« フィギュア:カナダ杯は村主さん2位 | トップページ | フィギュア:高橋がケガで欠場 »

2008年11月 4日 (火)

センチュリオンカードはアメックス超優良顧客の証し?

リーマンショック以降、さまざまな業界が不況に陥っていますが、報道によるとクレジットカード業界も例外ではなさそうです。

私自身、昔ちらっとブログで語りましたけど、アメリカン・エキスプレス(アメックス)カードのファンであり、会員の一人でもあります。

ですから、ニュースなどでアメックスの業績が伝わると、ちょっと心配になります。

ところで、アメックスのWebサイトには、一般向けカードとしては3種類、グリーン、ゴールド、プラチナの各カードが紹介されています。

そして、これはたまにテレビや、マニアックなサイトで紹介されていますが、プラチナよりも更に上の、黒いカード、センチュリオン・カードなるものが存在することが知られています。

センチュリオンカードはかなり魅力的なようで、いろいろなところで、どうやれば会員になれるのか、知りたがっている人がいるようです。

私自身も、いろいろなクレカサイトなど拝見して情報を集めましたけど、実際のところ、アメックスのマーケティングの都合により、比較的簡単に入手できた時期と、まったく入手できない時期があったようで、その差が大きすぎて一概には言えない、正解はわからない、というのが本音ではないでしょうか?

いままではこうだったけど、今後はそうとは限らない、というのが正直なところです。

ですが、いくつか理屈っぽくなりますが、いくら使えばいいのか、の目安は計算できます。

プラチナカードの年会費は10万5000円です。

これを、「キャッシングの手数料で全部消費する」かのごとくショッピングに利用することを考えます。

通常、ショッピング利用の翌月支払いの場合、カード利用者側は金利手数料を支払わないことになってます。同じ金額をキャッシングで利用したときに支払うであろう金利手数料分を、アメックスが負担することになります。その負担金を、利用者の年会費で充当すると考えます。

ちなみに、利息制限法によると、10万円以上100万円未満のキャッシングの利率は最大18%となります。よって、

  105000÷0.18=約584000円 年間(12ヶ月)で約700万円

この、58万4000円、700万円が、カギとなる数字には違いありません。
年間700万円のショッピング利用かもしれません。
毎月、58万4000円のショッピング利用かもしれません。
私としては、決済日当日の新規ご利用額が毎月最低58万4000円、という数字がけっこう信憑性が高いように思います。

いずれにせよ、これくらいの利用額があれば、年会費10万5000円では、アメックスとしても割が合いません。 こんな顧客は、上位のカードに移ってもらい、もっと年会費をいただきたいのが本音ではないかと。

また、利息制限法では100万円以上の場合、最高利率15%という縛りもあります。よって、毎月100万円以上の利用というのは、区切りとしてはわかりやすいです。

月間利用額が10万円程度でも、センチュリオンの案内がやってくるなんていう情報商材が出回っているようですけど、仮にその内容が本当だとしても、毎月10万円程度の利用で、センチュリオンカードの年間36万7500円もの会費を支払う意義があるのか? と疑問です。もうすでに見栄だけで支払える年会費ではないでしょう。

やはりセンチュリオンカードのユーザーに求められるのは、ある程度の決済額には違いないと思います。

ところで、アメックスが業績不振ならば、それほど人気が高いセンチュリオンカードを、年会費を支払うつもりのある人全員に発行してみては? と思うのは私だけですかね? 

希少価値による優越感を期待する人には怒られそうですけど、実際には、アメックスのカードの色による年会費の違いって、受けたいサービスの対価でしょう?

« フィギュア:カナダ杯は村主さん2位 | トップページ | フィギュア:高橋がケガで欠場 »

クレカ&電子マネー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。