« 植木等さん死去 | トップページ | 水泳:お待たせ! 金メダル第1号は北島 »

2007年3月29日 (木)

モバイルSuicaのためにおサイフケータイ買い替え

前回のAMEXの話題の続きです。

なんでもかんでもAMEXにしたいと思い、あらゆる支払で可能なものは、AMEXへと切り替えてます。

現状でAMEXが使えず、SAISON(VISA)で決済しているのは、電気、ガス、ヤフーの会費と、おサイフケータイEdyです。それ以外は、AMEXが使える店をできるだけ探す、という対処をしています。

私としては、EdyもできればAMEXでチャージしたいと思い、いろいろ調べてみました。調べているうちに、いつの間にやら、おサイフケータイって、複雑になっていたのですね(^^;;; ということで、どっぷりハマってしまいました。

近所にコンビニのサンクスがあったため、Edyはいち早く利用を始めました。利用開始当時はAMEXへのこだわりが薄れていたため、チャージはSAISON(VISA)で行ってました。たまにサンクスに行くときには、便利にシャリーンと決済させてもらってます。

Edyのチャージについて調べると、どうもSAISON(AMEX)ならばチャージが可能とのこと。むーん。でもそれって要するにSAISONカードとしてのチャージなため、AMEXへの切り替えは不可能と判断しました。

では、他にAMEXが使えるおサイフケータイ機能はないか、と探して見ました。

知らぬ間に、おサイフケータイには、iD、モバイルSuica、Smartplus、QUICPayなどと、Edy以外にもいろいろな規格が出来ていたのですね。

この中で、Smartplusは、私の印象としては論外です。いまのところUFJカード(VISA・Master)とNICOSカードでしか使えません。VisaTouchは互換性があるそうで、VISAが展開するまでは様子見ですね。

QUICPayは、JCB、SAISONなども利用できます。JCBは実は、AMEXと提携関係にあり、だったらAMEXでも使えればいいのにな~と思ったりします。まぁ、SAISON(VISA)を使えばいいのかなぁ・・・と思ったら、QUICPayが使えるSAISONは、特定ブランドだけでした(^^;;; 

実は、私のSAISON(VISA)は、みずほマイレージカードというものでして、こちらは、iDなら利用可能なのです。

でも、同じiDでも、本家ドコモのDCMXのほうがいいのではないかと思い、いろいろ調べてみました。なんでも、DCMXminiですと、1ヶ月の利用制限が1万円で、しかもその代金は電話代といっしょに請求されるとか。

その場合、私は携帯電話代の支払いにAMEXを利用しているため、事実上、AMEXでDCMXminiを利用できるのではないか、と思い、手続きを進めてみました。

・・・が、途中でエラーになります。なんと、DCMXminiの場合は、携帯電話代請求は、「請求書によるお支払い」「口座振替によるお支払い」以外には対応しないとのこと。

しかも、DCMXの場合は、VISAカードが付いてきて、DCMX申し込み後の電話代決済は、付いてきたカードで行うとのこと。

・・・先日、電話代決済をAMEXに変えたばかりだし、そんなに不自由ならDCMXは使わない(--;;;

と、ここまで調べて、やはりモバイルSuicaだな、という結論になったのでした。

Suicaに関しては、2001年のデビューのときの、今のかわいいペンギンに変わる前のイラストのSuicaカードをいまだに使ってます。

Edyを使ってるのに、しかもSuicaも使ってるのに、なぜにモバイルSuicaを使っていなかったのか?

当初、モバイルSuicaは、Viewカード所有者でないと利用できませんでした。これは、元々たくさんのカードを持ちたくない私としては論外でした。

2006年10月からは、他のVISAカードはもちろん、AMEXでもモバイルSuicaを利用できるようになっていました。

そこでもまだ、切り替えませんでした。なぜなら当時使っていた携帯電話そのものが、モバイルSuicaに対応してなかったのです(--;;;

今年の3月18日になって、Suica互換のPASMOサービスが地下鉄で始まり、Suicaがもっと便利になりました。カードのSuicaを使って、JRと地下鉄をストレスなく行き来できるのを確認したら、そろそろモバイルSuicaだな、と思うようになりました。

というわけで、いざ、ドコモショップへ向かったのでした~。続く(のか)。

« 植木等さん死去 | トップページ | 水泳:お待たせ! 金メダル第1号は北島 »

クレカ&電子マネー」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。