« 親不知を抜きました(>_<) | トップページ | 大相撲:白鵬が2場所連続優勝でついに横綱か? »

2007年5月26日 (土)

テレアポ雑感

よいタイトルが思い浮かびませんが。

私も仕事柄、テレアポに関する情報は収集しています。どのような電話であれば、お客様が会ってくださる気になるか? また、生保会社からも、テレアポのさいに注意すべきことなど、指導を受けたりしています。

具体的には、次のような具合です。

・電話は番号通知設定にする。

・電話するときは、こちらの身分、保険代理店として電話するときには生保会社の名前とその代理店であることを伝える。そして先方には真っ先に保険に関する案内、もしくはそれに関するお伺いである旨を伝える。

・どのような名簿を元に連絡したのかはあらかじめ伝える。

・先方の都合の良い時間があらかじめわかるなら、その時間に電話をかけるようにする。

よって、私からお客様に電話をかけるさいには、上の注意を最大限尊重して電話をかけているわけです。

今日、両親世帯にかかってきたテレアポは、その対極にある、私には非常に無礼に感じる電話でした。

まぁ、親不知を抜いた場所の腫れがなかなか引かずに、薬を飲んだがために多少、体調や機嫌が悪かったせいもあり、かなりひどい応対にもなったのですが。

・・・・・・・・・・

そもそも、非通知の電話だと、取る前に気がついていれば、その後の修羅場にはハマらなかったんですが。

自宅兼事務所の、事務所スペースにて、土曜日定例の作業をしていたところ、親世帯の電話が鳴りました。両親が留守であり、知り合いだったら悪いと思い、電話に出てみました。

私 「マツモトです。」

先方「Tと申します。カツハルさんいらっしゃいますか?」

なんだよテレアポか? と思いつつ。

私 「どちらのTさんですか」

先方「D??(社名らしきアルファベット)のTです」

私 「なんの会社? そもそも何の名簿でかけてきたの?」

先方「??? すいません、カツハルさんに代わっていただけませんか?」

この段階で、私のほうも切れました。機嫌が悪かったのも拍車をかけました。

先方は、非通知で電話をかけてきてました。そして、自分の身分を明かさずに、私を電話口に出そうとしました。社名こそ伝えましたが、何の会社かも不明のまま、名簿の出所も明かそうとしませんでした。

理屈を語るべきだったでしょうが、面倒くさくなったので一気に話を終わらそうとしました。

私 「私がカツハル本人だけど、そちらって営業電話なんでしょ?」

先方「どんな営業だと思いますか?」

私 「マンション買えとか、そういう話なんでしょ?」

先方「電話1本でマンション買えなんていう話はしませんよ?」

私 「いずれにせよ、まったく興味ないよ」

先方「話くらい聞いてくださいよ。説明に上がりますから」

私 「忙しいくて会う暇なんてないんだよ」

先方「24時間、ずっと忙しいんですか!」<明らかに怒気がはらみ出す

私 「寝る時間だって必要でしょうが」<かなり大人気ない(^^;;;

私 「そもそも、こちらの電話(親世帯)にかかってくる営業電話は全部断ってるんだよ。名簿古いし。ちゃんとした電話なら私に直接つながるはずなんだよ。」

先方「一度も営業員と会ったことないんですか」 <おたがいけんか腰なのにかなり食い下がる

私 「営業員、意味が漠然としてるよね」ととぼける。そりゃ、私自身、証券仲介業&保険代理店の兼業ですから。

先方「会ったことないんですか、と聞いてるんです」

私 「少なくとも、あんたとは会わない」と、ここで電話をぶち切りしました。

こんなやり取りをしていたら、どんなにいい話だって聞きたくなくなるってものです。

直後にまた、非通知電話がかかってきたので、留守電応答ボタンを即座に押しました。

先方「ちきしょ~」だか「このやろ~」だか、その手の罵声を上げて、電話を切る。

改めて電話。

1時間後にまた非通知の電話。

夕方、両親が帰ってきてから改めて電話がかかってきたら、迷惑掛けるな、と思いつつ。

・・・・・・・・・・

テレアポって、難しいなと思うのですよ。

先方が何をしてるかわからない、どんな生活かもわからない相手に対して、いきなり電話してみるわけです。

電話を受ける側だって、電話をしてきた人がどのような人物かわからないわけで、不安なのは当然です。

よって、しっかりした業界であれば、さっき上げたような、「ちゃんと名乗って、趣旨を伝えて、名簿は何を使ったか」を、先方に伝えるよう教育しているわけです。

電話の相手の機嫌をそこねるのはもってのほかです。

今回のケースは、かなりレベルの低いテレアポだと思いますが、自分がテレアポするなら、その相手はお客様として最大限、配慮のあるテレアポをしたいと思います。

・・・・・・・・・・

追記。

その約1時間後、改めて電話。今回は丁寧に番号通知。でも、東京03の心当たりのない番号だったので留守電応答。何も伝言せずに切ったということは、おそらくテレアポだったのでしょう。

ただ、念のため表示された番号を検索してみるとなんと。けっこう有名なところだったようです。

↓こちらでも話題になってました。参考にさせていただきました。
電話番の憂鬱:アルコ

さらに追記。

約1時間後にまた非通知電話。

« 親不知を抜きました(>_<) | トップページ | 大相撲:白鵬が2場所連続優勝でついに横綱か? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。