« フィギュア:世界選手権で安藤美姫が3位! 優勝はキム・ヨナ | トップページ | 千葉県知事は森田健作氏が当確! »

2009年3月29日 (日)

贈与税の控除枠フル活用してますか?

世代間の資産格差は、仕方がない面もあると思います。

いまのリタイヤ世代の人たちは、日本の高度成長期を牽引し、バブル時代に陣頭指揮を振るい、大きな蓄えを作ることができた世代だと思います。

よって、豊かな資産を蓄え、十分な年金を受け取れる資格がある、とも思えます。

もし、年金収入のみで十分な生活が出来てしまうのならば、子供世帯、そして孫に、可能な限り贈与してほしいな、とも思います。血縁なんですから、素直に受け渡ししてもよいと思いますよ。

ただ、そのときに注意しなくてはいけないのが、贈与税関連です。

タックスアンサーの「贈与税がかからない場合」によりますと、

「夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者の間で生活費や教育費に充てるため取得した財産」
「個人から受ける香典、花輪代、年末年始の贈答、祝物又は見舞などのための金品で、社会通念上相当と認められるもの」

には、贈与税がかからないことになっています。

よって、おじいちゃんやおばあちゃんが、孫にランドセルを買ってあげる場合と、ランドセルを買うためのお金を自分の子供(孫の親)に渡すのとでは、厳密には解釈が異なる可能性があります。

あと、孫の高校や大学通学のための費用を、おじいちゃんおばあちゃんが出す、というのも、けっこう日常的かもしれませんが、渡したお金の一部が貯蓄に回ってしまうと話がややこしくなります。要注意です。

孫が車をほしがったとして、おじいちゃんおばあちゃんが車を買い与えた場合はどうでしょう? 地方によっては、車は生活必需品でしょうから問題なさそうですが、軽自動車や一般車ならまだしも、高級車だったら考えものです。

よって、生活費や教育費、お祝いのためのお金ならOKという大義名分があるとしても、やりすぎには注意が必要です。

では、それ以外のお金だったら、1円からでも贈与税がかかるのかと言えば、そうではありません。

タックスアンサーの「贈与税がかかる場合」によりますと、

「贈与税は一人の人が1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から基礎控除額の110万円を差し引いた残りの額に対してかかります。したがって、1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません。(この場合、贈与税の申告は不要です。)」

となってます。なーんだ、110万円もらっても、贈与税はかからないんですね。しかも、110万円以内なら申告不要です。

というわけで、いざというときに110万円集められるような、自分の両親や親戚との信頼関係を作っておくことが重要です。生活にゆとりがある両親や親戚がいれば、の話ですが。

« フィギュア:世界選手権で安藤美姫が3位! 優勝はキム・ヨナ | トップページ | 千葉県知事は森田健作氏が当確! »

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。