« フィギュア:真央ちゃん200点宣言! | トップページ | 3/5-9:下落基調はひとまず終了か? »

2007年3月11日 (日)

ブートキャンプを始めてみました

実は、2週間ほど前から、ビリーズブートキャンプを続けてます。

始める前、69.5キロ、体脂肪率30.5%、BMIは23.5だったのが。

本日の今朝現在、66.7キロ、BMIは22.5になりました(^^)

が、しかし、体脂肪率はまだ30%です(>_<)

体脂肪計の精度の問題かもしれません。ここ2週間、26~30%の間を行ったり来たりしてるんですね。早く20%前後にしたいです。

ビリーズブートキャンプとの出会いは、深夜テレビのショッピング番組でした。

「ビリーブランクス、51歳、軍隊式トレーニング」

黒人のごっついおじさんを中心に、男性女性がえいさ、ほいさと体を動かしているシーンが目に付いて離れません(^^;;;

ノリのいい音楽。威勢のいい掛け声。途中で挿入されるハリウッド俳優たちの体験談。

最新のバージョンでは、日本人体験者の感想も興味深いです。

この手のエクササイズビデオってのは、どうしても女性のインストラクターが、レオタードなど着て踊ってるという先入観があり、なんとなく敬遠してたというか、興味の外だったんですが。

ビリーのテレビショッピングには、やられました。私は運動は苦手ですが、ブートキャンプのビデオを流しながら体を動かすことくらいなら出来そうだ、と思ったのです。

ところがですね~。なかなか手に入りにくいんですよね。

注文送信が2月11日。商品到着がなんと、2月22日。元々、アマゾンみたいな通信販売では数日で到着というのが当たり前の感覚だったので、説明として「到着まで2週間ほどかかります」と書かれていたとしても、正直遅いと思います。無事に到着したからいいのですが。

到着して、中身を確認します。DVD4枚と、ビリーバンドという名前の、グリップと足に引っ掛ける輪付きのゴムチューブ。そして各種書類。もちろん、キャッシュバックキャンペーンは継続中です。5000円で買い取ってでも、体験談もしくはデータが必要なんでしょうね。効果がなかった人向けに、別な商品を案内するのかしら?

さっそく、スケジュールに沿って、基本、応用、腹筋、最終と進めてきます。とてもじゃないですが、ビリーバンドを着けたエクササイズは、運動不足の私には無理です(>_<;;;

最初は、とにかくビデオに合わせて体を動かすだけです。えいさ、ほいさ。

たまに、ビリーの叱責が飛んできます。もっと腰を低く! とか、かかとを上げるイメージで! とか、背中を丸めて腹に力を入れて! とか。 そのとおりにやろうとするととたんにキツイです(>_<;;;

慢性的な運動不足の人には、かなりきついプログラムだと思います。でも、ビリーの言うとおり、諦めないで付いていくほうが重要でしょう(^^;;; そのうち慣れてきます。

2週目くらいから、いよいよビリーバンドの出番です。動きに慣れて神経が緩んだとことで、ビリーバンドを使うと改めて引き締まります。これって、似たようなゴムチューブの代用品ないのかな? という気もするのですが、なかなか見つからないですし、実際に使ってみてよく出来てます。でも、切れたらどうしたらいいんだろ。そんな心配は切れてから考えます。

同じプログラムのはずなのに、ビリーバンドで行うとかなり新鮮、かつキツイです(>_<;;;

あ、腹筋プログラムは、唯一、ビリーバンドを使いません。

自分でかれこれ2週間ほど続けてみた感想ですが、元々が運動不足なため、全プログラムにしっかりついていくのさえ大変です。途中で休んでしまいます。ビリーは「休んでもいい、戻って来い」と言ってくれるので言葉に甘えてますが、前述のとおりまだまだ効果が現れていないところを見ると、脂肪が燃える体になるには、バンド付きでプログラムをらくらくこなせるようにならないといけないのかもしれません。

まだ2週間ですが、当分の間、なんとか1時間を作り出して、毎日ビリーズブートキャンプをやってみたいと思います。

ところで、最近はさらに人気沸騰で(日本で再生できるバージョンを作る)商品製造が追いつかないのか、待ち期間が3~4週間にもなっているそうな。

そこで、多少姑息な私は、ビリーズブートキャンプがディスク1枚単位で手に入らないか調べてみました。少なくとも1ヶ月前にはなかったはずですが、アマゾンで買えるようです(^^;;;

↓リージョン制限があり、お手持ちのDVDプレーヤーで再生できない可能性もありますので、興味のある人はご注意を。

↓海外のDVDも再生できる、リージョンフリーのプレイヤーも買えます。

↓ゴムチューブはお好みで。ビリーバンドと同様というわけにはいきませんが。

« フィギュア:真央ちゃん200点宣言! | トップページ | 3/5-9:下落基調はひとまず終了か? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。