« 1年の振り返りだけでなく1月のヒット曲もほしい | トップページ | フィギュア:恩田美栄引退 »

2006年1月17日 (火)

ハイパーファミリー、そしてひかり電話

年明けから、Bフレッツがハイパーファミリータイプに切り替わることになりました。

ハイパーファミリータイプに切り替わったことで、電話も「ひかり電話」に移行する要件が整ったので、あまり深く考えずに申し込んでしまいました。

最初に心配したのは、親世帯と自分とで使っている電話番号がそのまま引き継げるか? という点でした。

現段階では、電話はISDNで、ISDN対応ブロードバンドルーターを利用して、親世帯と私とで電話を分岐してます。親世帯がもともとの契約番号。私の番号はiナンバーで割り当ててありました。

ひかり電話の担当者から電話が来たので、「2つの番号は引き続き使いたい。そのためにダブルチャネルとマイナンバーの契約もする。いまの番号はそのまま使えるのか?」と問い合わせてみました。

「問題なく、移行できます。」とのことだったので、一安心しました。

その後、一般電話を廃止し、ひかり電話のみにすることの不具合の説明がありました。大きかったのは2つです。

・停電時は電話がつながりません。

 たしかに、ルーターに電源が入らなければ電話は話せないですし、それは仕方ないかな? と気軽に考えていました。

・スカパーのペーパービューなど、課金視聴サービスが受けられません。

 これも、スカパーには契約しているものの、PPVはめったに観ないのでスルーしました。

 不具合の説明の後、電話帳掲載はどうするか? 通信記録はどこまで残すか? 他社無線LANの動作保障はしない、ルーター到着日程、工事日日程、課金に関する注意事項(安心プランは月頭スタートだそうな)、屋内での設置や各種設定は自分で行うことなど、けっこう長いやり取りがありました。

電話を切った後、「いよいよ我が家もひかり電話だぁ」と感慨深く思ったものです。

なぜなら、我が家ではBフレッツがスタートした年から「なんで電話はいつまでメタル回線なんだ。早く光ファイバーで電話が使えるようにならないか!」と、多少勘違いぎみの願望を持っていたからです(^^;;;

ただ、なぜにスカパーのPPVが見られないのだろう? と不思議に思ったので、いつものごとく検索しまくってみました。

調べた限り、理由はまったくわかりません(^^;;; でも、サポートセンターに連絡が取れれば、ひかり電話でも問題なくPPV視聴ができるようになる場合もあるとのことです。

それよりも、デジタル放送の双方向機能が使えない可能性もある、ということがわかり、これは少々残念に思います。私の家には、BSデジタルチューナー付きの機器が4つもあるんですけど。

スカパーやらデジタル双方向機能が使えないのは、ひかり電話がナビダイヤル「0570」につながらないことが原因だ、とのことです。NTT東日本もユーザーに不便をかけているのはわかっているようで、ナビダイヤルは2006年秋までにはひかり電話からでもつながるようになるとのことです。

もっとも、家電、テレビやDVDレコーダーのブロードバンド化も進んでいて、電話回線につながないといけないケースは、新製品を買えば減ってくるのでしょうけれど。

ひかり電話に関する、ここ数日の話をだらだら1つの記事で続けたので、とりとめなくなりましたが(^^;;; ともあれ、徐々に不具合も改善される、と期待しつつ、ひかり電話対応ルーターの到着、ひかり電話開通を待ちたいと思います。

【参考リンク】

NTT東日本:ひかり電話
NTT東日本:スマイル活動
篠青いろは:『ひかり電話』にしないワケ

« 1年の振り返りだけでなく1月のヒット曲もほしい | トップページ | フィギュア:恩田美栄引退 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2845/59108913

この記事へのトラックバック一覧です: ハイパーファミリー、そしてひかり電話:

» 『ひかり電話』にしないワケ [篠青いろは]
現在の我が家の家計で、最大の問題は電話代です。東京⇔長岡間で毎日電話してれば当たり前ですが。 で、先日、回線Bフレッツ光を申し込んだときに、『あわせて新サービスの "ひかり電話" もいかがですか?』に反...... [続きを読む]

« 1年の振り返りだけでなく1月のヒット曲もほしい | トップページ | フィギュア:恩田美栄引退 »

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。