« ビートルズがやってきた! iTunesに | トップページ | フィギュア:ロシア杯、女子は安藤さんが勝利でファイナル進出 »

2010年11月21日 (日)

レコード大賞:ジャニーズが登場! ・・・マッチですけど

今年もあと約6週間となりました。

年末恒例のTBS系列で中継される「日本レコード大賞」の部門賞などが発表されています。

その内容を踏まえて、12月30日に発表される大賞の予想でもしてみようかと思います。

今回の部門賞発表で本当に驚いたのは、近藤真彦さん(マッチ)が、最優秀歌唱賞を受賞したことです。

正直、マッチの歌がうまい、という意見は、身近では聞いたことがありません。

ただ、私自身は、マッチの歌のすごさを、芸能プロダクションの方から話を聞かされた経験があります。それによると業界内では評価が高いようです。

他の歌手をさしおいたことでブーイングが出ている様子もないようなので、受賞そのものは素直におめでとうございます、といいたいと思います。

驚いた理由は他にもあります。マッチは今現在、いまだジャニーズ事務所に所属しています。

ジャニーズ事務所所属のタレントが、過去の受賞シーン以外でレコード大賞に登場し、賞を受けるのは20年ぶりだそうです。

ジャニーズ事務所のタレントが、年末の賞レースに登場しなくなってから、テレビでの賞レースは一気に廃れました。

めぼしいもので続いているのは、日本テレビ系のベストヒット歌謡祭(いわゆる大阪有線大賞)と、先日行われたTBS系の日本有線大賞。そのほかは純粋に売り上げで決めるオリコンなどの表彰、ゴールドディスク大賞などですが、中継などを大々的にする雰囲気はありません。

ジャニーズのように、現在では男性アイドルCDの売り上げシェアを上位独占しているような事務所が、登場してこないことには、賞レースも正直、盛り上がらないでしょう。

もちろん、その他、純粋にその年の代表曲が素直に大賞などに選ばれていない状況も続いているために、賞レースが国民的行事から業界内のお祭りに変わっていったとも感じます。

今回のマッチの最優秀歌唱賞の受賞は、マッチが過去に大賞と最優秀新人賞を受賞しており、最優秀歌唱賞とあわせて三冠王達成を記念する特例、とも考えられます。

ジャニーズ系タレントは、今後も賞レースに参加しないそうで、それは映画のアカデミー賞などの男優賞にもノミネートしないことでも徹底しています(ただし、数字の出所が明らかなアンケートトップ表彰や、売り上げトップ表彰には登場しています)。建前としては「事務所内で受賞を争うことが多くて、それはしのびない」というのが辞退理由のひとつとされていますが、そのほかにも複雑な事情があるのでしょう。

さて、そのほかの部門賞の話に移りましょう。

今年、ある意味でもっとも話題をさらったヒット曲は、

坂本冬美「また君に恋してる」

だったのではないか、と思うのですが、これってビリーバンバンのリバイバルだったこともあり、今回は特別賞で、という雰囲気になったのでしょう。

優秀作品賞は以下のとおりで、本命◎、対抗○、注意△、大穴×を付けてみました。

×EXILE「I Wish For You」
・AAA「逢いたい理由」
△いきものがかり「ありがとう」
・BIGBANG「Tell Me Goodbye」
◎植村花菜「トイレの神様」
・氷川きよし「虹色のバイヨン」
・w-inds.「New World」
○AKB48「Beginner」
・水森かおり「松島紀行」
・GIRL NEXT DOOR「Ready to be a lady」

売り上げや、今年のブームの盛り上がり方だけで決めるなら、AKB48しかありえないです。秋元氏としても、念願の大賞受賞というシナリオはありでしょう。ただ、私としてはブームだけでは受賞にはもう一押し、と思うので、記号は「対抗」にしてあります。

「本命」マークは「トイレの神様」につけました。植村花菜さんそのものは2005年デビューの経歴ですが、今年ブレイクの歌手とも言える点が少々ウィークポイント。しかし、その楽曲のよさはピカイチ。作詞賞も同時受賞しており、楽曲で選ぶならこの曲でしょう。

いきものがかりの「ありがとう」って、ドラマ「ゲゲゲの女房」のオープニング曲ってことで、他の曲に比べて比較的注目度が高いのかな、程度の「注意」マークです。

芸能雑誌やらでは、EXILEのV3の可能性が取り上げられているのが少々心配です。正直、V3の価値はあるのだろうか? たしかにテレビでレギュラー番組をこなしていたり、業界に貢献してはいるのでしょうが、2年前と比較して人気はかなり落ち着いた印象があります。「大穴」マークを付けておきます。

大賞は、以上の4曲のうちどれかでしょう。

なお、新人賞は、

ICONIQ
菊地まどか
少女時代
スマイレージ

がノミネートしており、私の報道などに触れた印象では少女時代とスマイレージのどちらかかな? と思ってます。少女時代って、あまり聞いたことないですけど。

« ビートルズがやってきた! iTunesに | トップページ | フィギュア:ロシア杯、女子は安藤さんが勝利でファイナル進出 »

音楽」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。