« 紅白:白組その2 | トップページ | 情報商材はいずれ出版に落ち着く »

2005年12月 8日 (木)

紅白:白組その3

全体を通して、男性のほうは、意外と2人組が多いような気がします。

最後の10組です~。

B000B56O7W布施明ベストコレクション20
布施明 平尾昌晃 水島哲
コロムビアミュージックエンタテインメント 2005-10-19

by G-Tools

布施明さん、仮面ライダーの主題歌で見事復活ですね~。けっこう好きな曲が多いです。「シクラメンのかほり」とか「君は薔薇より美しい」とか。

B0006OR1SY城崎恋歌
細川たかし 柚木由柚 前田俊明
コロムビアミュージックエンタテインメント 2005-01-19

by G-Tools
細川たかしさん、演歌ですけど(^^;;; いや、「心のこり」「北酒場」「矢切の渡し」などなど。意外と知ってる歌が多いです。いまやもう大御所の一人でしょうね。
B00005HQC0サボテン
ポルノグラフィティ ハルイチ ak.homma
SE 2000-12-06

by G-Tools

ポルノグラフィティ、2人組になってからはちょっとイメージが変わったでしょうか? 「サウタージ」「サボテン」「アゲハ蝶」など、カラオケで歌うと盛り上がりますね。

B0002XVTLO2005年全曲集
前川清 阿久悠 川村栄二
テイチクエンタテインメント 2004-10-21

by G-Tools

前川清さん、演歌ですけど(^^;;; 萩本欽一さんにいじられて、コメディアンだと思ってた時期もありますが、クールファイブ時代も含めて、本当に長いこと活躍されてます。

B0000641KJベスト16
美川憲一
日本クラウン 2002-05-22

by G-Tools

美川憲一さん、微妙に演歌ではない気がしますが・・・。シャンソン? それはおいておいて、「さそり座の女」の印象が非常に強いですよね。

B0009J8IHE森進一セルフカバー・アルバム
森進一
ビクターエンタテインメント 2005-09-22

by G-Tools

森進一さん、演歌ですが、演歌っぽくないヒット曲が多い気がします。「襟裳岬」はフォークだし、「冬のリヴィエラ」だっておしゃれだし。今年は私生活では大変そうでしたが、そんなこと忘れるくらい熱唱してほしいものです。

B000BDJ53E風花
森山直太朗 御徒町凧 渡辺善太郎
ユニバーサルJ 2005-11-16

by G-Tools

森山直太朗さん、今年も親子ともども出演となりました。なんといっても「さくら(独唱)」なんでしょうが、その後も地道に活躍されてます。もっとも、そろそろより目立つ新曲がほしいところ。

B000AA7FM6山川豊 全曲集カラオケ付限定盤
山川豊
東芝EMI 2005-09-07

by G-Tools

山川豊さん、演歌ですけど(^^;;; 兄弟そろって(鳥羽一郎さんがお兄さん)出場となってます。「函館本線」くらいしか知りませんが、やはり長いこと活躍されてます。

B000AMD23ABLUE PERIOD ~A side集
山崎まさよし 山崎将義 中村キタロー
ユニバーサルJ 2005-09-21

by G-Tools

山崎まさよしさん、をを、この人出るんですね(^^;;; けっこう楽しみかも。「僕はここにいる」「One more time, One more chance」「お家へ帰ろう」とかが好きですね。

B000CCX6205センチ。
WaT
ユニバーサルミュージック 2006-01-25

by G-Tools

WaT、NHKのそばでストリートライブ活動をされたのが、選考の基準になったらしいといいうのは本当ですかね(^^;;; それにしても、メジャーデビュー1ヶ月ほどで紅白出場ってのは、異例中の異例でしょう。ちなみに、ウエンツ君はてっきり歌手でないタレントさんだと思ってました(^^;;;

以上です。いちばん注目なのは、山崎まさよしさんでしょうか? 次点でアリス、さだまさしさんあたりかな。

« 紅白:白組その2 | トップページ | 情報商材はいずれ出版に落ち着く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。