« 次の携帯電話はいよいよスマホか? | トップページ | 上司の方針に従えない! でも仕事はやめない? »

2011年10月23日 (日)

食費はどこまで削れるか?

食費ほど、お金の使い方が分かれる費用はないな、と改めて思いました。

きっかけは単純な掛け算です。

昨晩、とある事情で作りたて弁当屋に出かけて、2人前の弁当を調達しようということろから始まります。

当初、1人前予算1000円、二人で2000円を想定して、出来立てお弁当屋さんに向かいました。

予算をあまり詳しく知らずにお店に着いたのですが、なんと、基本的なお弁当は390円からありました。

予算が半分以下で済みそうになってちょっとびっくりした反面、量はどうなんだろう? と見ると、量も十分。

もっとも、お肉系の惣菜1品とご飯だけ、みたいな組み合わせだったので、これにキャベツとコーンのサラダを加えて、オカズも1品増やしました。締めて2人前1220円。

その気になれば、1人前1回の食費500円で済ませられるんだな、自分の手間は店との往復だけ、なんて楽なんだろう、とそのときは思いました。

冷静になって考えて、この予算で毎回の食事を作ったらどうなるか、改めて計算してみました。

1回の食事500円×1日3回=1日の食費1人1500円

1ヶ月を30日とすると、1ヶ月の食費1人分45000円

家族が3人ならば、1ヶ月の食費3人分13万5000円

1ヶ月の食費と考えると、1食500円の食事は、実は贅沢だった、とわかります。

ちなみに、スパゲティ3人前と、レタス1個でサラダを作るとどうなるか、念のため計算してみました。

ヤフーショッピングなどで安いものを探すと、3人前スパゲティ300グラムは、100円で手に入ります。

3人前パスタソースボロネーゼはおおよそ350円。

レタス、報道などでは1玉400円などと聞きますが、近所ではおおよそ200円です。さすがに3人分で全部使わないでしょうから、予算100円と考えます。

3人前で合計、550円です。物足りなければ食後に水でも飲めば十分です。こう考えると、1人前1回の食費200円で行ける気がします。

ならば、1回1人分200円の予算で再計算してみましょう。

1回の食事200円×1日3回=1日の食費1人600円

1ヶ月の食費1人分18000円

1ヶ月の食費3人分54000円

もちろん、いずれも同じ予算で続ける極端な例ですけど、3人家族で毎月13万5000円を食費にかけるのか、54000円で済ませるのか、これはすごい大きな差になると思います。

世の中には、もっと倹約して、安い予算でやりくりして、毎日の料理を作っている奥さん、お母さん方がいると思います。そんな人たちを、もっと尊敬しないといけないと、改めて思いました。

もちろん、たまには豪勢な外食も必要です。どんなタイミングで、どんなお金の使い方をするべきかは、メリハリは必要でしょう。メリハリなく、だらだらと浪費するほうが危険です。

どのようなお金の使い方をするべきか、日々の食費からでも考える訓練をするのは、重要だなと思います。

« 次の携帯電話はいよいよスマホか? | トップページ | 上司の方針に従えない! でも仕事はやめない? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

FPよもやま話:そのほかいろいろ」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。