« 英語のトラウマ脱出をめざします | トップページ | 節電、節電、節電 »

2011年7月 3日 (日)

長者番付ふたたび

日経新聞の報道などによりますと、3月末決算の上場企業が提出した有価証券報告書を調査したところ、1億円以上の報酬を受け取った役員は296人に上ったそうです。

昨年より、上場企業の情報公開の一環から、1億円以上の報酬をもらっている役員の名前、および受取額の公表が義務化されています。

有価証券報告書はEDINETを使えば誰でも知りたい上場会社のものを確認できます。

もちろん、報道各社が取りまとめて一覧にしてくれるととても助かりますけどね。

もちろん、役員報酬が公開されることにより、あの会社のあの社長はいっぱいもらってるんだな~、という野次馬的な情報収集欲が満たされるのですが、必ずしも実態を反映していない可能性があるのも注意すべきです。

注意すべき点は、「役員が株主を兼ねている場合」です。

役員報酬のほか、配当が支払われる場合は、配当所得を上乗せするべきです。

具体例です。

ファーストリテイリング(ユニクロ)の柳井正さんは、昨年11月に公表された有価証券報告書を確認すると、役員報酬は3億円ですけど、それ以外に配当所得230円×2829万7000株=約65億円を受け取ってるはずです。

ソフトバンクの孫正義さんは、今年6月に公表された有価証券報告書によれば、役員報酬は1億800万円ですけど、それ以外に配当所得を5円×2億3161万4000株=約11億5000万円を受け取っているはずです。

・・・東日本災害時の寄付額と比べるとちょっとアンバランスな気がしますけど、深く追求するのはよしておきましょう。

ともあれ、有価証券報告書などを調査すれば、世の中の有名な社長さんの収入が、だいたい把握できてしまうわけです。

そういえば昔、「長者番付」というのがありました。

確定申告ベースで、納税額の多い人が報道されていましたが、これはたしか、個人のプライバシー保護の観点から中止されたものと記憶しています。

一方では、企業の経営状態を監視する立場から、今回のように役員の報酬などは公開すべき、という方向に向かってます。

結局のところ、多くの人にとって、社長さんのお給料はおいしい肴のネタなのでしょうね。

プロスポーツ選手の年俸も、賞金制のものはきっちりわかりますし、スポンサーとの契約金もおおむね漏れてきます。

歌手、厳密にはソングライターの印税は、JASRACあたりのデータや、オリコンのアーティスト別売上代金から推測できます。

以上のような情報を積み上げていくと、実は、長者番付というのはいつでも復活できるのではないかな? という気がしています。

それが公益にかなうと信じた、どなたかが作ってくれるかもしれませんね。

« 英語のトラウマ脱出をめざします | トップページ | 節電、節電、節電 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

FPよもやま話:そのほかいろいろ」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。