« 訃報:丹波哲郎さん死去 | トップページ | 20万件突破しました »

2006年9月25日 (月)

本当に借金に保険をかけなくていいの?

消費者金融において、借り手に生命保険が掛けられており、多くの債権が生命保険保険金によって回収されていたことが、あたかも社会問題化されています。

たしかに、消費者金融では、借金は「無担保」が前提になってます。

無担保が前提なのに、実際には人の生命を担保にしてるじゃないか、という理屈なのでしょう。

そして、命が担保になってるから、死んでも結果オーライとなるような取立てをしてるんじゃないか? という疑問が出ているというわけです。

ちょっと待て? 消費者金融だと騒がれるのに、住宅ローンだと問題ないのか? と不思議な気分です。

住宅ローンの場合、ほとんどの人が団体信用生命保険に入っていると思われます。

通常、住宅購入でローンを借りる場合、不動産が担保になります。

もし、このローンが支払えなくなった場合、不動産が取り上げられ、競売などにかけれられて債権が回収されます。

もっとも、最近では個人版民事再生法などの手続きもあり、その場合は、手続きにより決められた返済が済めば借金が返済されたものとされます。

それ以外、例えば借り手が不慮の事故や病気で亡くなったなどの場合は、遺族に借金を引き継がないよう、遺族が民事再生などの世話にならないように、団体信用生命保険によって住宅ローンが完済されるというわけです。

なお、最近では3大成人病で所定の状態になると住宅ローンが完済される保険もあります。

要するに、住宅ローンの規模にまで大きくなれば、生命保険をかけるのは当たり前のこととして、認知されているはずなのです。

さて、消費者金融です。

冒頭に書いたとおり、消費者金融は無担保による借金が前提です。また、なるべくすばやく返済してもらうことが前提であるため、金利が高いです。

借りたお金は、ちゃんと約束どおり返済するのが前提です。返すあてがないなら、借りてはいけません。

消費者金融だって、需要があるから貸すのですが、慈善事業や社会保障ではないため、返済してもらわなければ困ります。

もし、生命保険などのセーフティネットがなければ、借り手が亡くなったら、その借金は遺族に引き継がれます。年利20%でどんどん増えていく借金が、遺族にのしかかるのです。立つ鳥跡をにごしまくりです。

問題定義する側の言い分も理解できます。昨今話題のグレーゾーン金利で利ざやを稼ぎ、その利ざやで生命保険をかけている。消費者金融も儲かる。生命保険会社も儲かる。泣きを見るのは消費者金融を借りる人です。法外に思える金利の上に、知らぬ間に生命保険料まで支払わされているとくれば、腑に落ちない、解せないということなのでしょう。

もちろん、法律違反の金利は問題外です。しかし、返してもらえるか実績のな人にお金を貸すためには、ある程度の高金利は必要です。そして保険も必要です。高金利も保険も掛けられないとなると、消費者金融からお金を借りられる人はぐっと減ることになりそうです。

お金が借りられないときに人はどういう行動をとるのか? 生活レベルを切り詰められる人なら、最初から消費者金融からの借金はしないでしょう。さらに危険な、法外な金利の貸金業へと流れてしまうのではないか?

消費者金融を悪者にするよりも、消費者金融を利用させない、もしくは賢く利用させる金銭教育の重要性をひしひしと感じます。

【参考記事】
イザ!:プロミス、団体生保を月内で中止 他社も追随か
イザ!:消費者金融大手5社、自殺保険金で3649件回収
イザ!ブログ:ちょっと待て!サラ金の生保廃止

« 訃報:丹波哲郎さん死去 | トップページ | 20万件突破しました »

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。