« BSデジタルが31チャネル体制に | トップページ | DLifeが期待以上の番組編成でした »

2012年3月11日 (日)

3月11日の終わりに

もう、夜中に近い時間帯ですが、私としてはごく普通に、平穏に過ごしました。

1年前の14時26分から、いままでがあっという間でした。

未曽有の天災でした。東北太平洋沖で起こった、M9の地震、そしてそれに連動した数多くの地震が、被害をさらに大きいものにしました。

地震による死者よりも、その後の津波による死者のほうが多いはずです。テレビの速報を見ている間にも、予測される津波の高さがどんどん上がっていきました。

地震、そして津波に耐えられなかった原子力発電所が2機、爆発しました。3号機は明らかにキノコ雲でした。福島を中心に、日本の各地に放射能の塵を降らせました。ちなみに、私が住んでいる地域もホットスポットです。

急激な品不足、電力不足による輪番停電、夏場の節電、首相の交代。この辺りまでは、かなりめまぐるしかった記憶があります。

ただ、秋くらいからは、東北の津波エリア、福島の原発エリア以外の場所では、ある程度の日常を取り戻せている気がします。私の身の回りに関しては、まったく通常と変わらない生活をしています。今のところ、節電の意識さえ薄らいでます。

1年前のあの震災で感じたことは、とにかく次の1点です。

どんなにライフプランなど計画を立てて備えても、自然の脅威が牙を剥けばすべて無駄である。

私たちは、想像できる範囲でしか備えはできません。想像を超える範囲には無力です。リーマンショックやギリシャショックを事前に予測できないのと同じです。

ですから、できる範囲で、できることをコツコツやるしかないのです。

もちろん、できる範囲、できることを増やしていく努力も必要でしょう。

振り返ればこの1年、あまりFPに関する研究はしてきませんでした。わからないものに手を出さない、という逃げを打って、知っている範囲でアドバイスするだけです。ベーシックな部分はいつまでも変わりません。

収入を上げる。
支出を減らす。
運用して増やす。

以上の3つをすべてやり、着実に預貯金を含む財産を増やしていければ合格なんです。他人と比べちゃいけません。

311に、たいした被害もなく生き残ったのは本当にラッキーです。もしかしたら、今後もっとひどいことが起こるかもしれません。それは地震に限りませんが、予想できないことはとりあえずおいておいて、日々の生活を続けることにしたいと思います。

« BSデジタルが31チャネル体制に | トップページ | DLifeが期待以上の番組編成でした »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。