« mixiミュージックキャンペーン中 | トップページ | お金の使い方~誰にとっても区別なく等価値の紙切れとうまく付き合う心構えとは~ »

2008年12月18日 (木)

近所のコンビニの迷走~デニーズからデニーズへ~

別に現在の経済状況はファミレスに限らず、全世界的な金融危機によるデフレ突入のせいなのでしょうが。

ファミリーレストランという業界は、そのビジネスモデルがそもそも「ファミリーで食事しなくなった」ってあたりから、かなり厳しい状況には違いないようです。

それに加えて、郊外型駐車場ありな一戸建てタイプのファミレスは、アウトレットモールのレストランに客を奪われてる状況だったりします。

そんな影響もあるのでしょうが、近所のファミレスもかなり迷走しています。

うちの近所には、もともと「デニーズ」がありました。

数年前、この「デニーズ」が「プレディ」というファミレスに変わりました。

かなり野心的な業態変更に見えました。

売りは、食べ放題の石釜焼きパン。それに、プリフィックスコースを意識したメニュー構成。

すなわち、スープ、サラダ、グリル、パスタの各料理がそれぞれ小皿になってて、1品づつ自由に組み合わせてください、という仕組みだったんです。

オシャレな雰囲気で、こういうのもありかな? と、フランス料理やイタリア料理のディナーに目覚めた私には映りました。

ただ、自分の地元の客層に合うのかな?

コースっぽくメニューを選んでいくと、お会計が高めになっちゃうな?

とか、不安材料もありました。

しばらくすると、普通のランチが始まったり、野菜バイキングが始まったりして、当初目指したであろう高級オシャレ路線とちょっと違うかも、という雰囲気になってきました。

お客も、デニーズだったころに比較して、あまり入ってないかも、という印象になりました。

で、つい先ほど、店の前を通ったら、なんと、看板が再び「デニーズ」に戻っていましたcoldsweats02

看板には、でっかく「ランチ680円」。
13時くらいでしたが、客待ちエリアには、人がごった返してました。

「プレディ」ってのは、多少の高級路線を狙っていたと思うのですが、今現在、ファミレス不況の最中でお客が集まっているのは実は、「ガスト」とか「サイゼリヤ」など、低価格追求路線の店だと思うのですよ。

結局のところ、うちの近所のこの店も、改めて低価格路線に舵を切りなおした、ってことなんだと思います。

野心的な試みだった「プレディ」は、なかったことにされるのでしょうね。

« mixiミュージックキャンペーン中 | トップページ | お金の使い方~誰にとっても区別なく等価値の紙切れとうまく付き合う心構えとは~ »

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。