« おサイフケータイ忘れてかなり冷や汗 | トップページ | 尊敬されないリーダーが選ばれる問題は根が深い »

2011年2月23日 (水)

コンビニウォーズ

私の自宅からは、徒歩約10分圏にコンビニが6店、100円ショップが3店、スーパーが2店、ドラッグストアが2店もひしめいてます。約5分程度に徒歩圏を狭めても、コンビニが2店、100円ショップ1店、スーパー1店、ドラッグストア1店もあり、日用品の買い物には困りません。

もちろん、競争は激しく、過去10年を見ても3店のコンビニが撤退、スーパーはドラッグストアに模様替え、100円ショップは数年おきに看板が入れ替わるなどしています。

中でも、自分としてはさっき初めて知った事実は、ちょっと驚愕でした。

それらの各店舗の中で、私の徒歩圏でもっとも近い十字路に、サンクスがありました。

おそらく、サンクスの場所は、なかなかよい場所だったのでしょう。なんとその十字路の斜め正面に、セブンイレブンが出来ました。8年位前の話です。

私としては、便利なときに便利なほうを使ってましたが、セブンイレブンのほうがブランド力が強いのか、にぎわっているようにも見えました。

サンクスは、残念ながら2年くらい前に閉店となりました。しばらく建物が残っていたのですが、やがて取り壊して、更地になりました。

それからさらにしばらくの間、更地は、問い合わせ先の看板が立っていたのですが、それも外され、基礎工事が始まりました。何か建物が建つのだな、と思いつつ、半年前に駅から徒歩1分くらいの場所に出来た東武ストア(24時間営業)が便利で、そちらを使う頻度が増えていました。

今日、ちょっとした買い物で駅前まで出るのが面倒だったので、久しぶりに最最寄のセブンイレブンに向かいました。

すると、セブンイレブンの看板の店が、2つに増えてました(@_@;)

すなわち、元サンクスの、更地だった土地には、再びコンビニが立てられた、というわけです。

しかもよくよく見ると、元からのセブンイレブンはもうすぐ閉店。店の人に聞くと、「あっちに引っ越します」。すなわち、後からやってきたセブンイレブンがサンクスだった場所に収まる、ということになったんです。

これは正直びっくりです。セブンイレブンが後からやってきたとき、ここまで想定してたのでしょうか?

真相はわかりませんけど、新しくなるセブンイレブン、ちょっと楽しみです。

ところで実は、さきほど触れた東武ストアの影響からか、2番目に近いコンビニのローソンが、やはり現在改装中になってます。

近所のコンビニウォーズ、まだまだ続きそうです。

« おサイフケータイ忘れてかなり冷や汗 | トップページ | 尊敬されないリーダーが選ばれる問題は根が深い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。