« 紅白:白組その1 | トップページ | 紅白:白組その3 »

2005年12月 8日 (木)

紅白:白組その2

白組その1は、いまいちピンと来ない人が多かったような(^^;;;

その2も、10組をご紹介~。

B000BDJ1A6桜(通常盤)
コブクロ 小渕健太郎 黒田俊介
ワーナーミュージック・ジャパン 2005-11-02

by G-Tools

コブクロの二人は、今年は「ここにしか咲かない花」でしょう。これ以外ない、ですが、おそらくファンの人たちにとっては「桜」は待望のシングルカットだったのかもしれません。それにしても「咲くLove」って、だ洒落でもありお洒落でもあり(^^;;;

B000AA7D4Gとこしへ
さだまさし 石川鷹彦 渡辺俊幸
フォア・レコード 2005-09-07

by G-Tools

さだまさしさん、3333回のコンサートご苦労様でした(^^) アルフィーが2000回のコンサートで(なぜかプロ野球の)名球会ブレザーをもらったそうなので、遠慮せず請求してみてください(^^;;; それはともかく、スキウタにランクインしてる「関白宣言」を歌うのでしょうか?

B0009S2PJ2空創クリップ
スキマスイッチ GRAPEVINE
BMGファンハウス 2005-07-20

by G-Tools
スキマスイッチ、「全力少年」がヒットしましたね~。ノリノリでけっこう好きです。他の曲はまだ知りませんけど(^^;;; アフロの人がキーボードっていうビジュアルもちょっとインパクトありますね。
B000056WFOらいおんハート
SMAP 野島伸司 小森田実
ビクターエンタテインメント 2000-08-30

by G-Tools

SMAP、復活ですね(^^) 今年はいっぱいヒット曲があるから、文句なしでしょう。特に、テレビ朝日系でスポーツ番組を見ていると、常に「BANG!BANG!バカンス!」が流れてて、耳にこびりつくくらいでした。

B0009X7628Vertical Infinity(DVD付)
T.M. Revolution
Tofu 2005-07-26

by G-Tools

T.M.Revolutionは、ガンダムSEEDの主題歌のおかげで人気が復活している模様です。 デビュー10周年ということですが、「WHITE BREATH」あたりを聞くと私としては盛り上がります。

B000758YCENO MORE CRY
D-51 吉田安英 生熊朗
ポニーキャニオン 2005-02-02

by G-Tools

D-51は、「ごくせん」さまさまかも。仲間由紀恵さんが応援にくるとかいう演出があるでしょうか? 「NO MORE CRY」抜きでは話が進まないでしょう。

B0006ZJCA8Def Tech
Def Tech
ILLCHILL 2005-01-22

by G-Tools

DefTech、インディーズなんですよね? 全然知りません~。

B000C0FPV2明日を目指して!(初回限定盤B)
TOKIO 長瀬智也 船山基紀
ユニバーサルJ 2005-12-07

by G-Tools

TOKIOは、「鉄腕DASH」を始めとする多彩な活躍を非常に驚異に思ってます。正直、歌のほうはあまり印象強くないのですが、「AMBITIOUS JAPAN!」は好きですね。

B000AQULTY鳥羽一郎全曲集
鳥羽一郎
日本クラウン 2005-10-05

by G-Tools

鳥羽一郎さん、演歌ですけど(^^;;; いや、でもこの人もいつの間にか常連ですし、「兄弟船」はスタンダードと言ってもいいくらいの曲でしょうね。

B000BKJGDG氷川きよし 演歌十二番勝負!~面影の都~
氷川きよし 仁井谷俊也 伊戸のりお
コロムビアミュージックエンタテインメント 2005-11-23

by G-Tools

氷川きよしさん、演歌ですけど(^^;;; でも、演歌部門のアイドルとして、No.1の歌手としてここ3~4年はこの人しかいない、という活躍をされていると思います。そろそろ、大晦日に朗報があってもいい気がします。大賞とか大トリとか。

次回でいよいよ紅白メンバー紹介は最後です~。

« 紅白:白組その1 | トップページ | 紅白:白組その3 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。