« 世界水泳:松田が銅、入江が銀! | トップページ | 薬のこと »

2009年8月 1日 (土)

しょこたんがアメーバブログへ移籍

しょこたんブログ

以前はヤプログでやってたはずの中川翔子さんのブログ。エキサイトに移籍したときにもニュースになった気がしましたが、今度はエキサイトからアメーバブログへ移籍ですよ。実際に移籍したのは7月17日だったようで、すでに旧聞かもしれませんが。

アメーバブログ、私としては会員になるつもりはいっさいないんですけど、いつのまにかすごいブログサービスになってますね。

それはともかく、いきなり殿堂入りってのは、たしかに賛否ありそうですよね。私は、しょこたんなら許す、という立場です。

インターネット上でホームページの立ち上げが始まったのは、厳密にはいつごろなんでしょうね?

私自身が、ゲーム雑誌のリストラによってパソコン雑誌、厳密にはWindows専門誌に異動になったのが、おおよそ1994年ごろ。

そのころには、編集部内でLANが走ってて、Mosaicやらネットスケープやらを入れるように、というお達しのもと、なんとWindows3.1でインターネットをやってたんですね~。

その後、Windows95が大々的に発売されて、インターネットエクスプローラーがブラウザ市場に参戦して、本格的にインターネットってすごいよね、という状況になりました。まさに黎明期。

その黎明期に、いち早くタレントホームページを立ち上げていたのがいとうまい子さんでしたよ。

「高校聖夫婦」というドラマが好きだった私としては、いとうさんのHPを教えてもらったときにはすごくうれしかったものです。タレントさんが、一気に身近にやってきた、という感覚でした。

おそらくですが、ホームページの女王、というか、タレント部門で初代女王と呼べるのは、いとうまい子さんだと思いますよ。

もっとも、かなり競争率の低い女王には違いないですが。ネット創成期なので(^^;;;

一気に時代は8年くらい飛んで、2003年12月にココログが始まります。その前後に、各ブログサービスがサービスインしているわけですけど。

その、ココログでいち早く注目を集めたタレントブロガーが、眞鍋かをりさんでした。最近、選挙がらみで改めて身辺騒がしですが。

デジキューブチャンネルでゲーム紹介してた娘が、こんな形で有名になるとは、思いもしませんでしたよ(^^;;;

ブログ部門での元祖女王という評価は、このころ確かに眞鍋さんのものだったはずです。元々、横浜国立大卒業という才女でもあり、その後の活動がコメンテイターや番組MCに移っていたのも、ブログを読むと、文章のノリと間などから、なるほどできる女、というイメージなんでしょう。

しょこたんは、現在のアメーバブログのバックナンバーを見てもわかるとおり、事実上、2003年、ブログがサービスインする以前から、日記形式でインターネットによる情報発信を始めています。

ヤプログ、エキサイトと、長いことブログを続けていて、その間、やはりブログの女王と呼ばれていたはずです。

そこらの、ここ数年の間にブログを始めたばかりのタレントさんとは、格が違います。

最初からアメーバブログを選んでいれば、とっくの昔に殿堂入りしていたのではないかと思えます。

だから、私としては、中川翔子さんに関しては、いきなり殿堂入りでもよいのではないか、と思いました。

余談ですけど、中川翔子さんは、私が勤めてた出版社のゲーム雑誌にコラムを連載してたんですよね。ゲーム系雑誌の仕事を長く続けてたら、もしかしたらいっしょに仕事をしてたのかなぁ???

« 世界水泳:松田が銅、入江が銀! | トップページ | 薬のこと »

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。