« ナップスターリンクのテスト | トップページ | 渡米を振り返る(後編) »

2006年11月 7日 (火)

渡米を振り返る(前編)

Dscf0001s
今回の海外研修から、帰国してもう2週間過ぎました。改めて振り返ってみたいと思います。少々長くなったので、前後編に分けました。まずは前編です。

※※※※※※※※※※

10月20日~26日まで、海外に行ってきました。きっかけは、某社からの、「ツアーを企画するので、参加しませんか?」というお誘いでした。

具体的には、FPAナッシュビルと、ニューヨークを巡るとのことでした。ちなみに、FPAナッシュビルとは、日本のFPフェアのような催しとのこと。その中で、某社主催のセミナーや、FPA大会のセッションに参加するとのことでした。

また、ニューヨークでは、ニューヨーク証券取引所見学や、FP系事務所とのミーティング、資産運用会社でのセミナーに参加するとのこと。すなわち、某社主催の海外研修ということになります。

お話をいただいたとき、当初は、参加するかどうか悩みました。

予算が少々高い。海外に1週間も出かけるのですから、当然です。パスポートを作るのが面倒。海外旅行の経験はあるものの、前回からだいぶ経っていて、パスポートが期限切れになってました。英語が苦手。ろくに勉強してこなかったため、あまり使えないのもネックでした。また、仕事場を1週間も離れていいのだろうか? とも思いました。

実は、それらの悩み事よりも、「久しぶりに海外に出てみたい!」という思いが早々に勝ちました(^^) 半分以上は観光気分で、このツアーに参加することにしました。

~~~~~~~~
Dscf0014ts泊まったホテルは2箇所とも豪華でした。

日程の前半、ナッシュビルで泊まったのはゲイロードオプリーランドリゾート&コンベンションセンターでした。

このホテルは、リゾート気分が味わえる屋内庭園と、コンベンションセンターがくっついた、日本にはなかなかない施設でした。ホテル内にずっといてもまったく飽きないと思えました。

なにせ広いです。4つの客室エリアにはそれぞれ、カスケード、デルタ、マグノリア、ガーデンコンサバトリーに分けられ、それぞれに工夫を凝らした建物やら風景やらを楽しめます。ホテル全体をガラス? の屋根で囲っていて、いつでも快適です。人工の川では船にも乗れます。巨大な滝。虹が見える噴水。さまざまな植物。

研修の合間は絶対に遊ぶぞ~と思ったのですが、けっこう忙しくて、じっくりと見て回るのはかないませんでした。残念です。もし、次回があるなら、ぜひ遊びに来たいです。

オールアバウトの記事が詳しいです。

~~~~~~~~
遊びはとりあえず置いといて、コンベンションセンターで行われる、FPAナッシュビルへの参加が本来の目的なのでした。

FPAナッシュビルでは、日本のFPフェアと同様、FP単位が獲得できるセッションを受講できます(ただし、日本での単位認定には、FP協会へ審査申請して認められる必要があります)。

セッションは、某社主催の特別セミナーをはじめ、通常のFPA大会のセッションを3つ、某社のはからいにより同時通訳で聞くことができました。

いくつか、参考になる意見を上げておきます。

・ほとんどのお客様は、リタイヤメントプランを甘く見すぎている。この分野では、FPはまだまだ役に立てるはず。

・FPとして、当たり前のことを、確実に段取りを踏んで行えば、お客様は信頼してくれるし、末永いお付き合いをしてくれるはずだ。

・常にお客様の心配事を最優先で考える。ただし、心配事の解決のお手伝いができるというアピールは怠らない。

Dscf0034s
展示ブースに目を移すと、現地のFP会社、保険会社、証券会社、運用会社などが趣向を凝らしてアピールをしていました。参加社数はなんと187社だったようです。ブースは広くて派手で、本当にこれがFP向けの展示会か? と思いました。日本のFPフェアと比較してはいけないのかもしれません。

これだけの多数の会社が、FPにむけてアピールしている。それだけ、FPという職種が根付いている証拠なのでしょう。

各ブースをめぐるのも、駆け足になってしまいました。元々英語が苦手で、なかなかコミュニケーションもとれず、資料をもらっても読むのに苦労することから、目で写し撮るだけ、みたいな感じになりました。

いくつか気になったのは、グッズを配っているブースが非常に多かったことです。FPフェアのブースでは、派手にグッズを配っていた会社は思い当たらないのですが、FPA大会では、ブーメラン、お手玉、ヨーヨーなどのおもちゃに始まり、電卓のような実用的なもの、記念写真(その場で写して合成&フォトプリント)まで配られていました。

展示ブースではほかにもアメリカらしい面が見えました。日本のFPフェアでは、全体のスケジュールのほとんどで展示ブースが開いていますが、FPA大会の展示ブースは不定期に開いているのです。セッションの合間の時間を使って展示ブースを回ろうとしても、まだ準備中だったり、休憩中だったりして面食らいました。かと思えば、ランチョン展示なるものもあり、軽食やお酒がタダで振舞われる時間帯もありました。

今回のFPA大会の参加は2日間でしたが、FPとして非常に参考になる話を聞くことができました。予算の都合上、めったに参加できるものでもなく、今回の経験を、日常業務にうまく取り入れたいと思います。なお、来年はシアトルで行われるとのことです。

後編へ続く

« ナップスターリンクのテスト | トップページ | 渡米を振り返る(後編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。