« 勢ぞろい:おもしろCM | トップページ | 衆議院解散、総選挙へ! »

2009年7月20日 (月)

新帝王と呼ばれて32年、今だ健在!:全英オープン

トム・ワトソンという名前を、久しぶりに聞いた気がしました。

しかも、優勝争いがテレビ中継されるなんて、数十年ぶりではないでしょうか?

私は実は、小学生のころ、ゴルフ中継を見るのが大好きで、当時から可能な限り、テレビでゴルフを見てました。

そのころに活躍していたのは、日本では尾崎、中島、青木、女子では樋口、外国人ではジャック・ニクラウスと、トム・ワトソンでした。

7月19日まで行われていた、全英オープンでは、そのトム・ワトソンが、最後まで優勝争いを繰り広げました。

懐かしいあのトム・ワトソン。もう59歳ですか。でも、59歳とは思えない大活躍でした。

4日間通算で争うゴルフ。トータル71ホール目までで、ワトソン選手は3アンダーで単独トップでした。

72ホール目。18番ホールパー4。ここをイーブンパーで乗り切れば、優勝のはずでした。

セカンドショットは、ピンを超え、グリーンをぎりぎり外れる。でも、ここから2打で入れればOKでした。

パターを選択し、ピンを狙うも、少々力が入りすぎて、2~3メートルオーバー。1打で入れるには少し難しい距離が残ります。

返しのパット。これを入れれば優勝という大事なパット。しかし、今度は力が弱くてショート。痛恨のボギー。

2アンダーで先にホールアウトしていた、シンク選手とのプレーオフとなりました。

そのプレーオフを戦いきる力が、ワトソン選手には、残っていなかったのかもしれません。

ショットはブレまくり。バンカーに入るは、ラフに入るは。アプローチなどでは絶妙な技を見せますが、どうも体のブレの修正が効かなくなっていたようでした。

残念ながら、メジャー史上最高齢優勝はなりませんでしたが、50代、あわよくば60代でも、優勝争いができる、そんな明るい話題を提供してくれました。

シンク選手もたたえなければなりませんが、今回の主役は、リンクスが得意なワトソン選手だったのは確かです。

« 勢ぞろい:おもしろCM | トップページ | 衆議院解散、総選挙へ! »

スポーツ」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。