« EMIのDRMフリーは成功するか? | トップページ | 【予告】初心者向け蓄財講座スタートします »

2007年4月 4日 (水)

おサイフケータイ機種変更騒動

前回は、AMEXでチャージができるモバイルSuicaを活用したいな~と思い、モバイルSuicaに対応したおサイフケータイに機種変更する決意をした、ところまで書きました。

機種のほうは、N901iCから、N903iに、ほとんど何も考えずに変えてしまいました。

一回り大きくなりましたが、妙に軽いです。また、メモリがmicroSD対応になったり、PDFやらDOCやらXLSやらが表示可能になったり、いろいろと進化しています。機能を覚えるのも大変です。

さて、私はN901iCにて、EdyなどいくつかのICカード機能を使っていました。旧機種から、アドレス帳、iモードのブックマークのコピーは事務手続き中の標準作業だったのですが、ICカードの機種移動は、自分でやらねばならないとのこと。

モバイルSuicaを導入する前に、一仕事になってしまいました。

・cmodeの場合

コカコーラの自動販売機の一部で使える、プリペイド型電子マネーですが、これの移動がいちばん簡単でした。

iアプリを最新の状態にすると、機種変更のためのメニューが現れます。500円単位で、まずはcmodeのプリペイドに預けます(500円以下の半端分は手数料扱い)。その後、FOMAカードを新たな携帯に挿し、cmodeアプリをダウンロード。アプリを起動して、cmodeから引き出すと、あら不思議、ちゃんと金額が戻ってきます。

どうも、本人確認を電話番号情報の確認のみで済ませているみたいです。

・ClubDAMの場合

第一興商のカラオケを楽しむためのサービスです。お金のほうはEdyと連携されているので問題ないのですが、Membersの情報の移動がけっこう手間でした。

新しい機種にアプリを入れて起動。情報を引き継ぐには、会員番号を引き継げばよいと思い、元々の会員番号を入力。しかし、正常にアクセスできず???

このアプリの場合は、電話番号だけでなく、機種固有の情報も必要なようです。そして、DAM側の旧機種情報がリセットされていなかったため、新しい機種での情報のアクセスが拒否された、という状況でした。

機種変更の件を第一興商に連絡。古い情報をリセットしてもらい、やり直したところ、なんとか情報を引き継げました。

・Edyの場合

Edyでも、個人情報を登録することで、お預けと受取りが可能です。手数料105円がかかります。登録した個人情報がすべて同じなら、無事に引き出せるという具合です。預けたり、受け取ったりの方法の解説がいちばん丁寧で、安心して作業ができました。

以上のように、1つのアプリを移動するごとに、FOMAカードを入れかえたりして、けっこう手間でした。903i以降の機種同士なら、もっと簡単にICカード情報の移動ができるそうで、次回はこれほどの苦労はしないだろうと思います。

そして、いよいよモバイルSuicaの設定。前機種に情報がないため、新しい機種での操作のみです。アプリを2つダウンロードし、情報を設定。AMEXからチャージ。無事に入金されてます。

さっそく近所のファミリーマート(コンビニ)で、のど飴を買う際に使ってみました。Edyの「シャリーン」という音に慣れていたため、違う雰囲気の機械的な音に違和感がありましたが、とりあえず100円が無事に使えてよかったです。

実は、電車に乗る際には、古いSuicaカードに残金が残っていて、そちらを使い切るまではモバイルSuicaでの改札通過はお預けです。

2001年、Suicaスタート時に買った、列車に乗るときにしか使えない記念Suicaカードのお役もご免かな? と思っていたのですが、新しい携帯電話の機能を調べていくうちに、このSuicaカードで面白い使い方ができることに気がつきました。続く(^^;;;

« EMIのDRMフリーは成功するか? | トップページ | 【予告】初心者向け蓄財講座スタートします »

クレカ&電子マネー」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。