« 「バベル」は日本語会話にも字幕付き | トップページ | 大リーグ:岡島が注目されている! »

2007年4月30日 (月)

iD導入で共用端末ではどう動作する?

おサイフケータイを極力使うようにしていると、SuicaやEdy以外でも使いたいと思うようになります。

自分の行動範囲内では、Suicaは電車やファミリーマート、ビックカメラで使えます。Edyはサンクス、マツモトキヨシで使えます。

ただ、近所ではほかにもQUICPay、Smartplus、iDが利用できる店があり、どれかが利用できればさらにおサイフケータイ度が高まります。

私は、AMEXのほか、たまたまみずほマイレージクラブ(SAISON/VISA)の会員だったので、iDの導入が可能でした。せっかくなので、iDの導入に踏み切りました。

セゾンのサイトから、iD申し込みの操作をして、待つこと約1週間。iD用の番号とパスワードが届きました。

iDの基本ソフトはN903iにプリインストールされているので、一気に<セゾン>iDアプリのインストールに進みます。アプリをダウンロードし、設定を済ませて、おしまいです。あっさりと終わりました。

さっそく、近所のiDマークのある店に向かいます。具体的にはローソンです。ローソンは、本当はAMEXがサインなしで使えるので私としてはそちらを優先したいのですが、今回はおサイフケータイで決済することにしました。

お菓子やらパンやらをもってレジに進みます。決済を「ケータイで」と告げると、了解ですと、なれた雰囲気で進みます。

指示された場所に携帯を近づけます。なにやら音がして終了(どんな音か印象に残らず)。レシートと品物をいただいておしまいです。

おなじ店でカードで支払をするよきより、スムーズなように感じました。カードの場合だと、カードを相手に渡して、相手が操作して、カードを受け取って、ということでなれない人だとまごつく印象があります。おサイフケータイの場合、レジ係はレジの操作に集中できます。それも、事がスムーズに運ぶ理由なのでしょう。

これで、私の携帯電話では、Suica、Edy、iDと、主に使うであろうおサイフケータイ機能が3つとなりました。

実は、Cmodeという、コカコーラベンダー用のおサイフケータイ機能も入ってるのですが、Cmode用販売機が実はiDに対応開始されているため、いらない機能になってしまいました・・・1000円も残ってるのに、いつ使えるやら(^^;;; おそらくCmodeを優先使用してくれるとは思うのですが、近日中にコカコーラの販売機で、どちらが動作するか実験してみたいと思います。

これは、他のおサイフケータイ機能でも同様ですよね。たしか、iDとSuicaの共用端末がぼちぼち出回っているはずで、どのような購入手順になるのか、興味津々です。

« 「バベル」は日本語会話にも字幕付き | トップページ | 大リーグ:岡島が注目されている! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。