« 英語の勉強? 訓練? | トップページ | 食費はどこまで削れるか? »

2011年10月18日 (火)

次の携帯電話はいよいよスマホか?

2011年10月18日、NTTドコモの携帯電話冬春モデルの発表会が行われました。

主にドコモのプレスリリースなどを見て、そろそろスマホに乗り換えようか、どうしようかと悩み始めたところです。

私のドコモとの付き合いは、1995年くらいにPHSを契約して以来です。

その後、FOMAに契約を変えて現在に至ります。なので、今のところ他社回線に移ろうとは思いません。

今回のドコモの新商品発表を見て、Xiスマホがいよいよ本格的に選べるようになったと思いました。

ドコモの電話回線は、現在、movaからF​OMAに切り替わっている最中です。むしろ、movaがいまだに使えるほうがびっくりです(2012年3月末に正式終了)。

movaからFOMAへの切り替えと同様に、今後はFOMAからXiに切り替わっていくのが既定路線だと思います。よって、今か​らスマホにするならXiのほうがよいはずです。

本当は、従来型の携帯電話(ガラケー)でXiタイプが出ないか、とも思っていました。仮にXiガラケーとでも名づけます。

Xiガラケーで、おサイフケータイ機能付きで、かつWi-Fi接続可能、さらにアクセスポイントモード(スマホのテザリングとほぼ同機能)があれば、それが私のツボにはまるところでした。

そんなことにこだわるのは、電話用端末と通信用端末を分けて両方持ち歩くのが不毛だ、と思っているからです。

アクセスポイントモードを利用し、それにウルトラモバイルPCや、iPadやiPodTouchをつなぐほうが、スマートです。どんなに多機能になったとしても、スマホはネットPCこそ駆逐しそうですが、モバイルPCの代わりにはなりえないはずです。

残念ながら、Xiガラケーはしばらく発表されないと思われます。そもそも、Xiにiモードがありえず、spモードにガラケーがありえないなら、将来のガラケーの商品展開が不安でもあります。

ですが、今回発表されたXiスマホを見て、テザリング対応、おサイ​フケータイ対応、その他あるべき機能など考慮すると、自分が現在利用中のP-01Aから、乗り換えのカウントダウンに入ったかなと感じました。

選択肢は、

本命 MEDIAS LTE
対抗 ARROWS X LTE
大穴 Optimus LTE

あたりでしょうか? CPU性能、赤外線通信、カメラ性能、通信速度でそれぞれ長所短所あって悩ましいです。

MEDIASだけが2012年2月発売、他2機種は2011年12月発売予定で、いずれにしても、のんびり​考える余裕はあります。難点はのんびり過ぎて、次の春夏モデルの足音が聞こえてくることでしょうか。

今回のドコモの発表会を見て、とりあえずずっとドコモであったとしても、まだまだそれなりに楽しめるし、他社サービスとの切磋琢磨が続けば、結果的にその恩​恵を受けられるものだ、と改めて思いました。

« 英語の勉強? 訓練? | トップページ | 食費はどこまで削れるか? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。