« radikoが熱い! | トップページ | ネットで優勝を知った翌日、新聞でSPの解説を読んだ »

2010年3月28日 (日)

フィギュア:まさに黄金世代! 男女ともに優勝!

オリンピックがある年の世界フィギュアなので、なんとも微妙なのが正直なところですが、そんなこと関係なく快挙でしょう。

世界フィギュアのトリノ大会にて、男子は高橋大輔選手が初優勝しました。そして、女子は浅田真央選手が2度目の優勝を果たしました。

高橋選手は、男子日本勢として初の優勝で、次々に記録に残る活躍を続けています。

今回、非常に評価されているのは、オリンピック後の大会で、メダリストの参加は3位だった高橋選手のみだったものの、そのオリンピックでの上位の得点を上回る演技を見せてくれたことでしょう。

しかも、4回転フリップに挑戦し、着氷しました。残念ながら回転不足で成功認定されずに減点となりましたが、その後の演技をノーミスでまとめて、今回参加者の中では圧勝。さらには今シーズン男子の最高得点というおまけつきでした。

高橋選手は、4回転ジャンプにこだわりがある選手です。一方で、バンクーバー五輪を含めてここ数年、世界チャンピオンは4回転を飛ばない選手ばかりでした。高橋選手は、4回転にちゃんと挑戦して、世界チャンピオンになった久しぶりの選手となりました。

来年は東京で世界フィギュアが行われますが、その舞台ではぜひ、「四回転ジャンプに成功した世界チャンピオン」になってほしいです。

女子は、韓国のキムヨナさんがバンクーバー五輪のときとは別人のような演技で、37点も低い低調さでした。それでも、合計点数190.79は、ショートプログラム、フリープログラムともに1回づつ転倒していることを考えれば、驚異的な数字です。

この数字なら、浅田真央選手が普通に演技すれば楽勝のはずです。事実、合計197.58点の圧勝でした。しかし、まったく転倒がない、ミスしたように見えない演技だったのに、3回チャレンジしたトリプルアクセルのうち、2回が回転不足の判定となったため、見た印象のような点差にはなりませんでした。そもそも、フリー演技だけ見ればキムヨナ選手のほうが点が高かった、という事実も驚愕です。

このことから、女子においては、トリプルアクセルへの挑戦がまったく評価されてないことが伺えます。

安藤美姫さんが世界チャンピオンになった3シーズン前のときも、3回転コンビネーションが絶好調のときでした。浅田真央さんが前回世界チャンピオンになったのは、実はトリプルアクセルをしくじったときでした。

男子の4回転は、実際には多くの人が挑戦し、多くの人が成功しています。それゆえ、4回転を飛ばないチャンピオンがネガティブなイメージで目立ちます。

それと比較して、女子のトリプルアクセルは、事実上日本人3人しか飛べない(浅田さんと、伊藤みどりさんと中野友加里さん)ジャンプです。だからこそ、飛べることが目立ちすぎる。

現在の採点は、難しいジャンプが飛べればいいっていうものではない、という連盟の意思表示だと思います。ジャンプだけでなく、ステップ、スパイラル、スピン、そして音楽との調和、スピードなど総合的に美しいことが要求されているようです。浅田真央さんはそれに逆らい、トリプルアクセルにこだわっている状況です。4年前に安藤美姫さんが4回転サルコウにこだわったのと同じでしょう。

今後、またまた採点が変更されるのでしょうが、このまま芸術性重視の採点が維持されるのか、それとも、難しいジャンプに挑戦することにインセンティブを感じる採点に変わるのか、見ものです。

いずれにせよ、しばらくの間は、日本勢が活躍するフィギュアスケートが続きそうです。

« radikoが熱い! | トップページ | ネットで優勝を知った翌日、新聞でSPの解説を読んだ »

スポーツ」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。