうはオフィシャルサイトでご覧ください。小室哲哉氏が頭の上がらない歌手のうちの一人である、という話を聞いたことがあります。なんといっても「My Revolution」でしょう。その前後の曲が私にとっての彼女の旬ですが、まさかスタジアムライブを20年もつづけられるとは。

紅組は以上です~。やっぱり、今回、一番楽しみなのは美里さんかもしれないです。

« 紅白:紅組その2 | トップページ | 11/28-12/2:ついに日経平均15000円台定着へ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。