« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の11件の投稿

2010年1月27日 (水)

プロ野球:巨人のテレビ中継の話など

プロ野球も、いろいろチェンジが進みそうです。最近のニュースで気になったものなど。

・巨人軍の日本テレビでの地上波中継が、ナイターよりデーゲームが上回る。

地上波で、日本テレビで、巨人戦の中継が22試合しかないって、本当ですかね?
しかも、デーゲームが14試合、ナイターが8試合だそうです。

なお、CSの日テレG+では、主催の全試合を放送するとのこと。BS日テレでは56試合だそうです。

続きを読む "プロ野球:巨人のテレビ中継の話など" »

2010年1月24日 (日)

ハイチ地震でウィアーザワールド再び?

日本から遠く離れて地球の裏側。キューバの隣のハイチで起こった地震は、衝撃的でした。

正直、あまり詳細な情報は知りませんが、発生から10日もたち、遺体収容が12万人を超えているとのことこです。

空前絶後の大災害に違いありません。

こんなときに、アメリカのハリウッドはフットワークが軽いです。

ジョージ・クルーニーさんの呼びかけで行われたチャリティー番組が、22日に放送され、一般からの寄付が5800万ドルも集まったとか。

さらには、そのライブで演奏された曲を集めたアルバム「Hope for Haiti Now」が、「iTunes」で配信され、日本を含む18カ国でトップの売り上げになった模様。こちらからの売り上げの一部(収益の100%と説明されてます)を、赤十字社やユニセフなど、ハイチで活動する団体に寄付されるそうです。

また、1985年にアメリカ飢餓救済のためにレコーディングされた「We are the World」が、再録音されるという話も進んでいるそうです。

iTunesといえば、いつも音楽を買うのとほぼ同じインターフェイスで、簡単に米国赤十字社への寄付ができるようになっていました。その気があれば、誰でもアクションが起こせる時代なんですね。

フィギュアスケート:アメリカ代表に長洲未来!

報道によりますと、フィギュアスケートの全米選手権にて、女子シングルにて、レイチェル・フラット選手が優勝。長洲未来選手が2位となりました。

この結果、長洲未来選手は、アメリカ代表として、バンクーバー五輪への参加が決まりました。

長洲選手、実は両親がともに日本人であり、日本とアメリカの2重国籍のまま活動してました。

よって、アメリカ代表でありますが、日本人でもあるという特殊な状態です(^^;;;

それにしても長洲選手、昨シーズンは体の成長に伴いバランスを崩して一時、演技が低調でしたが、今シーズンになりなんとか復活。アメリカ代表の2枠にぎりぎりで滑り込みました。

キム・ヨナ選手や日本の浅田、安藤、鈴木の3選手などとともに、長洲未来選手にも注目したいところです。

なお、同様にアメリカ代表として五輪を目指していた、ペアの井上怜奈選手(がん保険CMの人、国籍アメリカ)は、残念ながら3位で、そのまま競技は引退だそう。

一方、ロシアでは、ペアの川口悠子選手(国籍ロシア)がバンクーバー五輪代表となったうえ、欧州選手権で優勝しました、つくづく、現在の日本がフィギュア黄金期だな、と感じさせます。

2010年1月22日 (金)

相続税法24条の件

いろいろ問題ありそうなので、念のためメモしておきます。

相続税法:第3章 財産の評価(2010年1月22日現在)

平成22年度税制改正大綱:75ページあたりの「定期金に関する権利の相続税及び贈与税の評価について」

相続税法第24条を使って将来の節税を考えていた人は、本当に要注意です。対策が無意味になります。

さらに言うと、相続税法24条を利用して年金を売っていた金融機関では、特段この件に関して説明される可能性が低い、という話もちらほら。

商売上手な人は、ここから更なる提案があるのでしょうがが、私としては、もう少し研究してから考えることにします。これ以降は、文章に残せる内容でない可能性も高いですけど。

2010年1月17日 (日)

訃報:小林繁元投手が急死

報道などによりますと、巨人や阪神で活躍した、小林繁氏が、心筋梗塞で急死されたそうです。享年57歳。日本ハムの2軍コーチを務められていました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

それにしても、57歳とは。

江川卓氏のドラフト問題の余波で、阪神に移籍することになったのですが、その移籍した1979年に巨人に対して無敗、年間22勝で最多勝利ををあげたのが、おぼろげながらすごい活躍だったと記憶しています。

昨年、テレビCMの企画で、江川氏と再会して当時をなつかしむ、みたいなことをされてましたが、わだかまりは解けたのですかね?

今日はほかにも、桑田真澄氏のお父様の急死もありました。こちらは火災に巻き込まれてのことでした。

続きを読む "訃報:小林繁元投手が急死" »

2010年1月12日 (火)

何かを変えれば将来は変わる

先日、ツイッターでいい言葉に出会いました。せっかくなので紹介した上で、私の感想を書いてみようと思います。

『人間が変わる方法は3つしかない。1番目は、時間配分を変える。2番目は、住む場所を変える。3番目は、付き合う人を変える。この3つの要素でしか人間は変わらない。もっとも無意味なのは、『決意を新たにする』ことだ。

この言葉、よくよく調べると、大前研一氏の言葉のようですね。

続きを読む "何かを変えれば将来は変わる" »

2010年1月11日 (月)

ツイッターの利用法というか遊び方

最近はツイッターにはまってます。

テレビの放映内容もツイッターでおおよそ確認できますし、ライブで行われているイベントの内容も把握できます。

電車が遅れてるとか、どこかで事故があったとか、いろいろな人がいろいろなところでつぶやいていて、まさに社会の縮図です。

続きを読む "ツイッターの利用法というか遊び方" »

2010年1月10日 (日)

卓球:福原愛が世界ランク1位を破る!

卓球のプロツアー・グランドファイナルにて、福原愛選手が、世界ランク1位、中国の劉詩ブン選手を破ったそうです。

なんか、久しぶりの上位喰いですね。ちなみに、福原選手は世界ランク21位です。

国際卓球連盟の公式サイトでも、番狂わせと伝えられたそうです。

かれこれ当Webでは、福原選手を話題にしてましたが、そろそろ年齢が上がってきて、吹っ切れると言うか、さらに油が乗ってくる、そんなきっかけとなる勝利になってほしいです。

まずは、念願の女子シングルの全日本タイトルを目指してほしいですね。

2010年1月 2日 (土)

正月に間に合った地デジ環境

あけましておめでとうございます。

当ブログでは、音楽、テレビ、映画、書籍、などなど、雑多なことを「メディア」とひとくくりにして、話題にしています。

そのメディアの中心ともいえるテレビですけど、実はしばらくの間、トラブルになっていました。年始の挨拶を切り上げて、その顛末を記しておこうと思います。

続きを読む "正月に間に合った地デジ環境" »

冬季五輪イヤー! サッカーW杯イヤー!!

あけましておめでとうございます。

当ブログは主にテレビ観戦、新聞やネットで流れる情報を元に、いろいろとスポーツについて語っています。

今年もまた、スポーツイベントが目白押しです。

まず2月にバンクーバー五輪が行われます。

しかし、冬季と夏季で、2年おきにオリンピックがあるため、しょっちゅうオリンピックをやっている気がしないでもないですが。

それにしても、荒川静香さんの金メダル1つに終わった、あの4年前のトリノ五輪から、もう4年も経ったのですよね。しみじみ。

大会が近づいたら、メダル予想などもしてみたいと思います。

そして、6月には、サッカーのW杯が行われます。

いつの間にか、ヘタすると夏季五輪よりも盛大なのでは? というイベントになってしまいました。

日本は、自国開催を除いて、まだW杯で1勝も出来ていません。今回の組み合せを見ても、正直、1勝すればそれは奇蹟かもしれません。

もちろん、その奇蹟をさらに上回る、目標であるベスト4目指して、頑張ってほしいと思います。

そのほか、男女プロゴルフ、大相撲、日米プロ野球など、興味のある出来事があったさいには、いろいろと書いてみたいと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

謹賀新年2010

明けましておめでとうございます。松本FP事務所の、松本勝晴です。

当ブログに興味を持ってくださり、まことにありがとうございます。

新年を迎え、みなさまのご健勝とご多幸をお祈りいたします。

松本FP事務所は、これまでもホームページ、ブログ、メールマガジンなどで情報発信をしてきました。

比較的、IT関連には詳しい、明るいと自負しておりました。

しかし、世の中の流れは早いです。知らぬ間にさまざまな新しいツールが世の中に広まっています。

特にそのすごさを感じるのが ツイッター です。

このツイッターは、今まさに困っている人を即座に検索して、その人に対してレスポンスをすることが可能です。

逆もまたしかりです。

できることがシンプルであることと、検索のリアルタイム性に、とてつもない可能性を感じます。

私自身も、ツイッターを活用するべく、いろいろとつぶやいている最中です。ツイッターをうまく、事業に組み込めないか研究中です。

そのほか、もっともっと多くのお客様と直接面談をしたり、セミナーとまでは行かないまでも、定期的に勉強会を開くことができるようになりたいと考えています。

今後とも、よろしくお願いいたします。

松本FP事務所 松本勝晴

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。