« 電子書籍、実は立ち上がってますね | トップページ | 参議院選挙:またまたねじれ国会 »

2010年7月12日 (月)

W杯:スペインが初優勝!

スペイン。延長後半残り5分で劇的なゴールでしたね(^^)

サッカーのW杯決勝は、グループリーグで日本と戦い、準決勝まで全勝で勝ちあがったオランダと、ユーロ2008のチャンピオンで無敵艦隊の異名を持つスペインの争いとなり、延長戦までもつれた結果、スペインが貴重なゴールを上げ、初優勝を果たしました。

アフリカ大陸で初めて行われたW杯でしたが、いろいろとジンクスが破れた大会でもありました。

・南半球で行われた大会では、南アメリカのチームが優勝する・・・今回のスペイン優勝によりジンクスが破れました。

・グループリーグ初戦で敗れたチームの優勝はない・・・今回、スペインは初戦のスイスに負けてます。もしかして、スイスも上位進出の可能性があった?

・直近のユーロ大会で優勝したチームはW杯では勝てない・・・日韓大会でのフランス、ドイツ大会のギリシャは勝てませんでしたが、ユーロ2008で優勝したスペインはそんなジンクスも破りました。

正直、オランダが決勝に進んだときに、日本と戦ったオランダが優勝すれば、そのオランダに善戦した日本の箔も上がるかな? なんて思っていましたが、残念ながら勝てませんでした。

もっとびっくりしたのは、ドイツのとある水族館のタコ、パウル君の予想通りの結果になったことでしょう。

ドイツ戦をメインに予想していましたが、ドイツ戦の勝敗のほか、決勝戦のスペインの勝利まで見事に当てました。

8戦全勝! 全部当てるのは、単純に2分の1の8乗だとして、256分の1もの低い確率です。

まぁ、タコの話題はともかく。

1ヶ月ほど、夜中にサッカー漬けの生活が続きましたが、無事に日程が終了し、ほっと一息というところですね。

日本は、岡田監督の目標だったベスト4には届きませんでしたが、直前の強化試合のチームの仕上がり具合から、まったく期待できない印象を抱かせたところからのグループリーグ突破! ベスト16に進出するという快挙を遂げました。日本人監督(といってもいまだ岡田監督しか本大会で指揮してませんが)でトーナメントに進んだ初の監督となりましたし、トルシエ以来の進出は、自国開催以外での初のトーナメント進出でもありました。

日本もやればできるじゃん、という印象が残りましたし、今後、新監督による新チームが楽しみになってきました。

次回ブラジル大会で、さらなる上位進出を狙ってほしいです。

« 電子書籍、実は立ち上がってますね | トップページ | 参議院選挙:またまたねじれ国会 »

スポーツ」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。