« 食費はどこまで削れるか? | トップページ | 大阪が変わる? 橋下氏はどうなる? »

2011年11月14日 (月)

上司の方針に従えない! でも仕事はやめない?

巨人がごたごたしています。何も、タダでさえ盛り上がりに欠ける日本シリーズが、さらに影が薄くなってます。

私としては、中日を応援するのはクライマックスシリーズまでで、日本シリーズではソフトバンクを応援してます。2連敗は中日が得意なゲーム展開に持ち込まれた印象で、ちょっと残念です。

ともあれ、いま日本シリーズの最中なのに、なんで巨人はこんな騒ぎを起こしたのか、あえて言えば、清武GMが起こしたのか疑問です。一部にはTPPの影も薄くなってる、という話もありますが、対等に扱える話でもないでしょう。

今回、清武代表、渡辺会長の双方の談話(原文ママ)を読んでみましたが、どう考えても清武代表の勇み足の印象がぬぐえず、それに対して渡辺会長の冷静な対応が目を引きます。

名前が出てきた、岡崎氏、江川氏はもちろん、原監督まで巻き込まれてしまって迷惑じゃないか、と想像します。

正直、渡辺氏(ナベツネ)の老害、独裁、わがまま的なイメージは、マスコミの日ごろの報道でなじまされているので、今回の清武GMの会見は、なるほど、堪忍袋が切れちゃったのね、というイメージでした。

ところが、清武氏の談話に対する、渡辺氏の反論談話を読んでみると、渡辺氏は意外と冷静、寛大、いろいろな情報をしっかりと取り入れている、という印象に変わりました。

たしかに、清武氏の会見がなければ、江川氏の巨人復帰の話は漏れなかったはずで、そもそも清武氏が、江川氏のポストを、岡崎氏のヘッドコーチと判断したことが発端だったことを考えると、どうしても清武GMの勇み足という印象が強くなります。

で、会見はしてみたものの、清武氏は代表をやめない、というのも不思議です。普通、ここまで上役にたてつく場合は、内ポケットに辞表を忍ばせてやるものでしょう。

数日前に、渡辺氏が巨人の時期コーチ陣の内容が徐々にマスコミ報道されていたことに対して「コーチ人事、誰に聞いて書いてる? 俺は報告受けてないぞ」的な発言が記事になってましたが、振り返ってみれば完全に固まってない来期コーチ陣が簡単に漏れることを警戒した発言に思えてきます。これを虚偽発言だというなら、原監督の「江川氏の名前は出てない」>「普段の会話の中で出た固有名刺」も虚偽発言になります。

つまり、いまのところ清武GMの談話のほうが、いろいろと分が悪いイメージです。

40代の若者(自分)としては、80代の人にいろいろ言われたり指示されたりするのは正直ウザイイメージがありますが、今回は60代団塊前後のあまり覚悟のないサラリーマン役員の勇み足、ということになりそうです。

« 食費はどこまで削れるか? | トップページ | 大阪が変わる? 橋下氏はどうなる? »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。