« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の8件の投稿

2010年5月29日 (土)

iPad国内発売で電子書籍市場はどうなるか?

正直言うと、デジタルものは自分では厳選して、本当にほしい、必要、使う、と思えたときに買うようにしています。

iPadは、たしかに情報がいっぱい入ってきて、すごそうだ、触ってみたい、とは思います。でも、お金出して買うか、というと、まだそれを決断するまでには至っていません。

むしろ、iPadが発売された後、電子書籍市場がどのような変貌を遂げていくことになるか、そちらのほうが興味があります。

音楽に関しては、すっかりダウンロード販売からの購入というのが、習慣として身につきました(とはいえ、一部iTunes化されない音源に関して、いまだにCDのお世話にならなければならない現状にはイライラしますけど)。

音楽の購入は、お布施みたいなもので、好きな歌手が今後も活躍を続けてほしいと思うなら、その歌手の作品を買うべきです。聞くだけならYoutubeなどで十分です。やはり、応援の要素でも加えないと購入には至らないです。

書籍なども、最近はどうも著者応援の要素が強いです。しかし、その応援をいつまでも続けていくと、本棚がいくらあっても足りません。電子書籍なら、ハードディスクの容量次第ですが、ほぼ冊数は限りなく多くできるはず。

あと数年で、日本でもひととおり、電子書籍で読みたいものが揃う時代になるのかもしれない。iPad発売がそのきっかけだった、ということになるのかな、と思います。

卓球:世界選手権団体、男女ともメダル確定

愛ちゃん、テレビでは見てませんが、最後にやってくれました(^^)

現在、モスクワで行われている卓球世界選手権団体にて、男子、女子ともに準決勝に進出。世界選手権では準決勝敗者による3位決定戦が行われないため、メダルが確定しました。

卓球は元々日本のお家芸でしたので、本来ならメダルでは物足りないのですけどね(^^;;;

ただ、前回の優勝が、男子は1967年、女子は1971年ですから、メダル獲得だけでもすごいことです。

準決勝は、男女とも中国と対戦。巨大な壁ですが、奇跡を起こすべく頑張ってほしいものです。

2010年5月26日 (水)

スポーツいろいろ

もっとまめにスポーツネタに触れていたいのですが、私ごときの話は、特にスポーツに関してはツイッターで十分な気もするんですけど。

とりあえず、サッカー、女子プロゴルフ、テニスあたりの感想を簡単に。

・女子はあと1勝でW杯。男子はちょっと残念

 実は、女子サッカーのほうが、上位を狙えるんではなかろうか、と感じます。W杯ベスト4の目標も現実的かと。

実は現在、アジア杯が行われていて、日本はAグループ首位で決勝トーナメントに進出しました。次が、準決勝のオーストラリア戦(ご存知だと思いますが、サッカーの世界ではオーストラリアはアジアのチームなんです)で勝てば、日本女子のW杯出場が決まります。決まれば6大会連続だそうです。

続きを読む "スポーツいろいろ" »

2010年5月23日 (日)

Twitterポリシー

最近話題のTwitterですが、私自身がどのように使っているのかをある程度しっかり書いておいて、私をフォローするべきかどうかの参考にしていただけれるようなテキストを書いておくべきかな、と思いました。

・Ttitter開始日 2009年7月24日

・始めたきっかけ もともとネットに関することはなるべく試すタイプでした。当時報道などで情報が増え始めて、そろそろ始めたほうがよいかも、と思いました。

続きを読む "Twitterポリシー" »

2010年5月16日 (日)

ホームページ見ましたよ~

実は、私の身の回りでは、IT化があまり進んでいません。

戦時中生まれの私の父親は、若いころから電気ものへの好奇心が高く、ラジオやテレビが真空管の時代には手作りしていたような人でした。私もその血を引いているからか、電気もの、そして昨今のパソコンへの興味がとても強い趣味嗜好となりました。

自宅にはかなり早い時期からBフレッツに回線を改めて、家庭内では有線LANの配線がなされてます。足りないところでは無線LANの電波で補ってます。比較的、新し物好きな家庭なんです。

ですが、私の当初からのなじみのお客様や、行きつけの飲み屋の店員さんやお客さんなどで、パソコンにそれほど熱心な人にはあまりお目にかかりません。

続きを読む "ホームページ見ましたよ~" »

2010年5月 9日 (日)

現在モバイル最強はなんだろう?

屋外でネット接続するには、何がベストだろうか? どれくらいの利便性が必要だろうか? と、考えることが多くなりました。

Twitterの更新くらいはできたほうがいいか? とか。バンキングとかトレードとかもできたほうがいいのか? PCメールの送受信は必要か? Web閲覧は必要か? とか、考えることがいろいろあります。

アクセス方法にしても、Wi-Fiで十分なのか? どのWi-Fi(HotSpotかBBモバイルポイントかMzoneか)を選ぶべきか? iモードで十分なのか? そのほかのアクセスラインが必要か? などなど。

私自身は、携帯電話はiモード。パソコンは基本持ち歩いて、Wi-Fi電波と電源を探して回るとのが習慣になりました。 パソコンに携帯電話をつないで、それで通信しようとまでは思いません。

ポケットWi-Fiが異様に便利そうに感じましたが、電源確保の面で不安であり、逆に電源を借りられるような喫茶店があればそこには無線LANがおそらくあるのでしょう。

今月末には、アップルのiPadが発売されます。非常に話題になっていますが、いわゆるWi-Fi電波のない場所で携帯電話用電波を活用するとのことで、その部分に自由度がないのが少々不安です。

むしろ、USBか何かで、携帯電話をつなげる仕組みにしたほうがスマートな気がします。

いろいろ模索が必要でしょうし、iPad発売以降、いろいろなことがガラガラと動いてくるのでしょう。

ゴルフ:横峯さくらが6億円突破

女子プロゴルフの、横峯さくら選手が、なんとtotoBIG1等最大6億円を、ゴルフのみで稼いでしまいました。

本日までに行われたワールド・サロンパス・カップにて、横峯選手は2位に入賞。プロデビュー以来の賞金獲得額6億円に到達しました。女子プロとしては11人目の快挙。167試合目での達成は、最速記録だそうです。

宮里藍さんを始めとする、同年代の女子プロが現在の人気を牽引していますが、中でもさくら選手は安定した成績を続けたことにより、今回のような最速記録に結びついたのでしょう。

昨年の賞金女王は伊達ではありません。今期はまだ勝利がありませんが、国内では横峯さくら選手が主役であることには違いありませんね。

2010年5月 2日 (日)

ゴルフ:石川遼選手がありえない猛チャージで優勝!

石川遼選手が、またまたやってくれました!

中日クラウンズゴルフの最終日にて、石川選手は1アンダー18位からのスタートでしたが、終わってみると通産13アンダーで逆転優勝してしまいました。

今日1日のみで12アンダーの猛チャージ。パープレー70でしたのでスコア58。これは男子プロゴルフツアーの新記録だそうです。

また、1日で12バーディ、そしてアウト(前半9ホール)を28で回ったのは、ツアータイ記録とのこと。

最近では男子プロゴルフの注目を一身に集めている感もありますが、日曜日でギャラリーもたくさんいるであろう最終日に、本当にどえらいことをやってくれました。

今後もどんどん成長して、さらなる活躍を見せてくれそうです。

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。